凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
お、おもしろかったぁ!!
家庭をテーマにした全部で6編からなる短編集なのですが、
もう読み終わるのがもったいないっと感じるくらい。
もっともっとそれぞれの主人公達のその後が読みたい!!と思わせてくれる作品です。

どの作品も甲乙つけがたく素晴らしいものだったのですが、
一番のツボは『妻と玄米御飯』
最近流行のロハスにハマってしまった妻に振り回される売れっ子N木賞作家(笑)一家を、
それはもうおもしろおかしく描いてあります。
「これは実話か!?」と思うほどリアリティにあふれ、そのリアルさがおもしろい。
最近のロハス信仰へのちょっかいかけが痛快です。
私も常々一部の方々のロハスに対する、もはや宗教じみた傾倒ぶりには、
辟易させられるものがありましたが、
本作ではそんな人々への皮肉がたっぷり。

「なあにが『地球にやさしい』ですか。
だったらてめえの家だけ汲み取り式便所に戻せって言うんですよ。あはは」


とかね(爆笑)。
ロハスやってる人(この表現は正しいのか?)が読んだら気分を害するかも…とも思いつつ、
読みながらふかくふかーく頷いてしまいました。
奥田さん、いいとこついてるよ!!
それでも皮肉だけに終わらないのが奥田さんのイイトコロ。
読み終わった後はなんだかあたたかい気分になります。

会社が倒産して家事をするうちに主夫に目覚めてしまった営業マン。(『ここが青山』)
妻が別居しているのをいいことに、自宅を自分好みにカスタマイズしまくる会社員。(『家においでよ』)
などなど、夫婦って、ひいては家族って、うまくいったりいかなかったり色々だけど、
既成の『夫婦はこうあるべき』みたいな幸せだけじゃなく、
夫婦の数だけそれぞれの幸せのカタチがあるんだなぁと、今更に納得。
全編を通して単なるハートウォーミングストーリィに終わらず、
随所にパロディや毒がきいていて、それがなんともいいスパイスになっています。

家日和家日和
奥田 英朗

集英社 2007-04
売り上げランキング : 1391
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「MARC」データベースより)
ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。
夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。
ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説



あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
かみさまの贈りもの~読書日記~
My Favorite Books
本のある生活
ナナメモ
ひまさえあれば
KOROPPYの本棚
酔芙蓉に恋をして
デコ親父はいつも減量中
今日何読んだ?どうだった??
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【奥田英朗】【家日和
シェアブログ1152に投稿
奥田英朗さんの『茶々入れ』スポーツエッセイ。
皆が「口にはしないがこっそり疑問に思っていること」などを、
べらべらっとさらけ出して『考察』されています。
もはや妄想の粋に達しているものもあり、
「ここまで考えるか!?(そんな下らないことを!!)」と笑わせてくれること必至です。
でもそういった下らないことを真面目に語るものほどおもしろいものはないですよね。

作者のスポーツに対する想いは実に熱いのですが、
繰り出される文章はどこかちょっと引いた目線、冷めた目線で語られていて、
その論理展開のオモシロサといったら、さすが奥田さんという感じです。

個人的には
・高校野球とコールド負けの青春
・スポーツの国際化と名前の困惑
の2編を特に推したいです。

スポーツに神聖なる精神みたいなものを感じる人にはオススメできません(笑)。
物事をちょっと斜めに見てみたい人、スポーツ精神論に疑問を持つ人、
何故だか本質とはかけ離れたところに目がいってしまう人にオススメです。

内容(「BOOK」データベースより)
ボブスレーの二番目の選手は何をしているのかと物議を醸し、
ボクシングではリングサイドで熱くなる客を注視。
さらに、がに股を余儀なくされる女子スケート選手の心の葛藤を慮る、
デリケートかつ不条理なスポーツ無責任観戦!
読んで・笑って・観戦して、三倍楽しい猛毒エッセイ三十四篇。



延長戦に入りました
幻冬舎
奥田 英朗(著)
発売日:2003-06
おすすめ度:4.5


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
やっぱり本が好き♪
立ち食いアジテーション
本を読んだり…
Book Review’S ~本は成長の糧~
本屋さんごっこ
ついてる日記Ⅱ
モンガの独り言 読書日記通信
関連するタグ 【読書】【感想文】【奥田英朗】【延長戦に入りました
シェアブログ1152に投稿


『仕事行く日の昼休み』でしたが、ぐいぐい先を読ませる展開で、
最後は家でラストスパートかけて読んじゃいました。

内容(「BOOK」データベースより)
自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、
仕込んだパーティーで三田総一郎と出会う。
財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のダメ社員だったミタゾウとヨコケンは、
わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに邪魔されてしまう。
それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、
美術詐欺のアガリ、10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が…!?
直木賞作家が放つ、痛快クライム・ノベルの傑作。



