凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
昨日NHKで放送された
『プレミアム10「体感!トレッキング紀行~直木賞作家が歩く世界の大自然~」』
出演は、角田光代さん・三浦しをんさん・村山由佳さん。
豪華だ…豪華すぎる…!!!!!!

角田さん・三浦さん・村山さんファンの私は、
ビデオスタンバイ、かつ放映も見るという万全の体制で挑みました(笑)
雄大な自然と、人間のちっぽけさが特に印象的でした。
しをんさんの涙も。
村山さんの乗馬姿はものすごくステキでした。かっこいいーーー。

というわけで、さっそく積んであった(といっても最近発売されたばかりだが)
角田さんの『あしたはアルプスを歩こう』を猛然と読む。
だって、TVではゼッタイ、旅のごくごく一部にしか触れられていないと思ったから。
このエッセイにこそ、角田さんの歩いた旅の真髄が描かれているに違いないと思ったから。



なんかへんだ。雪が積もりすぎているのである。
司会は白く染まり、風に飛ばされそうになりながら、
標高2320メートルの小屋に駆けこんだ。
―――トレッキングをピクニックと取り違え、
いつもの旅のつもりでイタリア・アルプスの雪山に挑んでしまった
作家がみたものは?
自然への深い感動を呼ぶ傑作紀行。



結果。
ビンゴーーーー!!!!!

TVでもそうだったけれど、
トレッキングのガイドを務めたマリオさんの言葉が印象的。
また、そのありがたく重みのある言葉を、
的確に私たちに伝えてくれる角田さんにも感謝。
あえて引用は控えますっ。
とても深くて、それはきっと読む人によって受け止め方が違うから、
ひとりひとり、マリオさんの言葉をかみしめて欲しい、そんな思いです。

また旅の途中で出会うイタリアの人々たちがとても素晴らしい方々であった。
気どらず飾らず、とっても自然体。
トレッキングは過酷だけれど、
そんな人々の性質からか、角田さんの持ち前の性格からか、
このエッセイはどこかほのぼのとしているところもあって、
読んでいる私は全く辛くない(そりゃそーか)。
それでも角田さんの紡ぐ言葉は、ときにしっとりと重く深い。

歩くだけで目に見えるものがどんどん変わる。
反対に言えば、歩かなければ景色は何も変わらない。
滝も。岩も、木々も、山々も、風も、
みんなつねにそこにあるが、
自分の足で向かわなければ、出会うことはかなわない。



このことは人生についても言えることではないかと、自然と感じられる。
私は今人生という山(結構難敵…笑)をトレッキング中で、
でもちょっとアクシデントがあって休憩所で立ち止まっているようなものだが、
しかし、休んでいるからこそ感じられる何かもある。
それでも、歩かない限り景色は変わらない。何も変わらない。
今は歩んできた道を振り返っているところである。
ちょっと無理をしすぎて、足を痛めちゃったかもしれない。
でも、私もいつか再び歩き出すことだろう。
再び歩き出した先に見える景色は、それまでのものと違って見えることと思う。

オビに『歩くことは書くことと似ている』とあったが、
角田さんにとって書くこととは人生そのものであるはず。
ラストの方で、角田さんが
「何かを書くときに大切にしていること」
に触れる部分があるのだが、ふぅううむと唸らされた。
私はすっかり読書にハマり、こうやって感想文までUPしている今日この頃であるが、
確かに読書で見聞を深め感性を磨くことはいいことだと思う。
しかしやはり自分自身の目で耳で手で足で、
そして心で「体感」することに勝るものはないと思い知らされた。
角田さんの描くものが、あれほどまでにリアリティにあふれ、
読者の心をつかんでやまないのは、角田さんのこういった書く姿勢にあるのだと思う。
だからというわけではないが、
私も、このブログに限らず、常日頃から「自分の言葉」で語っていこうと思う。
それがたとえ拙いものだとしても、
その方がきっと相手の心の奥まで「私」が届くはずだから。

…と、角田さんを語らせると私長いのですが…(笑)
TVはオモテカクタ、本書はウラカクタでありました。
どっちもカクタさん。
どっちのカクタさんも、やっぱりステキであることに変わりはなかった。

