凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
くりちゃん&赤坂老人のゆるミステリ、シリーズ第2弾!!
今日もくりちゃんと赤坂老人、二匹の愛犬アンとトモが大活躍。
本作も中編が3編。とても読みやすい構成です。

ふたつめの月
文藝春秋
近藤 史恵(著)
発売日:2007-05
おすすめ度:4.0


ヒューマンドラマとミステリが、いいかんじでカクテルされた逸品。
読後はあたたかい気持ちになれる、すばらしい作品です。

くりちゃんは契約社員から正社員にグレードアップしたとたん、
突然解雇を言い渡され、それを誰にも打ち明けられずまたもや落ち込む日々。
友達以上恋人未満の弓田くんは料理人の修行にイタリアまでいってしまった。
なんだか冴えない毎日だなぁ。

先に進まなければならないことはわかっている。
でも、足がすくんで動けないのだ。



うんうん、わかるよ、その気持ち。激しく共感。
でもくりちゃんは赤坂老人はじめ、家族、友達、
そんなまわりの人たちに助けられながらも少しずつ成長しているのです。

最後にどこに行き着くか、ではなくて、ただその道を歩いていることを楽しいと思える。
そうだったらどんなにいいだろう。



ほんとそのとおりだよね。
いつかは私もそんな風に思えるようになるかなぁ、と考えてしまいました。
そんなぐるぐるしているくりちゃん(と私…笑)に赤坂老人は言います。

「もし間違っても、しくじっても、自分の選んだ方向なら、
それなりに歩くことができるものだよ。
自分で選ばずに、嫌々歩く道が、いちばんつらいはずだ」


もうこの言葉にどれほど救われたことか。

そんなくりちゃんや赤坂老人のまわりでは、今日も事件が勃発します。
ついに赤坂老人に直接悪意が向けられて!?
今日もくりちゃんはアンとトモをお供に、事件解決に乗り出します。
本作はミステリ色よりくりちゃんの成長物語が色濃い作品でした。
だから共感できる部分が多かったし、
赤坂老人の「賢者」らしい言葉は、ふかーく胸に刻み込まれるのでした。

最後はちょっとはらはらさせられたけれど、
このゆる~くあったか~い雰囲気、大好きになりました。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【近藤史恵】【ふたつめの月
シェアブログ1152に投稿
気力も覇気もいまいち欠けている、
このままではいけない、どうにかしなくっちゃ、と焦る久里子21歳フリーター。
そんなくりちゃんの日常でおこるささやかな事件簿が本作品です。
中編が3本という構成もお手軽感があっていいですね。

賢者はベンチで思索する
文藝春秋
近藤 史恵(著)
発売日:2005-05-26
おすすめ度:4.0


内容(「BOOK」データベースより)
ファミリーレストラン「ロンド」を舞台に展開する謎の事件。
不可思議な老人は21歳の女の子の人生にとって、
とてもたいせつなものを与えてくれた。
それは常識によらず、人を信じる力。
犬と老人と21歳の女の子が挑むミステリー。



すらすらと読めて、しかも物語の世界にぐっと惹きつける力を感じました。
服飾関係の専門学校を出ながら、ファミレスでバイトするフリーターのくりちゃんが、
なにかにつけ焦る気持ちが手に取るようにわかって、
(なぜなら私も似たような境遇だからだ)
どうにか「ここ」から抜け出そうと頑張る彼女を応援したくなるのです。
そんなくりちゃんの日常におこる些細な事件を、
バイト先の常連客「国枝」老人と、愛犬アンが解決する!!
この「国枝」老人とアンとのトリオが絶妙!!
場の空気がなごむってこういうことかなぁ、って思いました。
「国枝」老人のまさしく賢者っぽい言葉の数々に、私も幾度となく救われた気分です。

くりちゃんが弟の信に向かって諭すシーンがあるのですが、
そのときの言葉が印象的でした。

「だからさあ、あのふたりにとっては、わたしたちがうまくやれないことなんて、
別に特別なことでもなんでもないんじゃないかな、と思ったの。
他の人がうまくやれていることが、うまくやれないで、ぐるぐるまわっていても、
まあ、じょうがないかって思って、待っていてくれているんだと思う」



あぁ、親心ってこんなものなのかなぁ、と。
それに気づいたくりちゃん、偉いなぁ。
私もなんだかぐるぐるまわっているけど、
意外とまわりは気にしてないかもなぁ~、と思えたのでした。

こんなゆる~いミステリもなかなかいい!!
人間ドラマをあたたかく描いたこの作品、ダイスキです。
いきおいで『ふたつめの月ふたつめの月ふたつめの月あまなつAdhover ふたつめの月』も読んでしまいました。
コチラもいい~!!

