凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
以前から好きだったけど、最近ますます、酒井駒子さんにハマり中。
こっくりとした、優しく暖かい絵柄が大好きです。
夜や闇、残酷さが深い味わいで描かれているのも、大人がハマる大きな要因かな。


内容(「MARC」データベースより)
ぼくはお母さんのことがキライ。
マンガ見せてくれないし、すぐ怒るし、はやくしなさいって言うくせに自分はゆっくり、おしゃべり。

それから…、それから…。

ぼくとは結婚、できないって言うし。だから、ぼくは…。



この絵本はね…うふふ。ほほえましい♪
おかあさんがとても、おかあさんらしいところがスキです。
おかあさんだって特別で完璧じゃないんだー!!って(笑)

でも、ぼくにとっては、やっぱり特別とびきりだーいすきなおかあさん。

だからこの本は…読み聞かせじゃなくて、
こどもがそっと手にとって、そっと読んでくれたら、嬉しいなぁ。
で、おかあさんともっともっと、仲良くなってほしい!!
(自分の子どもはいないけどw)

おかあさんのベッドの時計、要注目です。
大人になってから絵本を読むと、ついつい文字(物語)を追ってしまいがちですが、
せっかくだから何度も何度も読んで、読むごとに色々発見したいものです。
もう返しちゃったけど、まだまだ発見があったかもしれない。
絵本作家さんが、きっと、何日もかけて描いた絵を、
たった数分で見終わって(読み終えて)しまうのは、もったいないよね。

その為には自分用にGetせねばならんのですが、なかなかねー。
一冊一冊、お気に入りをMy本棚に増やしていきたいと思います。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文
シェアブログ1152に投稿
ずっと心にあたためておきたい物語。大好きな一冊。
この物語から教訓を得ようとするのはとても無粋であることのように思う。
ただただ、ぼうやとうさぎの、目に見えない絆をしっかりと感じていたい。

ビロードのうさぎ
ブロンズ新社
発売日:2007-04


とても『強い』物語である。

うさぎのまっすぐ、一途な想い。ぼうやの無垢なる愛。
一途さはときに愚かしく、無垢であることはすごく残酷である。
しかし、想いと愛は相思相愛の絆となって、たとえお互い触れることができなくなっても、
ずっとずっと、結びついている。

何かを大切に思う気持ちを、育み続けていきたいな、と思うのです。

人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。
…あー…でもこれはとても欲しい!!

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文
シェアブログ1152に投稿
「クラシックはちょっと~」…という方はそもそもこのテの本は手にとらないかしら?
でも一度読んでみて~♪おもしろいから!!
もともとクラシック好きな方も、へぇへぇへぇ~、と思えるのでゼヒ。


出版社/著者からの内容紹介/内容(「BOOK」データベースより)
コンサートで正しく拍手していますか?
クラシックの敷居は高い?
ほかのお客さんは音楽がすごく解っているようだが?
知りたかった疑問にお答えします。
「のだめカンタービレ」クラシック音楽監修の〈もぎぎ先生〉が案内する、
もっと音楽を楽しむための鑑賞の手引き。
正しい拍手のしかた、指揮者によって何が違う?楽譜が読めないと音楽は解らないのか?など…。
知りたかった疑問にお答えまします。



タイトルにもなっている『拍手のルール』は第3章でくわしく書かれているのですが、
正直、この章はイマイチでした。
なんだか拍手に無理やり理屈をこじつけた感がありありで。
この章の読みどころは、どっちかっつーと、
付録の『フライング拍手要注意曲目リスト』です!!
ここまで書かれると、聴きたくなりますもん。聴いてみよっと。

全体を通して、いろんな曲(交響曲多め?)の聴き所などが解説されていて、
この本を読んでいると、あれも聴きたい、これも聴きたいってなります♪
例えばはじめて聴く作曲家のとっかかり、
つまり、この人の何から聴こうか、的なガイド本にもなりうるかと。
私は今まで教会音楽とは無縁だったのですが、
ってか何から聴けばいいかわかんないし、
でも、もぎぎさんの解説・力説を読んで、
とりあえずベートーヴェンの『荘厳ミサ曲』は外せないだろう、って思いました。