TVではこのすばらしい旅のほんの一部。
カットされてしまった真実やウラ話こぼれ話、
そして角田さんの胸のうちを知りたい方は、ゼヒ。
今なら講談社文庫の新刊コーナーに平積みされている(ハズ)!!急げっGO!!
解説が共演(?)の三浦しをんさんであることも二度オイシイ。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
モンガの独り言 読書日記通信
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【角田光代】【あしたはアルプスを歩こう
シェアブログ1152に投稿
これは凄い!!
角田さんの新境地です。
いつもの角田さんテイストとは一味も二味も違う。
新境地でありながらも、リアルな突き刺さるような心理描写は、
ますます磨きがかかった印象。

誘拐した子供との逃走劇を、スリルたっぷり、駆け抜けるスピード感をもって描かれています。
事件の様子が少しずつ客観的に明らかになっていくのが、
妙に痛々しく生々しく、心が痛む。
そして、家族ってなんなんだろう、ということを真剣に考えさせられる物語でもありました。
ただ血がつながっているだけじゃ、『家族』になれない、そんな気がします。
しかし、『愛』や『絆』があれば血がつながっていなくとも家族になれるのかと言うと…?
血はつながっていないが、自分の持てる限りの愛情をもってさらってきた子を育てる希和子の、
どうしようもない切なさがひしひしと伝わってきます。
希和子のしたことは決して許されることではないけれど、
彼女と恵理菜(薫)の間には、親子にも勝る愛情が感じられました。

『ダ・ヴィンチ』の6月号にも、この本の特集が組まれていましたが、
この作品のテーマはずばり『母性、あるいは母になること』とありました。
母という存在が強いワケが、少しわかるような気がしました。

一方親子でありながら、誘拐の一件から家族同士の愛情表現がどこかズレてしまった恵理菜一家。
それでも自分の生きる道を模索し、自分の過去と向き合おうと懸命になり、
時にはげしい葛藤にさいなまれながらも成長していく恵理菜(薫)の姿が実にすがすがしく、
乳児誘拐・逃走と尋常でない始まり方をした物語なのに、
読後感がすばらしくよかったです。

蝉は地中に出てから7日間しか生きられない―――
誰しもが一度は耳にしたことがあると思います。
みんないなくなってしまった後、
8日目まで生き残ってしまった蝉が見るものはなんなのか。
ひょっとしたらそれは残酷な世界かもしれない。
ひょっとしたらそれは素敵な世界かもしれない。
未来というのは常に『八日目』で、何が起こるかだれにもわからないけれど、
この目で、この手で、この足で感じること、それが生きていくということなんだと、
この作品を読んで、痛烈に感じました。

いままでにない角田さんを体感したい方には、
ぜひともオススメしたい一冊です。

八日目の蝉八日目の蝉
角田 光代

中央公論新社 2007-03
売り上げランキング : 108740
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出版社/著者からの内容紹介
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか--
理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。
家族という枠組みの意味を探る、著者初めての長篇サスペンス。


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
待ち合わせは本屋さんで
粋な提案
ナナメモ
かみさまの贈りもの~読書日記~
+++ こんな一冊 +++
映画な日々。読書な日々。
はちみつ書房
脳内TraP
まっしろな気持ち
ひなたでゆるり
苗坊の読書日記
関連するタグ 【読書】【感想文】【角田光代】【八日目の蝉
シェアブログ1152に投稿
角田さんの初エッセイ集の復刊です。
まだ20代の頃の角田さんが、爆発しています(笑)
ご本人はあとがきで、本作の文章を「幼い」と語っていますが、
その幼さがむしろぴちぴちと若々しく、エネルギーに満ち溢れていると感じました。

好きなことやものや人に対してとことんストレートな感情でぶつかり、
時に傷つき突っぱねられる…
でも幸せなことも日常の中にはたくさん転がっていて、
日々そんな幸せをかみしめているんだよ…という風な
そんな様子がお友達と語り合うような感覚で描かれています。
角田さんのエッセイは、本当に話しかけられているようで、
そこがとんでもなくすばらしいと思います。
コタツでビール片手に朝までだらだらお話しているような親近感。

冒頭の「タクシーをぶっ飛ばす日まで」は、角田さんの妄想炸裂っぷりがおもしろおかしいです。
でも気持ちはわかっちゃうなぁ~。
真夜中の街でタクシーとっつかまえて、
「●△※★(カレシの住所)までお願い」
なんて、言ってみたいな。言えないけど。