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【近藤史恵】【賢者はベンチで思索する
シェアブログ1152に投稿
晴れて『直木賞作家』となった浅田さんの、
多忙でタイトで、でもなぜか抱腹絶倒の痛快エッセイ。
『勇気凛凛』シリーズ、これをもってとりあえず最終巻!!

勇気凛凛ルリの色 満天の星 (講談社文庫)
講談社
浅田 次郎(著)
発売日:2001-08
おすすめ度:4.5


内容(「BOOK」データベースより)
パリに行った。自分の作品の映画も出来た。
そして、ガッポリ税金も納めた…。
このエッセイは、無名の物書きが小説家になるまでの
サクセス・レポートとして読んでほしい。
さあ、泣いて笑って、みんなでサクセスしよう!
惜しまれつついったん連載を終了した、
不滅の痛快エッセイ、とりあえずの最終巻。



日常の些末な事柄から政治事情まで、
ここまで痛快な気分にさせてくれる本ってなかなかないと思う。
週刊誌の連載ということで、連載当時のタイムリーな話題も多く、
その当時を少し懐かしんだりしながら読むことができます。

あと…努力は必ず報われる、という気にさせてくれる心強い一冊です。
苦労の果てに作家になった浅田さんだからこそ、書けるものがあるのですね。
浅田さんの血のにじむような(決して比喩ではなく)努力が報われて、
作家になって、大きな文学賞を獲得して、多忙な毎日を送る…
そんな浅田さんをページの間から覗き込むと、
なんだか私まで嬉しくなってしまうのでした。
もちろんお決まりのジョークや失敗談、笑い話も満載で、
あとがきまで楽しめる、お得な一冊です。

残念ながら、この4巻をもって『勇気凛凛』シリーズはお休みとなるのですが、
またゼヒ、続き、を読みたくなりました。
…ルリとリンの成長具合も気になるところです(笑)が、
小説の執筆に忙しくて、それどころじゃないかなぁ…(^-^;

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【浅田次郎】【勇気凛凛ルリの色
シェアブログ1152に投稿
欲望は伝染する…
その欲望は、誰のもの?

サロメ後継
角川書店
早瀬 乱(著)
発売日:2006-12
おすすめ度:4.0


内容(「BOOK」データベースより)
箱に納められた左手首には古い傷が無数に残り、指がない。
その指は手首が切断される何年も前から少しずつ切り落とされていた。
次々と現れる人体の一部。
その近くにいる者は、抗いがたい望みを抱く。
「欲望は伝播するんだよ」と言って老刑事は闇へと消えた。
そして―。
日本ホラー小説大賞からデビュー、
2006年江戸川乱歩賞受賞の新鋭による、
世界を揺るがす驚愕のホラー文学。



自らの肉体を切り刻むことで、欲望を伝染させる力を持つという謎の人物と、
その人物を取り巻き、欲望の闇に引きずり込まれた者たちの、サスペンス・ホラー物語。

うおおおおお!!
ぞくぞくしますなぁ。
ミステリ(?)はこうでなくっちゃ!!と言える作品。
とにかく何だかとてもスゴイ。
あぁ、うまく言えないな。
この臨場感・スピード感、迫りくる恐怖、
…そして湧き上がる欲望…が、ひたひたと迫ってくるのが聞こえそうです。

自傷行為や精神障害をテーマの中心に置いてはいるものの、
それを単なるホラーにとどまらせず、
戯曲『サロメ』や旧約聖書『ヨブ記』を、
格調高くテーマになぞらえてあるのが印象的でした。
前半~中盤にかけて張り巡らされた伏線は、
後半一気に、怒涛のクライマックスとなって押し寄せてきます。
まさにこの「筆力」にただただ感服。
戯曲仕立てになっているので、『サロメ』を知っている方や、
またたびたび旧約聖書からの引用が出てきますので、こちらに詳しい方が読めば、
もっともっと物語を楽しめるかと思われます。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございます。
ぱんどらの本箱
まったり読書日記

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【サロメ後継】【早瀬乱
ヘタレオオカミさんからいただきました。
ワタクシの肉筆大公開!!
ってそんな大層なものでもないです。ゴメンナサイ。

