FC2ブログ
凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
今風に言えば、親のスネをかじって日々漫然と生きる『ニート青年』王弁と、
僕僕と名乗る、時に愛らしい少女、時に威厳ある老人…
変幻自在の仙人の旅物語。

僕僕先生僕僕先生
仁木 英之

新潮社 2006-11-21
売り上げランキング : 19188
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
時は唐代。若き王弁は父の財産に寄りかかり、
学ばず、働かず、娶らず、ひたすら安逸を貪っていた。
そんなある日、父の命で黄土山へと出かけた王弁は、
そこでひとりの美少女と出会う。
自らを僕僕と名乗るその少女、なんと何千何万年も生き続ける仙人で…
不老不死にも飽きた辛辣な美少女仙人と、
まだ生きる意味を知らない弱気な道楽青年が、
五色の雲と駿馬を走らせ天地陰陽を大冒険。
第18回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。



作品中を流れるゆったりした時間の中にも、
自分らしく生きるためのヒントがたくさん散りばめられています。
王弁と同じく、私も彼らの旅を通して少し成長できたような、
そんな気がしました。

しかし僕僕はふと微笑んで、
何もしていない人間などいないのだよ、と優しく諭すように言った。


なんてねっ。
なんだかじ~んときてしまいました。

中国が舞台なので、
人名地名や歴史的背景を覚えるのに難儀するかな~とか思ったのですが、
十二国記シリーズや封神演義で鍛えられたのか(笑)
わりとすんなりこの世界にひたることができました。
漢字が苦手な方も、フィーリングでなんとかなりますので!!
敬遠せず、ぜひ僕僕と王弁の旅を楽しんでほしいと思います。

一番のお気に入りは…
僕僕が乗る5色に光る雲!!ファンタスティック!!
あれ欲しいデス。
でも徳のない私には触れることもできないんだろうなっ!!
残念。

シリーズ化してほしいなぁ…と思ってたら、どうやら今夏続編が出るそうです!!
実は著者の仁木さんと私は出身大学が一緒なんですが、
長野滞在中に寄った行きつけのカレー屋さんで、
仁木さんのインタビューが掲載された地元のタウン誌を見かけたんですな。
何やら新たな旅の予感プンプンで、楽しみです!!

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
ひなたぼっこは3時まで
待ち合わせは本屋さんで
苗坊の読書日記
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【仁木英之】【僕僕先生
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。