10億円をめぐって繰り広げられる、ドタバタ犯罪喜劇。
この10億円奪取をもくろむ3人組が、どーにもこーにもデコボコトリオで、
彼らのやり取りがすっごいおかしいんですよね。
(まぁクロチェこと黒川千恵は比較的『マトモ』かなと思いましたが)
それにしても…ダイジョウブカヨオマエラ…みたいな(笑)
しかしそれに輪をかけておかしい…というかマヌケなのが、
悪役のヤクザたちや中国人組織。
10億円に手が届きそうで届かない…!!
そんな二転三転するハラハラさせる展開の中にも笑いの要素が満載で、
これはもうただのクライム・ノベルじゃない!!
誰一人として死なないってのも、かえって新鮮。
個人的にはストロベリーがツボです。

軽快なタッチで描かれていて終始テンポよく読めるのですが、
主人公たちをはじめ、悪役やクロチェの相棒のドーベルマンまで、
細部にわたってキャラを書込んであるので、
全然物足りなさを感じなかったです。
コクがあるけど重苦しくない、そんなお料理を食べた気分です。

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございましたm(__)m
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
たりぃの読書三昧な日々
ぱんどら日記
ディックの本棚
本を読んだり…
デコ親父はいつも減量中
乱読日記
きたあかり カフェ
あれやこれや
関連するタグ 【】【読書】【奥田英朗】【真夜中のマーチ
シェアブログ1152に投稿


リクエストしたわけではなく、
図書館の棚にあったものをなんとな~く手に取ったものがコレ。
奥田英朗さんは好きですが、正直そんなに期待はしていなかったんです。
(返却帰還が迫っていたので、読まずに返そうかと思ったくらい)
ところが!!
いざ読み始めたら、もうすんごいおもしろい。
返してしまわなくてよかったーーー!!
もう続きが気になってしょうがない。
物語にぐいっと引き込まれてしまいました。
それくらい力のある作品です。

小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。
父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。
父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。
父親とはそういうものだと思っていたら、
小学生になって級友ができ、ほかの家はそうではないらしいことを知った。
父はどうやら国が嫌いらしい。
むかし、過激派とかいうのをやっていて、税金なんか払わない、
無理して学校に行く必要などないとかよく言っている。
家族でどこかの南の島に移住する計画を立てているようなのだが…。
型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた、長編大傑作。
(「BOOK」データベースより)



というふうに、この一家の父は『普通』とは一線を画しています。
最初はこのハチャメチャな父に憤りすら覚えたのですが、
イイオトナがゴタク並べてんじゃねーよみたいな。
物語が進むにつれ、見方が随分変わりました。
とにかく『かっこいい』んです。
前半部はとにかく無茶・時代錯誤ともとれてしまう議論の展開で、
読んでいるこちらまで辟易する部分もありますが、
彼の考えは首尾一貫なんです。
決して御託を並べているんじゃない。貫いているんです。自分自身を。
その様がたまらなくかっこいい。
今の世の中こんなに自分を貫き通せる人、いないですよ(笑)
そんな父に翻弄されまくる家族の描写がまたすばらしいんですな。
二郎の思い、妹・桃子の思い、姉・洋子の思い、そして母であり妻であるさくらの思い…
彼らの思いが文面を通してスッと入り込んでくるんですね。
だから登場人物になったかのように、
彼らと同じ舞台に立っているような気がするんですね。
物語は小学生の二郎の視点で進むので、
子供ならではの無力感がつきまといます。

大人の世界に立ち入れない子供。
子供の世界に踏み込めない大人。

私には子供はいませんが、大人になってしまった今、
両方の気持ちがわかるような気がして、う~んと唸ってしまいました。
東京・沖縄で様々なことが二郎や家族や友達の身に起こり、
怒ったり、呆れたり、(心の中で)泣いたり…、
そんな彼らと一緒に私まで怒ったり泣いたり…。
読んだ後はジムで一汗流したような(ジム行った事ないけど)、
心地よい爽快感でいっぱいでした。

最後に…
私は沖縄には行ったことがないけれど、
奥田さんの丁寧な情景描写・人物描写からは、
彼の地の色や風や匂い、そして住んでいる人たちの吐息までをも感じることができます。

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
「本のことども」by聖月
本を読む女。改訂版
+ ChiekoaLibrary +
ナナメモ
+++ こんな一冊 +++
本のある生活
今日の1冊
ついてる日記Ⅱ
ありがとうございました。
関連するタグ 【奥田英朗】【サウスバウンド】【読書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。