そういえばね。
私はドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』が、大っっっ好きなんです。

ベタだなー、と思うなかれ。

あれやこれや集めたCD/DVDは10枚を超えるんじゃないか、って頃に、
指揮者や演奏者が違うと、こうも曲想って変わるものなんだ!!と思った気がします。
でもって、やっぱり地元の演奏家たち(特に指揮者)による『新世界より』はひとしおだと思うの。

BGMにも、本格音楽鑑賞にもなるクラシック。
まだまだ知らないことがいっぱいで、
一生の趣味にできたことがほんとうに光栄!!
もぎぎさんガイド片手に、楽しみながらクラシック鑑賞・お勉強、したいと思います。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文
シェアブログ1152に投稿
『治療島』で一躍有名になったセバスチャン・フィツェックの第2作。
2009.1.1現在第3作(『前世療法』)まで出ていますが、
この第2作がもっとも高い評価を得ていたようです。
そういや『このミス』にもランクイン?していたような?←スミマセン、適当。

なんだか随分前に読了していたんですが、
なぜか感想をUPしていなかったようなので、今更UPです。
ネタがつきかけていた頃だし、ちょうどいいや。ぐしし。



内容(「BOOK」データベースより)
その日が、彼女の人生最期の日となるはずだった。
高名な犯罪心理学者でベルリン警察の交渉人イーラの心には、
長女の自殺が耐え難くのしかかっていたのだ。
しかし、ベルリンのラジオ局で起こった、人質立てこもり事件現場へと連れ出されてしまう。
サイコな知能犯が、ラジオを使った人質殺人ゲームを始めようとしていたからだ。
おまけに犯人の要求は、事故死した婚約者を連れてくるという不可解なものだった。
リスナーが固唾を呑む中、犯人との交渉を始めたイーラは、
知られたくない過去を、公共電波で明らかにせざるを得なくなる。
そして事件は、思いも寄らぬ展開へと、なだれ込んでいくのだった…
一気に読ませる、驚異のノンストップ・サイコスリラー。




どの書評や帯の煽りにも、ほらほら↑にも!!
「一気読み!!」
「まるでジェットコースターのような」
って単語が散見されていたように感じるのですが、

ごめんなさい、私一回終盤で挫折しました…orz

あ、いや決して面白くなかったわけではないし、
むしろ『魅せる』タイプの作品だと思うのですが、
あまりにも展開がシビアで急で、
ちょっとシートベルト危うかったかな~、って感じで放り出されたのでした。

きっとこれは~…
作家さんに対して作品をこのように形容するのはどうかと思うのですが、
この作品、映画みたいなのですよ。
映画と言えば大体2~3時間ノンストップ、トイレにも(よっぽどじゃなきゃ)行けません、
だと思うのですが、まさにそんなかんじ。

そう。
これは中断してはいけない物語なのです!!
まるで、殺人キャッシュコールを続ける犯人のように…

というわけで、後日最初っから読み直したのでした。
登場人物の整理にもなってよかったです(そうなのか!?)。
今度は気合入れて、一気読みする気マンマンで読みました。
なるほど、やはりおもしろいです。
映画見てるようです。主人公も『交渉人』だし!!(そんな映画がありましたよね?)


ちなみに、イーラのイメージは、なぜかジョディー・フォスターで固定でした。
実際のイーラは黒髪ですけれど。
狂気じみた母親→ジョディー・フォスターなんです(笑)

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【セバスチャン・フィツェック】【ラジオ・キラー
引越しのゴタゴタでしばらくまとめはサボってました。
つーか読書もさぼり気味ですがねw