筆記バトン

1.タイトル。
2.なまえ(HN)。
3.なにか一言。
4.なにか落書き。
5.自分の字どう思う?
6.いまお気に入りの○○!
7.次に回したい人を5人。

関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
『ダーリンは外国人』シリーズで一躍有名になった、
小栗左多里さんの「プチ修行」体験エッセイ。

プチ修行 (幻冬舎文庫 お 28-1)
幻冬舎
小栗 左多里(著)
発売日:2007-08
おすすめ度:3.0


こ…これは!!
おもしろすぎですっ。
いや、修行されてるご本人達は必死だと思うのですが、
傍から見ている我々にはむしろおかしすぎです。

※電車内などで読むのはやや危険かと思われますご注意を

なんて書きたくなっちゃうもん。
エッセイもおもしろいですが、やはりマンガの部分がっ…(*≧m≦*)ププッ

あわわ、内容に全然触れてないですね。
小栗さんの体験した「プチ修行」は以下の通り。
どれも日帰り~2泊3日くらいの、軽めのもの。

・瞑想
・写経
・座禅
・滝
・断食
・座禅~Part2~
・お遍路
・内観


こうやってみてみると、修行っていっぱいあるんですねぇ。
それを次々とこなした小栗さんってば、結構すごい…かも?です。
それぞれの修行にはやはりマナーというか決まりごとがあったりして、
それに対していちいちツッコむ小栗さんがナイスです。
雑念バンザイ!!

そんな中でも私が「やってみたいなー」というのは、
断食内観
断食はもちろんダイエット目的…ってそんなこと言ってる時点で修行者失格!?
内観は、客観的に自分を見つめなおすことができそう、と思ったから。
少々ウツ気味な私は、ともすると「~せねば」「~であるべき」思想にハマってしまうのですが、
自分が他人(親も含めて)から何をされて、どう思ったかを客観的に問い詰めれば、
行き詰ったココロが軽くなるかな~とか思ってみたり。
アレ?でもこれって瞑想とか座禅とかと行き着くところは一緒?

要するに、人は自分自身を探したいのかもしれませんね。

本作では「プチ」というだけあってホント修行の入り口を垣間見たって感じですが、
おそるおそる垣間見る感じが逆にライトでおもしろかったデス。
小栗さんファンの方はゼヒどうぞ。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【小栗左多里】【プチ修行
シェアブログ1152に投稿
動物と暮らすのは大変なことだ。
食事、トイレの世話、散歩、急病時の対応、いずれ訪れる死への覚悟…
それでも動物と暮らすことは、何よりも替えがたい幸福な瞬間の連続だ。
本書は殺処分(こんな言葉、使いたくないのだけれど)間近だった、
ゴールデンリトリーバーのリラと、
飼い主であり雑誌編集者で仕事に忙殺される日々をおくるキャリアウーマン、藍の物語。

一分間だけ
宝島社
原田 マハ(著)
発売日:2007-04-08
おすすめ度:5.0


内容紹介
第1回日本ラブストーリー大賞受賞作『カフーを待ちわびて』から1年。
原田マハの受賞第1作。
女性ファッション誌の編集者・藍は、恋人と愛犬リラと3人で暮らす。
毎日仕事で終電なのに、朝は少し早起きしてリラの散歩をする。
リラのために郊外にも引越した。
通勤時間は長くなったけれど、すべてがうまくいっているはずだった。
仕事に恋愛にペットにと生活に忙殺されるうち、
いつしか藍は、大切な何かを見失っていく。



こーれーはー、ヤバいっす。
冒頭から涙腺ぶっ壊れてました。
動物と一度でも一緒に暮らしたことのある人なら、必ず共感できる物語だと思う。
ぱらぱらとした詩のような文章でとても読みやすいが、
語りかけてくる内容はとても濃く、ずっしりと重く切ない。

仕事も恋愛もまだまだ諦めたくない藍が、
ほんの一瞬、リラを疎ましく思ってしまうシーンが、
今でも頭にこびりついて離れません。
ウチでも猫3匹、犬2匹と一緒に暮らしているのですが、
その世話を一手に引き受けている母はいつも忙しそうです。
(なら、手伝えよって話ですが。いや、散歩は一緒にいきますよ、朝だけ…)