「贈り物」もよかったですね。
リボンがついていないとつい見落としがちな、日常の中の小さな、けれどキラキラの贈り物。
私もそういうモノを贈り贈られたいものだ。

小さきものに幸せは宿る



これがこの作品の全てを物語っているように思えます。
生きることにおいてムダなことなんて何一つない。
幸せは、いつも確かに手を伸ばせば届くところにあるのだと教えられた気分でした。
薄くて文字も大きめでさくっと読めますが、読後はひとつ幸せを手に入れた気分になりました。

愛してるなんていうわけないだろ愛してるなんていうわけないだろ
角田 光代

中央公論新社 2000-03
売り上げランキング : 6209
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
空き地で花火をして大声で笑い、終電のプラットホームに声を響かせて走り、
夜の闇に声を溶かすように尽きない話をし、言えなかったことや悲しいことを手紙に書き―。
時間を気にせず靴を履き、いつでも自由な夜の中に飛び出していけるよう…
恋人のもとへ、タクシーをぶっ飛ばそう!初エッセイ集復刊。



あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング
関連するタグ 【読書】【感想文】【角田光代】【愛してるなんていうわけないだろ
シェアブログ1152に投稿
13人の女性たちによる、恋人と過ごした心に残る瞬間を描いた連作短編集。
長谷川カヤノのちいさな恋のちいさな問いかけからはじまり、
その問いかけはぐるり巡って、カヤノにかえってくる。
それぞれの短編はすごくコンパクトながら、
登場人物たちの恋人と過ごした心に残る瞬間が、
ぎゅっと詰まっています。
それはまるでちいさな淡いピンク色をしたあめ玉を口に含んだときのように、
読んでいる私まで、なんだかとても幸せな気分になりました。

私はですね~、高野京子のお話が好きです。
不倫相手と公園のベンチで食べるゴハン。
なんだかとてもしみったれているのだけれど、
女って意外と、こういう行為にホロリときたりしますよね。

ここに出てくる女性たちの思い出は、決してゴージャスなものじゃないけれど、
日常って、そうそうゴージャスなものじゃないし、
生活って、往々にしてしみったれたものなのです。
そういう中でぽっと生まれる、恋人との大切な瞬間…
他の誰にも真似できない、そういうかけがえのない瞬間を、
大切にしたいなぁ、と思うのでありました。

内容(「MARC」データベースより)
「ねぇ、恋人と過ごしたどんな時間が一番心に残ってる?」
片思いの人との散歩、中学生のときの帰り道…。
瑞々しくつむぎだす12人の恋模様。
100人アンケート「あなたにとって心に残るデートってなんですか?」を収録。

※文庫版には、13人目の物語が書き下ろされています。

ちいさな幸福 <All Small Things>
講談社
角田 光代(著)
発売日:2007-01-12


私の心に残ってる瞬間ですか?
それは―――
朝まで飲んだ日の帰り道、ふと振り向くと彼も同時に振り向いていた、その瞬間です。

うああああああああああああ!!!

恥ずかしすぎるっちゅうねん!!!!!!!
(なら書くなよ)

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事はコチラのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
ナナメモ
本のある生活
書庫  ~30代、女の本棚~
苗坊の読書日記
関連するタグ 【読書】【感想文】【角田光代】【ちいさな幸福
シェアブログ1152に投稿
 
「私」は34歳フリーター。
雑文書きと飲食店のアルバイトで生計を立てている。
「タマシイのない仕事はしたくない」と、同棲相手は失業中。
そんな折、エアコンは壊れるわ、
昔アジア旅行でつるんだ男が転がり込み(しかも彼女つき)タダ飯喰らうわで、
生活費の負担は増える一方、ついにサラ金にまで手を出しビビる日々…

実は私も20代後半にしてフリーターですが!!
(会社員も経験しましたよ!!…ってなんか言い訳がましいですな)
なんとなく、自分はこのままではないだろう、と思うのですよ思いたいのですよ。
ですが、この本を読んで「このままではヤバイよあなた」と、
耳元で囁かれたような、そんな気になってしまいました。
もちろん角田さんは世の中のフリーターに対して、
こういった類の、N●Kスペシャルで取り上げられるような警鐘を
鳴らしているわけではありません。
だからこそ余計に自分を主人公に置き換えて読んでしまいました。
ここにいる「私」は数年後の私自身かもしれない…と。
そう思わせるだけのリアリティがこの小説にはあるのですね。
そしてある日「私」は、風俗一歩手前の高時給アルバイトのチラシを見ながら思うのです。

私はかつて、いったい何になりたかったのだったか、そんなことを思う。
みずからにどのような希望を持ち、どのような期待を抱き、
どのような目標のもとに日々をすごしてきたのだったか。



