凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
ながらくお休みしておりました司書のおべんきょーをボチボチ再開しました…
来週末には科目終末試験(学外B群)が控えております。



ボチボチとか言ってられないんですけど!!!

ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ



10日きってんじゃん。
おぼえられん。特に資料組織概説。
っつーかまだ暗記にはいってないし!!
(解答は具合悪くなる前に作った。昔過ぎてもはや記憶が…)

まーまーまー。
頑張ります。(,,゚Д゚) ガンガレ!
スポンサーサイト
関連するタグ 【司書】【図書館
20080518210338
昼過ぎから図書館へ行き、夕方頃レポ書き上げてポストにポイッと入れてきました。

あーーー…

願わくば一発合格。
やはり昨日(今朝?)書いたのを推敲していますと、
日本語になってない所もあり(恥)、
チェックしながら書き写したので、時間かかりました…orz
なんでわざわざ書き写すかってーと、
近大通信のレポは、基本的に『手書き』じゃなきゃダメなんですよ~。
原稿用紙も近大オリジナルで、わざわざ買わなくちゃいけないんですなー。
地味な所でオカネ儲けしてそーです。

何はともあれ提出しました。
DVD返すためレンタル屋へ行き、
隣の古本屋でうろつくうちにこんな時間…

……

いや、買おーかどーかすっごい悩んで、
どーしようどーしよう今ゲットしなきゃ一週間後はなさそうだな古本だとはいえ人気シリーズ多少お値段高めだが新品で揃えるよりは3割引くらいだ昨日はレポ頑張ったし給料も時給upのおかげで以前より稼いだ……
……と脳内で激しく葛藤しながらも……

買っちゃいました~~てへ♪

さて、その本とは!!!!

じゃーん!!!!

有川浩さん『図書館』シリーズ全4巻!!!!
いやー、先日発売された『別冊』の方は、イキオイで新品買ったのですが。

これでいつでもどこでも萌え萌え気分です(?)
しかし新品のまま放置してる本が山ほどあるのに、
既読本の再読なんていつになるやら…

たまにどうしようもなくお気に入りのシーンだけ読みたくなって、
そこだけ再読、とかはしょっちゅうなんですが。
あーだからなかなか本を処分できないんだな。
この本のあの部分はあーいった気分の時に読みたいし、とか。

でもそんな本に囲まれて生活してる自分は、なかなか幸せですなー。
関連するタグ
昨日、10月アタマに出した『図書館概論』のレポートが帰ってきました。
結果は…


合格!!

これで『図書館概論』は単位ゲットですヽ(´▽`)/♪

で、今『図書館経営論』をやっているのですが…
コレがつまんない…はかどらないんですなぁ…

まだまだ道のりは長いですが、コツコツ頑張るしかないですね。
関連するタグ
こないだ10月アタマに提出した、『生涯学習概論』のレポートが帰ってきました。
で、今日、先日受けた科目終末試験の結果が…(゜.゜)
おそるおそる封を開けると…

生涯学習概論→

図書館概論→

でしたーーo(*≧∀≦)o
これで『生涯学習概論』は単位とったことになります。

いやぁ、なんだかモチベーションまで上がってきちゃいますね。
まだまだ険しい道のりが待っていますが、
地道に頑張ろうと思いました。(`0´)ノ オウ!

ハナシ変わって。
今日PHS買いに行きました。WS0075Hです。
今更ピッチ!?と侮るなかれ!!
最近のピッチはもはや『超小型モバイルパソコン』ですな。
月額\2,900でピッチ同士は24時間いつでも話しホーダイ!!
e-mailは相手がPCでもケータイでも添付ファイル付きでも送受信無料!!
しかもパケ代はケータイよりやすいので、PC用サイトもらくらく読めちゃう。
(通信速度が遅いけど)

もちろん、エンキョリレンアイ中の相方と、長々しゃべるためです。(´∀`*)ウフフ

唯一の欠点は…

ウチの家、電波弱えぇぇぇぇぇぇ~~~~

ってことですかね…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
神戸市内なのに…
三宮までチャリで行けるのに…
ウチは山にかこまれてるからなぁ。
しゃーないなぁ。
2Fは比較的電波が安定しているのがせめてもの救いです。
関連するタグ 【図書館】【司書】【生涯学習論
では実際に通信教育ではどんな勉強をするの?
という方のために、取得が必要な科目を書き連ねてみました。

※近畿大学通信教育部の場合
※( )内は単位数
----------------------------
■必修科目■
<通信授業科目>
生涯学習概論(1)
図書館概論(2)
図書館経営論(1)
図書館サービス論(2)
情報サービス概説(2)
図書館資料論(2)
専門資料論(1)
資料組織概説(2)
児童サービス論(1)

<面接授業(スクーリング)科目>
レファレンスサービス演習(2)
情報検索演習(2)
資料組織演習(2)

■選択科目■(以下から3単位分を選択)
図書及び図書館史(1)
コミュニケーション論(1)
図書館特論(1)
情報機器論(1)
図書館実習(1)
--------------------------------
上記計23単位が修了に必要です。