4月の読了本まとめです。
いわゆる『文芸書』が3冊しかなくて、それではあんまりにも寂しい!!と思い、
離れ技ですがマンガも加えてみました…

4月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1382ページ

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
静かなる衝撃と感動。
読了日:04月04日 著者:カズオ・イシグロ
オケ老人!オケ老人!
おもしろかった~♪アマオケ経験アリなだけに、うんうんうん!!と頷いたり、そりゃねぇーよーと毒づきつつも、最初から最後まで結構楽しんでしまった。装丁もとってもかわいらしくて◎
読了日:04月07日 著者:荒木 源
くままごと (1) (リュウコミックススペシャル) (リュウコミックススペシャル)くままごと (1) (リュウコミックススペシャル) (リュウコミックススペシャル)
ばかばかしすぎて◎w なかなかにブラック。
読了日:04月15日 著者:黄島 点心
くままごと (2) (リュウコミックススペシャル) (リュウコミックススペシャル)くままごと (2) (リュウコミックススペシャル) (リュウコミックススペシャル)
読了日:04月15日 著者:黄島 点心
お茶にごす 1 (1) (少年サンデーコミックス)お茶にごす 1 (1) (少年サンデーコミックス)
すがすがしくおもしろい!!借りた本だけど、最新刊だけ買っちゃったw
読了日:04月20日 著者:西森 博之
幻覚ピカソ 1 (1) (ジャンプコミックス)幻覚ピカソ 1 (1) (ジャンプコミックス)
絵うまい~~。精神世界がすごく興味深く、抜群の画力でもって語られています。オススメ。
読了日:04月22日 著者:古屋 兎丸
拍手のルール―秘伝クラシック鑑賞術拍手のルール―秘伝クラシック鑑賞術
肝心の『拍手のルール』に関しては冗長でややうっとーしーとも感じたけれど、クラシック界の薀蓄話はオモシロイ!!CDたくさん聴きたくなります。何より演奏会をもっともっと楽しめるような気がします。
読了日:04月29日 著者:茂木 大輔

読書メーター


↓GWは何読もう?
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング

関連するタグ 【読書】【感想文
今日はBrilliant図書館デビューBrilliantしました(笑)

私の住むS市には本館と分館あわせて9つの図書館があり、
そのうちあるいて10分ちょいの分館へ行ってきました~。
公民館やらいろんな公共施設がまとめて入っている建物の一室なので、
図書館っていうより図書室って感じでしたが、
絨毯が敷いてあって、とても落ち着けるアットホームな場所でした。

ひとり15冊(うちAV資料は4点まで)を2週間、
市内の図書館どこでも返せます。
予約はひとり10件までと、事実上無制限だった神戸に比べると少ない感じがしますが、
例えば角田さんの新刊『くまちゃん』ですら、
現時点で待ち人数1人(!!!!(゚Д゚`*)エ~)ですから、
なんてことなさそうです(笑)
驚いたのが筑摩書房の創設者がこの市の出身らしく、
本館には筑摩書房のコレクションがかなり充実しているそうです!!
全部筑摩書房からの寄贈とか…!!今度見に行こう…

で、今日借りてきたのは…
医学のたまご (ミステリーYA!)誤読日記こどものころにみた夢
すーちゃん結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日イチバン親切なおさいほうの教科書―ボタンつけから、手縫い・ミシンの基本、作品づくりまで豊富な手順写真で失敗ナシ!
小さな手あみ雑貨―モチーフがいっぱい!Ha‐Naのプチニット (Heart Warming Life Series)残り糸もかぎ針1本でねこの小さな手作り雑貨
Amazy


持って帰るの重いし、今日は5冊までじゃーとか思ってたのに…orzさとと-汗
関連するタグ 【読書】【感想文】【図書館
シェアブログ1152に投稿
ひさびさに読んでる最中、何回か爆笑しました(笑)そして泣きました。

オケ老人!
小学館
発売日:2008-10-01


題材は、よくある、っちゃナンですが、よくある音楽ドラマなんです。
のだめ然り、スイングガールズ然り、ブラス!然り。

平均年齢世界最高齢!梅が岡交響楽団!!
平均年齢世界最高齢のアマ・オーケストラ「梅が岡交響楽団」(略称・梅響)が、
エリートアマオケ梅フィルに挑むなか、日本・ロシアの国家レベルの情報戦にまで
話が飛躍する、全く新しいエンターテインメント!
梅が岡交響楽団が贈る、笑い、涙、サスペンスありの世界にひとつの交響曲。