ううう、痛すぎます。心を見透かされている…
それは私がここ数年毎日毎日毎日…思い続けていることですから。
もう角田さんの小説の根底にある想いですよね。
角田さんの、もっとも角田さんらしい小説を読んだなぁという気分です。

ところで…この本(文庫・古本屋で購入)を風呂で読んでたのですが、
ついに湯船に落としました…(つд⊂)エーン
いつかやるとは思ってたんだけど。
角田さんゴメンナサイ。

同情するならクリックを!!(古い…)
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
+ ChiekoaLibrary +
本を読む女。改訂版
かみさまの贈りもの~読書日記~
ぱんどら日記
ありがとうございました。
関連するタグ 【角田光代】【エコノミカル・パレス
シェアブログ1152に投稿


敬愛する角田さんの本ということで、
いつも以上に評価が甘々です('-'*)エヘ

角田さんの飾らない言葉で綴られた、日常エッセイ集。
この作品は2003.7~2005.9まで、ブルームブックスのHP内で連載された、
恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。』をまとめたものです。
Web連載ということもあり、「今日、今、この瞬間」が凝縮されています。
収録作品のタイトルすべてが、「~だと思わない?」「~したことある?」と
話しかけられ形式(?)で、
読んでるうちに、心の中では角田さんとほんとうにお話している気分になれるんです。
ひとつひとつのエピソードに添えられている写真もいいですね。

このエッセイに書かれていることは、
何ということでもない、だれにでも起こりうる日常の断片なんだけど、
綴られた言葉を目で追っていうごとに、
言葉というもので誰かとつながっている気分になれるんです。
(…?コレって、先日の『むかしのはなし』でも書いたような…)

おもしろおかしい角田さんのトークの中にも、
角田さんの芯の強さとか、内に秘めた熱い想いが伝わってきます。
エッセイに書かれてあるひとつひとつのエピソードや、それに対する想いが、
数々のリアリティ溢れる、人の心にスパッと切り込んでくる、
そんな小説を作り出すのだなと感じることができました。
そんないろんなエピソードや自分のコトについて、
ここまで書けてしまうのって、やっぱりすごいなぁ。
印象に残ったセリフは、

やっつけ仕事で今をしのぐより、今どんなに大変でも、
未来へと続く形のない何かを作ることが仕事だと、
教わってきたんだと思う。



角田さんの仕事というものに対する真摯な姿勢に、
ホレボレしてしまいました。

そんな『まじめ』な感想も浮かぶことは浮かぶのですが、
やはりこの本は、
「そうそう、そうなんだよね!!」「えっっ!!カクタさん、それは変!!」と、
後書きにもあるとおり、ゆるい酒でも飲みながらだらだらしゃべる感覚で
読むのがいいのではないかと思うのです!!
だって、カレーが足らず白飯が残ってしまうというプチトラウマから、
カレーとゴハンはぐちゃぐちゃに混ぜずにはいられないとか、
風呂上りのジム帰り、『駅前用』の服で出かけてしまったのに、
打ち合わせ先のホテルで写真とらなきゃなんなくて、
トイレの手を乾かす機械で髪の毛乾かしちゃったとか、
おいおいそれはないだろーう!!と楽しいエピソード満載なんですよね。

そんななかにも、タクシーの運転手さんにかけられた思いがけない言葉とか、
しんみりさせられる話もあります。
ちょうどこの時期、お母様が倒れられた時期だったのかと推測されますが。

おもしろかったのは『話しかけてくるのはだれ?』で出てくる心理テスト。
私は鉄腕アトムでした(笑)
クラスメイトは乱馬(らんま1/2)、どらえもん…etc
話しかけられた言葉は、「これから仲良くしようね」でしたー。

この質問の解釈は…
(続きは反転してみてくださいね…もしくは上のリンクから本を買ってしまいましょう!!←暴挙)
話しかけられたキャラクターが、一番合う異性のタイプ
だそうです…


ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
+ ChiekoaLibrary +
本を読んだり…
本のある生活
ナナメモ
かみさまの贈りもの~読書日記~
ありがとうございましたm(__)m
関連するタグ 【恋をしよう。夢をみよう。旅にでよう。】【角田光代
シェアブログ1152に投稿


