凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
すごい作品に出会ってしまった。

獣の奏者 I 闘蛇編
講談社
上橋 菜穂子(著)
発売日:2006-11-21
おすすめ度:5.0
獣の奏者 II 王獣編
講談社
上橋 菜穂子(著)
発売日:2006-11-21
おすすめ度:4.5
Amazy


出版社/著者からの内容紹介
上橋菜穂子待望の長編ファンタジー
けっして人に馴れず、また馴らしてもいけない獣とともに生きる、宿命の少女・エリン。
母が指笛を吹き鳴らしたとたん、奇跡が起こった。
だが、その奇跡を、母は「大罪」と呼んだ……。
獣ノ医術師の母と暮らす少女、エリン。
ある日、戦闘用の獣である闘蛇が何頭も一度に死に、
その責任を問われた母は処刑されてしまう。
孤児となったエリンは蜂飼いのジョウンに助けられて暮らすうちに、
山中で天を翔ける王獣と出合う。
その姿に魅了され、王獣の医術師になろうと決心するエリンだったが、
そのことが、やがて、王国の運命を左右する立場にエリンを立たせることに……。



十二国記以来の和(華?)風衝撃ファンタジー!!
いやもう、鳥肌がたちました。
冒頭から衝撃的でした。
あとはもう物語の中に一気に引きずられました。

心が震え、鼓動が脈打ち、物語の臨場感に吸い込まれる…
風の音、空気の匂いまで漂ってくる…

ホントそんな感じでした。

母から受け継いだ天賦の才能と努力によって、獣を操る術を手に入れてしまったひとりの少女の話。
少女の名はエリン。
両親と早くに死に別れ、天涯孤独となった身だが、
多くの人の優しさに触れ、少女はやがて一人の『獣ノ医術師』として、
そしてたったひとりの王獣を操る力を得てしまう。

でもエリンはただ『知りたかった』だけなのだ。
なぜ生物がここに在るかということを…
そんなエリンの熱い想いとは裏腹に、彼女はやがて大きな戦渦に巻き込まれてゆく。
そこでエリンが見たものは、はたして希望だったのか絶望だったのか。

少女から大人の娘として成長するエリンの健気なことといったら!!
彼女の喜びはそのまま私の喜びに、彼女の葛藤はそのまま私の葛藤に…

この物語は、人以外の動物との関わりが、いかに危険を孕んでいるか、
本当に恐ろしいものはなんなのか、
学ぶという行為の行き着く先は果たして希望なのか…
そんなことを思いました。
ファンタジー(夢物語)でありながら、しっかりと『現実』を見せ付けてくれる、
すばらしい作品でした。
そこらへんが十二国記を彷彿させるのかも…

余談ですが、
この本を読んでちょっと『風の谷のナウシカ』を思い起こしました。
これから積んである(ゴメンナサイ!!)『守り人』シリーズを読まねば!!

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございます。
待ち合わせは本屋さんで
にゃんこと歩く。-読書日記
はちみつ書房
ぱせりブログ

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。