町にふたつある市民オケ。
笑っちゃうような勘違いから、意図せず入団した梅ヶ岡交響楽団(=ウメキョー)は、
団員平均年齢80歳はあろうかという、老人オケだった!!!!(笑)
エグモントをやれば、
「今日は100小節超えましたっ」と「最長不倒」に一喜一憂するダメっぷり。
えー、オケってそんなんだったっけ?とのっけからのけぞりっぱなし。
そんな弱小楽団を襲う数々の危機。
主人公の退団騒ぎはもちろん、ライバル楽団とは一触即発…てか亡き者にされそうで、
演奏会を開こうにも、肝心のパートが揃わない。
しかし!!ウメキョーの前に立ちはだかる壁はこんなもんではすまないっ。
オレオレ詐欺に、団員たち(除・主人公)を容赦なく襲う老化現象(爆)、
さらには音楽業界の裏でうごめく、なにやらあやしげなロシア工作員たちの陰謀…

上記の通り、
こーれーでーもーかー!!( ゚Д゚)ドルァ!!
ってくらいエンタメ要素満載なんですね。
あー、次こうくるなー、と思えばそれを裏切らない、
いい意味での単純(シンプル)さ、潔さにむしろ好感を覚えます。
のだめがウケるのもきっと同じ理由デスよ♪(←あ)
序盤~中盤にかけて散らかったアレやコレが、
終盤、まさに交響曲の終楽章のごとく、
怒涛の流れと勢いでで収束していく様子もブラヴォーでした。
ただしかしこれだけならただのドタバタ喜劇なんですが、
この作品のスバラシイところは、

音楽への愛、

また音楽を愛するすべての人たちへの、愛


があふれているというところに尽きると思います。
いがみ合っても、敵どうしであっても、
大昔から愛し愛されてきた音楽には、国境も年齢も、まーったく関係ないですよね。
音楽の力ってやはり偉大だなぁと思います。

クラシックに疎い人でも存分に楽しめます♪
軽快な文体が、ぐぐぐいっと『楽しい音楽の時間(byミルヒー)』に引き込んでくれます。
ちょこっとクラシックを知っている方なら、
作中の音楽に合わせて、お読みください♪感動倍増間違いなしですよ。

あれやこれや難しいこと考えたくないときに、オススメの小説です。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)

これがスキなあなたには、こちらもオススメ♪
スウィングガールズ スペシャル・エディション [DVD]ブラス! [DVD]歓びを歌にのせて [DVD]
Amazy
関連するタグ 【読書】【感想文


2ch書籍化…というと、それだけで「ハンっ(´-ω-`)嘲」みたいに思われる方もいるかと。
私もそんな一人でした。

これを読むまでは!!!!(;´∀`)

実話かそうじゃないかとかもぅどうでもよくて(直木賞受賞作でもフィクションですからwww)、
とにかくおもしろいのですよ。
泣きどころも満載だし、エンタメとしてとってもスバラシイ作品だと思う。

横書き小説ではじめてカンドーしたかも(笑)
藤田さん、萌ぇーーー!!

タダで読みたい方はまとめスレをどぞー。
関連するタグ 【読書】【感想文
シェアブログ1152に投稿
翻訳家岸本佐知子さんのエッセイ、第2弾。
本作もぶっちぎりにおもしろかったです。

ねにもつタイプ

内容(「BOOK」データベースより)
観察と妄想と思索が渾然一体となったエッセイ・ワールド。
ショートショートのような、とびっきり不思議な文章を読み進むうちに、
ふつふつと笑いがこみあげてくる。





