凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
やっと読み終えました。
毎日昼休みとかにちまちま読んでいたので時間かかってしまいました。
金色髑髏事件・生首事件・集団自殺事件…
謎が謎を呼ぶこれらの事件が、衝撃のラストに向けて大きく大きく渦巻いてゆく…
そのプロット構成の秀逸さといったら、なかなか類を見ないです。

以下、若干内容に触れているかもしれませんので、
続きを読まれる際はお気をつけ下さいませ。

…とその前に、よろしければクリックお願いします~('-'*)
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング
[『狂骨の夢』京極夏彦]の続きを読む
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【京極夏彦】【狂骨の夢
シェアブログ1152に投稿
京極堂シリーズ以外の京極作品は初読でした。
相変わらず美しい日本語にはうっとりさせられます。

四谷怪談―――とはあるが、この作品に幽霊や妖の類は一切出てこない。
だから一層、人間という生き物が持つ恐ろしさをしみじみと感じさせられるのです。

実直で朴訥な伊右衛門と、姿崩れてもなお気品高く生きる岩。
二人の決して目に見えぬ、表に出さぬ愛情が、
さらさらと掌からこぼれおちるようで、う~ん…切ないですよ。
ラストは号泣。(やっぱりなくのネ…)
ラストの数行だけで泣けます。
選び抜かれた言葉が紡ぐこのシーンは、
いつまでも哀しくも美しい情景として私の心に刻まれました。

嗤う伊右衛門
角川書店
京極 夏彦(著)
発売日:2001-11
おすすめ度:4.5


疱瘡を病み、姿崩れても、なお凛として正しさを失わぬ女、岩。
娘・岩を不憫と思うと共に、お家断絶を憂う父・民谷又左衛門。
そして、その民谷家へ婿入りすることになった、
ついぞ笑ったことなぞない生真面目な浪人・伊右衛門―――。
渦巻く数々の陰惨な事件の果てに明らかになる、全てを飲み込むほどの情念とは―――!?
愛と憎、美と醜、正気と狂気、此岸と彼岸の間に滲む江戸の闇を切り取り、
お岩と伊右衛門の物語を、怪しく美しく蘇らせる。
四世鶴屋南北『東海道四谷怪談』に並ぶ、著者渾身の傑作怪談!
(文庫版裏表紙より)



あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
ひなたぼっこは3時まで
関連するタグ 【読書】【感想文】【京極夏彦】【嗤う伊右衛門
シェアブログ1152に投稿

うははは、ついに読み終えました。
就寝前にちょびちょび読み進めて10日ほど(遅読)
(この本は『就寝前本』だったのだ。なんか夜の似合う作品だと思いませんか?)
今日のお休みを利用してラストスパートかけました。

いっや~~~。相変わらず素晴らしかったですよ!!
だって、読み終わった後ちょっと昼寝したら、

夢に京極堂と榎木津が出てきました!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
影響されやすすぎ→自分。
うん。それくらいインパクト強かったんですよ。
夢にも『匣』出てきましたしね…ちょっと怖かった…(^-^;

箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。
そして巨大な箱型の建物――
箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。
探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。
果たして憑物(つきもの)は落とせるのか!?
日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。
(出版社/著者からの内容紹介)



冒頭の匣を抱えて汽車で旅する男の姿が作品全体を象徴しています。
この小説の中で描かれる『匣の中の娘』という小説の一節ですが、
これがまたぞっとするくらい怖くて、抜群の演出なんですな。
う~ん、さすが!!
事件の犯人は―――『神の視点』をもつ我々読者には―――なんとなく見当がつくのですよ。
この小説のおもしろさは犯人捜しやトリック暴きにあるのではなく、
(もちろんソレも十二分に面白いのですが)
事件の背景だとか、犯人にたどり着くまでの過程であるとか、まぁそんなとこです。
榎木津、関口、木場…そんな魅力的なキャラクターが、
それぞれの個性を活かして事件にアプローチしていく様がいいんですよ~。
特に今回は木場さんのかっこよさが光ってましたね~。
でもでも関口クンの情けなさ(苦笑)っぷりや榎さんの傍若無人っぷりも健在です。
個人的には敦ちゃんをもっと…(以下略)
京極堂の薀蓄も前作『姑獲鳥の夏』(私の感想はコチラ)をしのいで炸裂!!
今回は、犯罪心理―――人は何故罪を犯すのか―――についてだとか、
これからの延命治療についての言及が実に興味深かった。
すっごく考えさせられました。

そーれーにーしーてーも!!
ラスト四分の一(とは言っても普通の文庫1冊分くらい…汗)にしてこの展開!!
う~ん、これは予想してなかったなぁ。

しばらく京極ワールドに首ったけ♪

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
【ほんぶろ】~本ブログのリンク集
ひなたぼっこは3時まで
ひなたでゆるり
本読み日記
マロンカフェ ~のんびり読書~
ありがとうございました。
関連するタグ 【魍魎の匣】【京極夏彦
 

もっと早くにこの作品に出会いたかった!!

…と思わせるくらい、久々のクリーンヒット!!でした。
とはいえ、前半部分は正直しんどかったです(^-^;
中禅寺秋彦こと『京極堂』の量子力学にまで言及する薀蓄は、
なにやらわかったようでわからない。
まさに関口君の気分です。

いったい何を言いたいんだ!!

20ヶ月も妊娠し続けているという牧朗の妻、久遠寺医院の次女梗子。
そしてその夫は密室から姿を消し、生死すら不明。
一方、嬰児失踪事件と久遠寺医院の関わりは?

事件は一向に進展をみせずやきもきさせられるのですが、
この「やきもき」が後半部分で一気に「!!」に。
巧妙に細部の至る所まで伏線が張り巡らされているのです。
すこーしずつ解き明かされていくドキドキがたまらなく心地よいです。
ただの物質的トリックだけでなく、
精神論にまで及んだトリックはとても新鮮に感じました。

よく言われていることですが、登場人物も魅力的です。
登場人物は多いのですが、みなキョーレツな個性の持ち主なので、
「あれ、この人誰だっけ?」
みたいなストレスはありませんでした。
私のお気に入りは『京極堂』の妹君、敦子ちゃん
雑誌の記者をつとめる、今風に言うならバリバリのキャリアウーマン。
もっともっと活躍を見てみたいな~。

分厚さに躊躇されている方も多いかと思うのですが、
読み始めればページをめくる手が止められない…と思います!!

それでも分厚いのは苦手な方には分冊版がありますよ↓
 

京極夏彦自身が装丁を手がけたハードカバー版もあります。
ファン必携?


※この本は所持本です。

この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
マロンカフェ ~のんびり読書~
本のある生活
関連するタグ 【読書】【姑獲鳥の夏】【京極夏彦
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。