自分にとって何が一番かけがえのない大切なものなのかを、
考えずにはいられない作品です。

おそらく犬にとっては十二時間でも一分間でも同じなのだ。
いちばん好きな人と離れ離れになってもう一度会えたときの嬉しさに、
長い短いなんてないのだ。



普段あまり犬の世話をしない私にでも、
ウチの犬たちは、外出から戻ってきた私を見て、
はちきれんばかりの喜びを全身で表現します。
その点猫ってば淡白なもので、「あ、いたの?」くらいですが(笑)
(猫のそんなツンデレっぷりがたまらなく好きでもあるのですが…)
そういう犬の習性をみてると、ときどき、
こんなこと思っちゃダメなのかもしれませんが、
なんだか可哀想に思えてなりません。
彼らが充実した一生を全うできるように、
ほんの少しでも、彼らが嬉しいと思える時間を共有できたらいいなと思いました。

ちなみに…藍を見ているとつい『働きマン』を思い出してしまうのでありました。
編集者って、私のアコガレなんですが、さぞキビシイ世界なんだろうなぁ…
ヘタレな私にはとうてい勤まりそうもありません(泣)

働きマン (1)働きマン (2)働きマン 3 (3)
Amazy


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
うらひろ

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【原田マハ】【一分間だけ
では実際に通信教育ではどんな勉強をするの?
という方のために、取得が必要な科目を書き連ねてみました。

※近畿大学通信教育部の場合
※( )内は単位数
----------------------------
■必修科目■
<通信授業科目>
生涯学習概論(1)
図書館概論(2)
図書館経営論(1)
図書館サービス論(2)
情報サービス概説(2)
図書館資料論(2)
専門資料論(1)
資料組織概説(2)
児童サービス論(1)

<面接授業(スクーリング)科目>
レファレンスサービス演習(2)
情報検索演習(2)
資料組織演習(2)

■選択科目■(以下から3単位分を選択)
図書及び図書館史(1)
コミュニケーション論(1)
図書館特論(1)
情報機器論(1)
図書館実習(1)
--------------------------------
上記計23単位が修了に必要です。

選択科目は、私は歴史が大の苦手なので(笑)、
『コミュニケーション論』『図書館特論』『情報機器論』
の3科目を選択しました。

気になる(?)テキストの分厚さは、B5版でだいたい5~10mm。
結構分厚く、どれもボリューム満点です。

通信授業の科目は、それぞれの科目に対して
・レポート提出(2,000字程度)
・科目終末試験
があり、レポートを『提出』すると科目終末試験の受験資格が得られます。
(レポートが不合格でも試験は受けられます。)
当然ですが、最終的には、レポート・試験どちらも合格しないと単位がもらえません!!
どちらもなかなか難題ぞろいです。

面接授業に関しても大体同様で、
出席状況や、講義中に行われるレポートや試験で単位が認定されるようです。

試験は本校(近畿大学)の他に、全国(学外開場)で実施されるので、
地方にお住まいの方でも問題ありません。
しかし、近畿大学の場合、試験日程は年に10回で、
本校と学外が交互に行われます。
本校で5回、学外で5回です。
(10月は本校、11月は学外会場、12月はなくて、1月は本校…という具合)
私の場合、本校(東大阪市)にもラクラク日帰りの距離ですし、
地元神戸でも試験が行われるので、
頑張ればほぼ毎月試験を受けられることになります。

一回の試験では、最大4科目まで受験できます。
(午前中に2科目、午後に2科目)
午前の部 一科目受験の場合:試験開始10:30、提出可能11:00、修了時刻11:20
     二科目受験の場合:試験開始10:30、提出可能11:00、修了時刻12:10

午後の部 一科目受験の場合:試験開始13:30、提出可能14:00、修了時刻14:20 
     二科目受験の場合:試験開始13:30、提出可能14:00、修了時刻15:10

実質一科目あたり50分ですな。
二科目受験の場合、科目ごとの時間配分は任意です。
※午前の部、午後の部でそれぞれ受験できる科目が決まっているので、
 あらかじめ年間の計画をよく立てることが大切です。 

試験の機会が意外と少ないのがオドロキでした。
毎週くらいの日程であるのかと思ってた…(^-^;
関連するタグ 【図書館】【司書】【通信教育
ダ・ヴィンチ 9月号ダ・ヴィンチ 9月号ダ・ヴィンチ 9月号あまなつAdhover ダ・ヴィンチ 9月号
ダ・ヴィンチ 2007年 09月号 [雑誌]

