凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
瀬尾さんの文体は優しいだけに、この「いじめ」というテーマの重さが際立っている。

いじめって、ナゼ起こるのかしら。

気に入らないヤツはいくらでもいる。
そこまでいかなくても、ソリの合わない人というのはたくさんいる。
しかしなぜそれを、しかも陰湿なやり方で攻撃するのか。
弱肉強食とは違う。
動物のそれは、生きるための自然の摂理だ。
人間が人間に行ういじめは、自分が優位に立っていたいという、
身勝手で自分本位な醜い行動である。

奇数章をみちる、偶数章を優子の一人称で描いてある。
かつて優子のいじめに加担し、今自身のいじめを真正面に受け止めるみちる、
かつてひどいいじめに遭い、しかし今はみちると友人である優子。
それぞれの立場から見た、崩壊した教室でのいじめの様子や、
学校の、教師の無力さが残酷なほどリアルに描かれている。

生徒のこころを知ろうともしない教師。
わかっていながら見て見ぬフリをする教師…
これは小説だ、とわかっていても、
あちらこちらに教育現場の本音が隠されている気がしてならない。
現役教師である瀬尾さんだからこそ書ける物語だと思う。

「(略)いじめは会議室で起きてるんじゃない。教室で起こっているんだって感じ。(略)」



耐えるみちる。
かわす優子。
耐えて耐えても逃げ場はなく、かわし逃れても『居場所』がない。
彼女達のやるせない思いが、最後までむねにつかえて息が詰まるようだった。
いじめに正面切って馬鹿正直につっこんでいく、
痛々しいみちるの姿に涙が出てきた。
またみちると父親との絆、優子とその両親のそれがいかにも対照的だったのが印象的だった。
いつか彼女達は『温室』という密室から羽ばたいていくのだろうか。

生きていくうえで色んな困難が降りかかるが、
その対処の仕方は人それぞれだ。
やり方はひとつじゃない、ということを教えてくれた作品でもあった。

温室デイズ
角川書店
瀬尾 まいこ(著)
発売日:2006-07
おすすめ度:4.0


出版社/著者からの内容紹介
今最注目の作家が贈る、痛くて沁みる極上青春小説。
トイレでタバコが発見される。遅刻の人数が増える。
これらの始まりの合図に教師たちはまだ気づかない。
私たちの学校が崩壊しつつあることを。
私には一体何が出来るのだろうか……。
心に染みる極上青春小説。



あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
苗坊の読書日記
粋な提案
かみさまの贈りもの~読書日記~
ひまさえあれば
本のある生活
+ ChiekoaLibrary +
ナナメモ
寝ていられるのになぜ起きる?
おこって、おこって、ないて、わらって。
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
今日何読んだ?どうだった??
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【瀬尾まいこ】【温室デイズ
シェアブログ1152に投稿
私自身仕事の事や自身の生き方で真剣に悩んだこともあり、
というか今でも絶賛悩み中で、にっちもさっちもいかないとか思ってるんですが、
とにかくまぁ、そういう心境で読んだので、
毎日の生活がとことん辛く、どうでもいいことでまで落ち込んでしまう主人公千鶴の気持ちが、
それはもう痛いほど伝わってきました。

決死の覚悟で旅に出た割には、なんだかぼんやりしていて甘ちゃんで、
他人の目を過剰に気にしながらも、それは自分本位な気持ちの表れで…
そんなちょっとダメダメちゃんだった千鶴が、
だんだん『自分のなすべきこと』に気付いてゆく心境の変化の描写がとてもこまやかで、
千鶴の感情は共感できるものばかりではないけれど、彼女の思いはじんわりと心にしみます。

そして彼女の成長に欠かせないのが、宿泊先の民宿をひとりできりもりしていた田村さん。
無造作でおおらかで、まっとうな人間として千鶴と向き合う姿にホレました。

私は私の日常をちゃんと作っていかなくちゃいけない。
まだ、何かをしなくちゃいけない。
もう休むのはおしまいだ。



私もこの本を読んで、ひとつ人生の重大な決心をしました。
(って書くとオオゲサですが、背中をポンと押されたことに違いはありません。)
その決心については、いずれまたここでご紹介しましょう。

ちょっと行き詰っていると感じる人、
ゆっくりした時間が欲しいと思う人、
そんな方々にきゅっと効く作品です。

天国はまだ遠く天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ

新潮社 2006-10
売り上げランキング : 54393
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰りそう。
23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。
辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。
自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。
大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。
だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。
心にしみる清爽な旅立ちの物語。



あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
コンパス・ローズ
モンガの独り言 読書日記通信
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
+ ChiekoaLibrary +
柚子すき毎日
たりぃの読書三昧な日々
マロンカフェ ~のんびり読書~
ひなたでゆるり
待ち合わせは本屋さんで
ついてる日記Ⅱ
ヘタレオオカミの文庫生活
関連するタグ 【読書】【感想文】【瀬尾まいこ】【天国はまだ遠く
シェアブログ1152に投稿


号泣。
最後の最後で、頭が痛くなるくらいにわんわん泣いてしまいました。
でもね、すごくいい読書でした。
すごくいい時間を過ごさせてもらいました。

ある日突然父さんを辞めることを宣言した父さん。
幼い頃から頭脳明晰・スポーツ万能でいながら、
大学には進学せず農業に従事する兄・直ちゃん。
ある出来事から心を病み、今は別居中の母さん。
いわゆる普通の『家族のかたち』とはちょっと違う中原家。
そんな小さなわだかまりを抱えながらも、
この家族にはむしろ思いやりや温かさで満ちていると思いました。
そんな家族の中で淡々と毎日を送りながらも、
少しずつ成長していく私・佐和子。
この本では、佐和子の視点からみた4年間を、
幸福な食卓』『バイブル』『救世主』『プレゼントの効用』と
1年ずつ順を追いながら一緒に過ごすことになります。
さらりとした淡々とした文章のなかに、
家族はなんとなくチグハグで、常に生と死が隣り合わせで…
そういったあやういほころびみたいなものが、すごーく上手に描かれています。

ラスト以外で印象に残ったのは『救世主』。
クラスで孤立しそうな佐和子を、さりげなく助ける大浦君。
単純がつくほどバカなんだけど、彼なりの巧い心配りに大浦君を見直した章でした。
読んでいてすごく辛かったのだけど、辛い想いが最後に報われてほっとした。
しかしながらさすが現役教師が書くだけあって、
クラス運営のむずかしさとか、いじめの描写とか、すっごいリアルでした。
ここで語られる佐和子の想いは、きっと瀬尾さん自信が日頃思っていることなんでしょう。
ここだけは、瀬尾さんの熱意みたいなものが感じられたのでした。

この本を読んで、月並みだけど、家族のことを想いました。
遠くに住んでいても、互いを思いやる気持ちを忘れまいと、
柄にもなくそんなことを思ってみたりして。

それにしても出てくる食がどれもこれもほんとうにおいしそう。
くいしんぼうの私は、今どうしてもどうしてもシュークリームが食べたい。

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
ついにBest10入り果たしました!!→FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
コンパス・ローズ
ついてる日記Ⅱ
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
ひなたでゆるり
苗坊の読書日記
花ごよみ
本を読んだり…
My Favorite Books
ひなたぼっこは3時まで
ありがとうございました。
関連するタグ 【幸福な食卓】【瀬尾まいこ】【読書】【感想文
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。