36歳、子なし主婦房子とイベント企画会社で働くサラリーマン宗二の、
ちょっと不思議な夫婦と、彼らを取り巻く人々の日常を
シュールに描いている作品…

角田さんの「夫婦モノ」ははじめて読みましたが、
やはり妙にリアルなところはいかにも角田さんらしいです。
結婚生活というのはあくまで生活であって、恋愛のようにはいかない。
この小説は、ただの恋愛小説みたいに浮き足立っていないのがいいなと思いました。
そんな中にも『房子の思い込み離婚騒動』や、
『宗二の浮気疑惑(しかも相手はかなりキレてる)』『宗二母の熟年再婚』など
大小のハプニングが散りばめられていて、
何気ない日常の中にもスパイスが効かせてあります。

行き場のない思いを胸に抱え、夫婦であることの意義を疑問視する房子。
またイマイチ大人になりきれていない宗二。
房子の妙にぼんやりしたところや、宗二のふがいなさに
たびたびイライラさせられますが、それもこの小説の意図するところかもしれないです。
そんな彼らの思いがまるで目に浮かぶようでした。
彼らの結婚生活の行方が気になりながら、
親戚づきあいなどから窺い知れる彼らに同調したり、反発したりしつつ、
なんとなく先が気になって一気に読んでしまいました。

「結婚ってなに??」という問いかけに対し、答えらしきものは記されておらず、
最後までどよんとひくーいテンションで物語が進むので、
ちょっと喉がつまったような息苦しい感じがしました。
物語り全体に漂うけだるい感じがつねに付きまとうので、
なんとなくスッキリしないんですよね。
なんども房子や宗二に、
「なんでそうなるの!!」
なんてツッコミながら(もちろん心の中で)読みました。
これが結婚の現実だったらちょっとイヤよね…
あぁ、でもそれが毎日を生きるってことなのよね、とも思いました。
だって、私たちの毎日、そうそうスッキリできないことが多いですもんね。

それにしても和田レミは怖かったー…
角田さんの人物描写のリアルさ…とくにちょっとこわいひとの…にはいつも感心させられますが、
和田レミはなかなかキョーレツでした(笑)
あの長く独りよがりのセリフを読んでいると、
宗二だけでなく、こちらまでイライラしてしまいます。

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
+ ChiekoaLibrary +
かみさまの贈りもの~読書日記~
m's box
ひまさえあれば
のほ本♪
ありがとうございましたm(__)m
関連するタグ 【読書】【感想文】【角田光代】【庭の桜、隣の犬
シェアブログ1152に投稿


雑誌などで、活躍している人の記事を見ると年齢を確認してしまう…
今の自分にそれなりに満足しつつも、
自分の選ばなかった自分の人生にあれこれ空想を巡らせてしまう…
そんな妙齢にさしかかった女性にオススメの作品です。

久々に読んだ角田さんの長編物。
主人公の女性とは、置かれた立場も築いてきたものもまったく異なるけれど、
自分というものがよくわからず日々惑っているひとりとして、
一気に読んでしまいました。

ハナは下北沢で古着屋を経営している37歳。仕事は順調。
同年代の男よりも稼いでいるし、自分の人生にそれなりに満足していた。
ある日、恋人から「結婚してやる」といわれ、小さな違和感を感じる。
「どうして、この日とは『私が結婚を喜んでいる』と思って疑わないんだろう……」
―――違和感は日に日に大きくなり、
ハナは恋愛と仕事について模索していくことになるのだが……
(単行本帯より引用)



『自分探し』とはよく言いますが、
果たして自分を見つけ出せた人はどのくらいいるのでしょうか。
自分って、探して見つかるようなものなんでしょうか。
自分を見つけると、どうなるのでしょうか。
わからないですよねぇ。
でもこのわからないっていうのが、
時にモーレツな不安になって押し寄せてくるんですよね。
周りの人と比べて、冒頭の成功人の年齢確認(笑)にしてもそうですが、
自分がとてもちっぽけに思えてしまう。
でも、その人はその人になっていくしかない、んですね。
これはハナの親友チサトの言葉ですが。

でも、その決意や意気込みは本当に私のものだったのだろうか。
どこにもいない誰かの価値観を、
自分のもののように錯覚していただけじゃなかったのか。



ハナのこの独白にははっとさせられました。
私たちって、無意識に他人の価値観を自分に植えつけているフシがあるんじゃないかって。
そうではなくて、『自分は自分』と自信を持って言える日に向かって、
少しずつでも歩んでいけたらいいなぁ、と思いました。