京都地図本―歩きたくなる (エルマガmook)
大阪地図本―歩きたくなる

こないだ買った『神戸地図本―歩きたくなる (エルマガmook)』が良かったので、
大阪版・京都版も購入。
特に京都本は見所が満遍なく掲載されていて、
地図もすごくわかりやすい。
ガイドブックって結局『グルメ』に偏りがちに思うのですが、
このシリーズはグルメはもちろん、雑貨屋さんや洋服屋さんまで、
幅広ーく案内されているのが嬉しい。
そしてなんといってもリーズナブル。



『楽園(上・下)』宮部みゆき
私が語りはじめた彼は私が語りはじめた彼は私が語りはじめた彼はあまなつAdhover 私が語りはじめた彼は』三浦しをん
フィンガーボウルの話のつづきフィンガーボウルの話のつづきフィンガーボウルの話のつづきあまなつAdhover フィンガーボウルの話のつづき』吉田篤弘
ボロボロになった人へボロボロになった人へボロボロになった人へあまなつAdhover ボロボロになった人へ』リリー・フランキー
プチ修行プチ修行プチ修行あまなつAdhover プチ修行』小栗左多里
『冷たい校舎の時は止まる(上・下)』辻村深月

楽園 上 (1)楽園 下私が語りはじめた彼は (新潮文庫 み 34-5)
フィンガーボウルの話のつづき (新潮文庫 よ 29-1)ボロボロになった人へ (幻冬舎文庫 り 1-3)プチ修行 (幻冬舎文庫 お 28-1)
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)
Amazy


宮部さんの新刊!!
でもどうやら『模倣犯』を読んだ方が楽しめそうですね!?
あぁ、まずそっちを読まねば…
リリーさんは初読み。
な…なんだかタイトルに惹かれて…
い、いや、決して私がぼろぼろの訳では…ははは。
辻村さんも初読み。
印象的な表紙がずーっと気になっていて、待望の文庫化!!

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
大人気!!成風堂書店シリーズ第3弾!!
成風堂には今日も忙しい業務の中、色々な怪事件・珍事件が待ち受ける…

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ
東京創元社
大崎 梢(著)
発売日:2007-04
おすすめ度:4.5


今日中にこの本を図書館に返さねばならないので、
大急ぎで感想文書いてます…( >o<)~ノ☆

本屋勤めしていた頃を懐かしく思いながら(って言ってもほんの2ヶ月前のコトだけど)
読みすすめていきました。
朝の激戦時間帯のシーンや(意外と朝が一番忙しい)、
付録の付け外しの煩わしさ(付録をヒモやゴムで取り付けるのは書店員のシゴト)
取り寄せに関するトラブル(本が来ない、注文と違う、受け取りに来ない)ナド…
さすがにこのあたりとってもリアルで、
「これから書店に勤めたいなー…」
と思ってる方のガイドブックにもなるんじゃないかというくらいの、
書店業についての細かい描写が、リアリティを感じさせられます。

今回はまた短編に戻りましたね。収録作は以下の通り。
・取り寄せトラップ
・君と語る永遠
・バイト金森君の告白
サイン会はいかが?
・ヤギさんの忘れ物

単行本にしては珍しく、解説があります。解説は北上次郎さん。

個人的には表題作のサイン会はいかが?「ヤギさんの忘れ物」が好みでした。
というか…正直に申しますと…
最初の3編はどうも物語の世界にハマりきれませんでした…
ミステリというには謎解きが多少強引な気がしますし、
謎の答えが多絵ちゃんにしかわかっていないってのが、
読んでいるこちらまでイライラしてしまうのです~(私が短気なのか!?)
私としてはどちらかというと『読者にしかわからない』部分の描写の緻密さを、
ミステリーというものに求めてしまうんですよね。
読者である私は犯人が分かってるんだけど、
登場人物たちは物語の中で「ああでもない、こうでもない」とやりあっている…
そんな登場人物を見て、「実はね●●が××なんだよねー」とほくそ笑むのが、
私なりのミステリーの楽しみ方で、そんなミステリーが私の理想です。
まぁ、これは個人の好みの問題だと思いますが。
書店が舞台で、裏話的なエピソードも満載なので『書店好き』な方々にはウケるかもですが、
ミステリーとしてはあまり期待しない方がよかったかもしれません。
むしろ『ミステリー』なんて仰々しく掲げなくてもいいんじゃない?
と思いますが、どうでしょう。

そんな中でも「サイン会はいかが?」と「ヤギさんの忘れ物」はキラリと光っていました。
「サイン会~」は最後までハラハラドキドキさせられましたし、
「ヤギさんの~」はほんわか心温まるエピソードでした。

辛口意見も書きましたが、全編を通してみれば、
こういう短編集だとメリハリがきいていて、読みやすいですね。
個人的にはシリーズ大1作『配達あかずきん配達あかずきん配達あかずきんあまなつAdhover 配達あかずきん』の方が、
インパクトも強く好みなんですが、
本作でも本屋にまつわる色んなエピソードも満載ですし。
書店員の方、書店員になりたい方、ぜひご一読を!!