選択科目は、私は歴史が大の苦手なので(笑)、
『コミュニケーション論』『図書館特論』『情報機器論』
の3科目を選択しました。

気になる(?)テキストの分厚さは、B5版でだいたい5~10mm。
結構分厚く、どれもボリューム満点です。

通信授業の科目は、それぞれの科目に対して
・レポート提出(2,000字程度)
・科目終末試験
があり、レポートを『提出』すると科目終末試験の受験資格が得られます。
(レポートが不合格でも試験は受けられます。)
当然ですが、最終的には、レポート・試験どちらも合格しないと単位がもらえません!!
どちらもなかなか難題ぞろいです。

面接授業に関しても大体同様で、
出席状況や、講義中に行われるレポートや試験で単位が認定されるようです。

試験は本校(近畿大学)の他に、全国(学外開場)で実施されるので、
地方にお住まいの方でも問題ありません。
しかし、近畿大学の場合、試験日程は年に10回で、
本校と学外が交互に行われます。
本校で5回、学外で5回です。
(10月は本校、11月は学外会場、12月はなくて、1月は本校…という具合)
私の場合、本校(東大阪市)にもラクラク日帰りの距離ですし、
地元神戸でも試験が行われるので、
頑張ればほぼ毎月試験を受けられることになります。

一回の試験では、最大4科目まで受験できます。
(午前中に2科目、午後に2科目)
午前の部 一科目受験の場合:試験開始10:30、提出可能11:00、修了時刻11:20
     二科目受験の場合:試験開始10:30、提出可能11:00、修了時刻12:10

午後の部 一科目受験の場合:試験開始13:30、提出可能14:00、修了時刻14:20 
     二科目受験の場合:試験開始13:30、提出可能14:00、修了時刻15:10

実質一科目あたり50分ですな。
二科目受験の場合、科目ごとの時間配分は任意です。
※午前の部、午後の部でそれぞれ受験できる科目が決まっているので、
 あらかじめ年間の計画をよく立てることが大切です。 

試験の機会が意外と少ないのがオドロキでした。
毎週くらいの日程であるのかと思ってた…(^-^;
関連するタグ 【図書館】【司書】【通信教育
せっかく司書を目指して勉強しているので、
その足取りを残しておこうかと思います。
あくまで私の場合です~。
そこんところよろしくです。

<司書を目指したきっかけ>
ズバリ、図書館で働きたかったから、です。
というか、本に関わる仕事がしたかったから、かな。

司書資格を取得するには、大きく2つの方法があります。
1.大学(短期・4年制)で司書課程を履修し所定の単位を修め卒業する。
2.司書講習を受講し単位を取得する。


また、通うのが困難な人のために通信講座も用意されています。
こちらは最短で1年間と長期間の講習になります。
途中、スクーリングなどがあります。
費用は講習と同じく10万円くらいです。
私が選んだのはこの通信講座です。

参照したサイト…われわれの館
特に『図書館員になるには』がとても役に立ちました。
司書になるための資格要件などにもくわしく触れられています。
司書を目指す方はぜひご一読を。

ちなみに通信制がある大学で司書の資格がGetできるのは

帝京平成大学:http://www.teikyo-u.ac.jp/heisei/heismain.htm
聖徳大学短期大学部:http://www.seitoku.ac.jp
聖徳大学:http://www.seitoku.ac.jp
明星大学:http://www.hino.meisei-u.ac.jp/dce/
玉川大学:http://www.tude.tamagawa.ac.jp/
近畿大学:http://wsb.cc.kindai.ac.jp/tsushin/index.htm
佛教大学:http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/

などです。
通信とはいえ、面接授業(スクーリングという)が必要な単位もあることから、
私は実家に近い近畿大学を選びました。
他にも試験などでその大学に行くこともあることを考えれば、
自宅に近い大学を選ぶのが何かと便利だと思います。

<司書資格があれば図書館で働けるのか>
いつも通っている図書館の、
ちょっと偉いかんじの職員さんに突撃インタビューしてみました(笑)

現実は図書館に採用されるのはすごく難しいらしいです。
特に公共の図書館の場合、公務員試験に受からなければならない市町村もあります。
公務員削減がうたわれている今、公共図書館への就職はかなり難しいです。
一方、自治体によっては欠員が出た場合にスルリと採用される場合もあります。
これは各自治体によって異なるので、
図書館の職員や、教育委員会、人事局に問い合わせるのが一番かと思います。

私の住んでいる神戸市では、公務員の司書職は募集なしです。
(つまり正規の職員として図書館に採用・配属になることはない、ということ)
それでも私学の大学図書館などで時々求人があるので、
色々な方向にアンテナを張り巡らせ、
最後まであきらめないことが何より肝心かもしれません。

というわけで、実際に図書館で働くのはなかなか難しいことのようですが、
とにもかくにも、司書資格を持ってないと余計に図書館員への道が遠くなる!!
と思い、受講を決意しました。
(ちなみに司書資格を持っていなくても図書館員にはなれます
このあたりも『われわれの館』を参照してみてください。)

なにはともあれ、まずはパンフレット(募集要項)請求からです。
前途多難ではありますが、こうして司書資格への道を歩み始めたのでした。
関連するタグ 【図書館】【司書】【通信教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。