物事に対する感性やそれを言葉にするセンスが抜群なんだろうなー。
とってもとってもシュールなのがたまらない。

エッセイといっても決して日記・雑感を書きとめておいたようなものではなく、
まさに『エッセイ』という作品、なんですね。

『気になる部分』もそうでしたが、
内容のどこまで本当なのかそうじゃないのか、よくわからない。
そして少し前の海外の作品は、(自分の読解能力が乏しいとしても)よくわからない。
冷静にみつめると、この人(たち)、相当ヤバイ(笑)絶対に違う世界に生きている。
でもそんなことはどーでもよくて、
ただただ、そこに書かれている文章と文章が刻むリズムに乗っていくだけなのです。
それはまるで、初めて聴く音楽に揺られるような、そんな感じです。
だから、変な解釈や、講釈、意味づけ、テーマづけは、まったくのナンセンス。

「この作品で作者がいいたかったことは…」

なんて問いは、昨今の入試問題だけに関わらず、
すべての読書において愚の骨頂たる質問です。

作者が言いたかったことなんてどうでもいい。
そのとき彼女がどう感じたかなんて、それこそどうでもいい。
一番大切なのは、
本を読んだ私が、何を得、何を感じたかということなのです。

読書には大きく2つの楽しみ方があって、
ひとつは、
・物語そのもの、虚構の世界に構築されたお話を楽しむ読み方
ふたつは
・文字そのもの、文体、レトリックを楽しむ読み方
が挙げられるのではないかと。

最近ようやく、後者のような楽しみ方をできるようになったかなーと思うのです。
そんな楽しみを発見できたのも、ひとえに、
エンターテイメントとしての娯楽小説だけでなく、
昔から愛されてきた、今日の文学の礎であり名作としての『文学』たるものに、
すこしずつ出会ってきたからなのかな~と思うのです。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【岸本佐知子
ずーーーーーっと放置していた読書メーターにこんな便利な機能が!!
これなら記事にしなかったけど読んだ本まできっちり暴露できますね!?
(去年のような企画はできなくなってしまうけど)
ありがたーく使わせていただきますっっ(ほんっきで嬉しい)

12月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2651ページ

ファミリーポートレイトファミリーポートレイト
ほとばしる狂おしいまでの愛、鮮血のように真っ赤な愛。唯一絶対の存在としての母。存在するために発する痛々しい叫び。なにもかもが真骨頂。
読了日:12月10日 著者:桜庭 一樹
精神科ER 緊急救命室 (集英社文庫)精神科ER 緊急救命室 (集英社文庫)
読了日:12月12日 著者:備瀬 哲弘
書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記
浴びるように飢えた獣のように活字を貪ってみたいと思いました。本当にできるのかどうかは別…(;´Д`)
読了日:12月15日 著者:桜庭 一樹
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)
読了日:12月18日 著者:西原理恵子
推定少女 (角川文庫)推定少女 (角川文庫)
読了日:12月22日 著者:桜庭 一樹
親子という病 (講談社現代新書)親子という病 (講談社現代新書)
親子、特に母娘は、それ自体が既に病、という趣旨に安心させられた。
読了日:12月24日 著者:香山 リカ
言葉のチカラ―コミュニケーションレッスン言葉のチカラ―コミュニケーションレッスン
平易でなじみやすいのでとても読みやすかった。ちょっとの心がけで随分違ってくるものです。
読了日:12月24日 著者:香山 リカ
残念な彼たち残念な彼たち
読了日:12月25日 著者:マーチン
怒りのソウル―日本以上の「格差社会」を生きる韓国怒りのソウル―日本以上の「格差社会」を生きる韓国
雨宮処凛という人は個人的には結構好きなのだが、本書ではだいぶ『偏ってる』なぁ…という感がぬぐえないかなぁ…
読了日:12月28日 著者:雨宮 処凛
ねにもつタイプねにもつタイプ
エッセイという文学にふさわしい!!と思えるエッセイ。書いてある事実がもちろんおかしすぎるのだが、書き方がそれはもうすんごく巧い。
読了日:12月30日 著者:岸本 佐知子
みえない未来相談室。―すきなコトを仕事にする方法 (14歳の世渡り術) (14歳の世渡り術)みえない未来相談室。―すきなコトを仕事にする方法 (14歳の世渡り術) (14歳の世渡り術)
読了日:12月30日 著者:なかがわ みどり,ムラマツ エリコ,k.m.p.
関連するタグ 【読書】【感想文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。