好きでないと勤まらない、よくそう言われるが、
好きであることさえ忘れるようなめまぐるしい毎日だ。



ほんとそのとおりだと思います。給料も決していいとは言えないし。
でも本を通して、人と人とが触れ合える、ステキな場所…それが書店。
私も、これからずっと本を書店を愛し生きていくのだろうなと思いました。

関連書籍
配達あかずきん晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>
Amazy


過去シリーズの感想はコチラ
配達あかずきん』『晩夏に捧ぐ

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
しんちゃんの買い物帳
<花>の本と映画の感想
苗坊の読書日記

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【大崎梢】【サイン会はいかが?
シェアブログ1152に投稿
近所に、
『ちょっと前の映画を二本立てで1,200円』
で観られるローカルな映画館があるのですが、
こないだそこで、
あかね空』と『それでもボクはやってない』
を観てきたんですよ。
あかね空 特別版 (初回限定生産)それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組)
Amazy

どっちもすばらしかったですが、
密かにお江戸ブームな私には『あかね空』にぐっときまして、
(主演の内野さん・中谷さんも好演であった!!)
帰りがてら本屋で原作をゲットした次第で、
しかも、その日のうちに読了してしまうという暴挙にでたわけです。
いや、それくらいよかったんですって。

というわけで、『あかね空』です。
この本とても親切で、時代物によくあるモンダイ、

・今何時かわかんない
・どのくらい長いのか広いのか重いのかわかんない


ってモンダイがクリアされてるんですよ~。
ちゃんと注釈がついていて、お江戸初心者にも優しい本です(笑)
まぁ、興ざめっちゃあ、興ざめですがね。

前置きが長くなりましたが、ここからが感想です。
私は映画を観て、結末を知ってはいたのですが、
それでも十分楽しめるくらい、奥が深い作品でした。
やっぱり、原作はすごいなぁ、と唸らされます。

あかね空
文藝春秋
山本 一力(著)
発売日:2004-09
おすすめ度:4.5


内容(「BOOK」データベースより)
希望を胸に身一つで上方から江戸へ下った豆腐職人の永吉。
己の技量一筋に生きる永吉を支えるおふみ。
やがて夫婦となった二人は、京と江戸との味覚の違いに悩みながらも
やっと表通りに店を構える。
彼らを引き継いだ三人の子らの有為転変を、
親子二代にわたって描いた第126回直木賞受賞の傑作人情時代小説。



京から江戸へ下り、京風の豆腐を作り続け、こだわりぬいた栄吉、
それを陰日なたで支えたおふみ。
やがてふたりは夫婦となり、共に『京や』を盛り立ててゆき、
そして子供たちへとその思いは伝えられてゆく。

栄吉の職人気質、おふみの女っぷり・母っぷり、
長男栄太郎のダメっぷり(ホントこいつのせいで!!)、
次男悟郎と長女おきみの苦悩…
家族というものにつきものの、独特の喜びや苦悩が、
色鮮やかに描かれています。

特筆すべきはやはり、この家族がもつすれ違いゆえの苦悩と、
苦悩の先にある喜びや幸せであると思います。

家族って不思議なもので、
近づけば近づくほど反発しあい、気持ちが離れていくことってありますよね。
とくに親子間のそれは、江戸だろうが現代だろうが変わらないものなのでしょう。
本書に出てくる家族はまさにそんな感じ。
相手を思いやるからこそ、その思いがつよいからこそ、
わずかなすれ違いが、大きな溝や壁を作ってしまう。
でもその溝や壁を乗り越えた時、
その先には強固な絆というものを手にすることができる…

結局のところ、一番オイシイ役どころは傳蔵だったのかなと思う今日この頃。
映画でもかっこよかったです。

そうそうそれと。
栄吉の京言葉が、なんともなごみます。
さっそくおいしい豆腐が食べたくなりました(単純)。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【あかね空】【山本一力
せっかく司書を目指して勉強しているので、
その足取りを残しておこうかと思います。
あくまで私の場合です~。
そこんところよろしくです。