あと10年ほどすると私はちょうどハナと同年代に差し掛かるのですが、
その年齢になったとき、もう一度読み返したいです。
その頃の自分がどういう気持ちでこの本を読むのかが楽しみです。

余談ですが、作中に長野県が出てきて、
なんだかちょっぴり嬉しかったです。
知っているところが出てくるってのは、いいもんですねぇ。

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ

※この本は所持本です。

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ひまさえあれば
ナナメモ
かみさまの贈りもの~読書日記~
ひるあんどん カフェ
+ ChiekoaLibrary +
本読み日記
本のある生活
+++ こんな一冊 +++
ありがとうございました。
関連するタグ 【読書】【感想文】【角田光代】【薄闇シルエット


12コの『Presents』からなる、角田さんの短編集。
これはよかった!!

どの話も、ぎゅぅっと切なくなるお話で、
気がつくと涙があふれているカンジ。

両親から、恋人から、幼なじみから、子どもから…
特別な日や人生の節目で贈られるそれぞれの『プレゼント』。
そしてこの作品は、
自分がプレゼントをもらったことを心から感謝したくなる、
そんな作品です。

松尾さんのイラストもまたステキです。
本作ではひとつのテーマをもとに、
角田さん、松尾さんがそれぞれの作品を描いたそうです。
それぞれのプレゼントに対する思いが作品に出ていて、
その違いが楽しめたのもよかったです。

お話のほうは…

名前、初キス、合い鍵、ヴェール、涙…などのプレゼントが描かれています。
女性が一生のうちにもらう贈り物。
それがこの本のテーマです。
なかでも印象的だったのは、『鍋セット』。

『鍋セット』…これを読むと、
一人暮らしを始めた時の心細さ、不安、寂しさが
8年経った今でもありありと心に浮かびます。
特に心配のあまりあれこれ世話を焼いてしまう母親に、
寂しいのに、ホントはそばにいて欲しいのに、
つい突き放した物言いをしてしまう主人公に自分を重ねてしまいました。
そんな母から主人公は大・中・小の鍋セットを贈られます。
寂しいとき、嬉しいとき、悔しいときとともにあったこの鍋セット、
ある時主人公はこう振り返るのです。

―――私はあのとき、母にいったい何をもらったんだろう?と。

角田さんの後書きにもあるのですが、
贈りものって、それをくれた人、くれた人との関係を
より強く印象に残すのだなぁとあらためて思いました。

私はこの本を読んで、遠くに住む母のコトを想いました。

これから立ち読みする方、気をつけてくださいね。
落涙必至です…私の涙腺が弱すぎるのか!?

※この本は所持本です。

※この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
本のある生活
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
ナナメモ
かみさまの贈りもの~読書日記~

しんちゃんの買い物帳
ありがとうございました。
関連するタグ 【文芸】【感想】【Presents】【角田光代
占いって、おもしろい。
そして、人っておもしろい。




12星座×男女別の計24話の短編に、鏡さんの星座解説がついて、
2度オイシイ感じの本でした。
星座別・男女別に見る恋愛パターン(…にはめられるほど単純ではないのですが)を
角田さんの小説がうまくうまーく色を添えているのです。。

私はなんだかんだいて結構占い好きなんだと思います。
雑誌の占い欄は欠かさずチェックしちゃうし、
おうし座B型のあなたはこーゆー人ですって書かれると、
ふむふむそうかもなぁ、なんて妙に納得してみたり。

自分の星座はもちろん、恋人の星座、家族の星座の物語は、
とくにじっくり真剣に読んでしまいました。
そうよね、あたってるわ~とか、ちょっとイメージ違うなぁとか思いながら、
それはそれは楽しい時間でした。
自分ではない、もう一人の自分の物語が読めるって、
ちょっと特別な気分がして嬉しいものです。

作中にも書かれているとおり、
人って星座でパターン化されるほど単純じゃない。
ひとりひとりそれぞれに違うからおもしろいんだ、
ということが鏡さんの解説にも角田さんの小説にも書かれていて、
ただの『占い本』でないところがとてもよかったです。

小説は至って『角田節』で、「あぁ、コイツばかだなぁ」とか
「うんうんわかるよ」と、友達の話を聞いてるように読みました。
角田さんの小説の登場人物って、みんなどこかでバカなんだけど、
それが妙にリアルで、愛すべきキャラクターたちだなって思います。

※この本は借りた本です。
関連するタグ 【占い】【角田光代】【鏡リュウジ】【12星座の恋物語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。