凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
猫にかまけて猫にかまけて猫にかまけてあまなつAdhover 猫にかまけて』の続編。
相変わらず猫ばっかりの一冊である(笑)

猫のあしあと
講談社
町田 康(著)
発売日:2007-10
おすすめ度:5.0


前作『猫にかまけて』でも思ったのですが、(感想はコチラ)
私は動物たちの無理な延命治療については、基本的に反対であるので、
町田さんとは根本的な部分でソリが合わないような違和感を感じます。

しかし、町田さんご夫妻の、
一心に「この猫を助けたい」、
その想いは十二分に伝わってきました。
先天性の病気に罹り、余命いくばくもない猫のために懸命に奔走する姿は、
いのちの重さを感じずにはいられませんでした。
また仔猫が持つ『生きたい』という気持ちの強さに驚かされました。
人間以外の動物達はみな、
『生きたい』、
その思いで毎日生きているのだなぁと思いました。
自殺する動物はヒトだけかなぁ、とふと思いました。

他者のいのちを預かるには、人間の器はあまりにも小さく、脆い。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【町田康】【猫のあしあと
シェアブログ1152に投稿
ますますが愛おしくなる。

猫にかまけて
講談社
町田 康(著)
発売日:2004-11-16
おすすめ度:5.0


町田家のたちの物語(エッセイ)。
まったくもって自然体というか、読むほどに笑みが浮かぶ作品。
好き、またはと一緒に暮らしている方なら、
うんうんと頷くことばかりです。
そして、「ウチの***はね…!!」と自慢げに語りたくなるに違いない。
独特に擬人化された『猫たちの気持ち・ことば・仕草』がなんともおもしろく、
あちこちで爆笑してしまいました。
掲載されている写真もすべてカラーで、どのコも愛らしい。

だからこそ余計に、
猫たちが苦しんでいる姿には涙を流さざるを得ない。
猫という動物は15年、長生きしても20年前後でこの世を去る。
眠るように亡くなればいいのだが、
本作のヘッケのように、若くして、病に倒れてしまう姿は痛々しく、苦しい。

しかし、動物と暮らすのは、こういうことなのだと教えられる。
出会いがあれば別れもあるのだ。
死に際に、「ああ、なかなか幸せな『猫』生だったわ」と思ってくれるように、
一緒の時間を有意義なものにしたいと感じました。

我が家の3匹いる猫のうち、最長老の猫をちょっと紹介。
続きを読むからドウゾ。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
[『猫にかまけて』町田康]の続きを読む 関連するタグ 【読書】【感想文】【町田康】【猫にかまけて】【
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。