<司書を目指したきっかけ>
ズバリ、図書館で働きたかったから、です。
というか、本に関わる仕事がしたかったから、かな。

司書資格を取得するには、大きく2つの方法があります。
1.大学(短期・4年制)で司書課程を履修し所定の単位を修め卒業する。
2.司書講習を受講し単位を取得する。


また、通うのが困難な人のために通信講座も用意されています。
こちらは最短で1年間と長期間の講習になります。
途中、スクーリングなどがあります。
費用は講習と同じく10万円くらいです。
私が選んだのはこの通信講座です。

参照したサイト…われわれの館
特に『図書館員になるには』がとても役に立ちました。
司書になるための資格要件などにもくわしく触れられています。
司書を目指す方はぜひご一読を。

ちなみに通信制がある大学で司書の資格がGetできるのは

帝京平成大学:http://www.teikyo-u.ac.jp/heisei/heismain.htm
聖徳大学短期大学部:http://www.seitoku.ac.jp
聖徳大学:http://www.seitoku.ac.jp
明星大学:http://www.hino.meisei-u.ac.jp/dce/
玉川大学:http://www.tude.tamagawa.ac.jp/
近畿大学:http://wsb.cc.kindai.ac.jp/tsushin/index.htm
佛教大学:http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/

などです。
通信とはいえ、面接授業(スクーリングという)が必要な単位もあることから、
私は実家に近い近畿大学を選びました。
他にも試験などでその大学に行くこともあることを考えれば、
自宅に近い大学を選ぶのが何かと便利だと思います。

<司書資格があれば図書館で働けるのか>
いつも通っている図書館の、
ちょっと偉いかんじの職員さんに突撃インタビューしてみました(笑)

現実は図書館に採用されるのはすごく難しいらしいです。
特に公共の図書館の場合、公務員試験に受からなければならない市町村もあります。
公務員削減がうたわれている今、公共図書館への就職はかなり難しいです。
一方、自治体によっては欠員が出た場合にスルリと採用される場合もあります。
これは各自治体によって異なるので、
図書館の職員や、教育委員会、人事局に問い合わせるのが一番かと思います。

私の住んでいる神戸市では、公務員の司書職は募集なしです。
(つまり正規の職員として図書館に採用・配属になることはない、ということ)
それでも私学の大学図書館などで時々求人があるので、
色々な方向にアンテナを張り巡らせ、
最後まであきらめないことが何より肝心かもしれません。

というわけで、実際に図書館で働くのはなかなか難しいことのようですが、
とにもかくにも、司書資格を持ってないと余計に図書館員への道が遠くなる!!
と思い、受講を決意しました。
(ちなみに司書資格を持っていなくても図書館員にはなれます
このあたりも『われわれの館』を参照してみてください。)

なにはともあれ、まずはパンフレット(募集要項)請求からです。
前途多難ではありますが、こうして司書資格への道を歩み始めたのでした。
関連するタグ 【図書館】【司書】【通信教育
7月の読了本です。

流星ワゴン流星ワゴン流星ワゴンあまなつAdhover 流星ワゴン』重松清…………感想はコチラ
そして私は一人になったそして私は一人になったそして私は一人になったあまなつAdhover そして私は一人になった』山本文緒
再婚生活再婚生活再婚生活あまなつAdhover 再婚生活』山本文緒…………感想はコチラ
ラス・マンチャス通信ラス・マンチャス通信ラス・マンチャス通信あまなつAdhover ラス・マンチャス通信』平山瑞穂…………感想はコチラ
ボーナス・トラックボーナス・トラックボーナス・トラックあまなつAdhover ボーナス・トラック』越谷オサム…………感想はコチラ
日々是作文日々是作文日々是作文あまなつAdhover 日々是作文』山本文緒
青空感傷ツアー (河出文庫)青空感傷ツアー (河出文庫)青空感傷ツアー (河出文庫)あまなつAdhover 青空感傷ツアー (河出文庫)』柴崎友香…………感想はコチラ
あしたはアルプスを歩こう (講談社文庫)あしたはアルプスを歩こう (講談社文庫)あしたはアルプスを歩こう (講談社文庫)あまなつAdhover あしたはアルプスを歩こう (講談社文庫)』角田光代…………感想はコチラ
あかね空あかね空あかね空あまなつAdhover あかね空』山本一力
きみはポラリスきみはポラリスきみはポラリスあまなつAdhover きみはポラリス』三浦しをん…………感想はコチラ
象の棲む街象の棲む街象の棲む街あまなつAdhover 象の棲む街』渡辺球…………感想はコチラ
神田川デイズ神田川デイズ神田川デイズあまなつAdhover 神田川デイズ』豊島ミホ…………感想はコチラ

12冊かー。
思ったより少ないな。
『ラス・マンチャス通信』でてこずったからなぁ。
月の後半は体調が思わしくなかったし。
そのせいか、エッセイや短編集といった比較的軽めの本がラインナップ。
最近長編がなかなか読めなくて、もどかしいです。

では!!今月の『●●賞』いってみましょう~!!
今月のダントツは…
『生きるって、幸せってなんで賞』
流星ワゴンラス・マンチャス通信ボーナス・トラック
Amazy


『流星ワゴン』と『ボーナス・トラック』には泣かされた。
『ラス・マンチャス通信』は泣く暇さえ与えられなかった。
どの作品も生きることと死ぬことを考えさせられた作品。

『私も一歩ずつ歩いていきま賞』
あしたはアルプスを歩こう (講談社文庫)

生きることは山を登るようなものである。
使い古した言葉のようだが、やはりそれだけに重みがある。

来月は久々に、

積読削減月間

にしようかと思います。
図書館で借りるとそればっかり読んでしまうから、
なかなか積読が減らないんですよ~っていうかむしろ増えてる?
調子がよければ、棚にどかんと乗ってる、
『模倣犯(上・下)』『屍鬼(上・下)』あたりにチャレンジしたいですな。
『楽園(上・下)』を買ってしまったことだし…

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ
えー、そういうわけで。

図書館で働くことになりました!!
(週に2~3日のバイトですが)

ついでに…
トップにも載せてますが、この際なので告白します。
(公にした方がヤル気もでそうだし)

実は今図書館司書の資格をとるため、大学の通信講座を受講中です。
そんな折見つけたのが図書館でのバイト。
勉強になるべく時間を割きたかったので、週2~3日ってのが魅力でした。

渡りに舟とは、まさにこのこと

というわけで、昨日面接に行ってきたのでした。
どうやら無事採用されたようです…(´▽`) ホッ
通勤がチャリで10分というのが大きかったのかも…

なんだか風向きが急に変わって、
身の回りががたんと動き出したような感じです。
いい方向に動くといいな、この歯車。

というわけで、このブログ、頻繁には更新できなくなりそうです。
それでも読書はベツバラってコトで、地味ーに更新していきますので、
今後ともなにとぞよろしくです

関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
6編からなる連作短編集。
それぞれの短編のタイトルがステキ。言葉のセンスのよさを感じます。
『いちごに朝霧、映るは空』
なんて、キュートさ全開ですよねっ!!
これはいわゆる『普通』の大学生活からはみ出してしまった人たちの、
ちょっぴり淋しく切なくオカシイ(笑)青春小説。

神田川デイズ
角川書店
豊島 ミホ(著)
発売日:2007-05
おすすめ度:4.0


登場人物がみんな健気でね、なんだか応援したくなるんだな~。
彼らが、いろんな人と出会い、いろんなことを経験することによって、
すこーしずつではあるが成長の様子がみられたりして、
それがこの作品の良いところであると思う。
あなたもきっと『童貞メガネーズ』を応援したくなりますよ!!

どの短編からも、自分の大学生活を思い起こさせてくれます。
イマドキ大学生の心理や、彼らをとりまく情景描写がとてもリアルな作品。
楽しかったことも苦い思い出も、
鮮やかに浮かんでは消えてゆく…そんな感じでした。
豊島さんがまだ若いっていうのもあるんだろうなぁ。
最近の若者をすごーく上手にとらえていて、
ちょっと前まで「最近の若者」であった私は、当時を思い出し、
大学生が抱える不安や悩み事に(今思うとたいしたコトではないのだけれど)
胸がキューンと切なくなってきたのでした。

イマドキの大学生は彼らなりに、毎日を充実させようともがいているのです。
冴えない自分にカツを入れ、モテたい一心で報われない努力をし、
それでも『特別』になれないとひとり涙をこぼす…
そんな大学生の何気ない(本人達にとっては重大な)日常が、
こんなにも愛おしく感じられるなんて!!
私ももうトシですかなぇ。
大学生というものはみんな、日常を謳歌しているように見えて、
実はそんなでもないんだという発想・着眼点がスゴイなぁと思いました。
だらしな系若者を描くといえば、私は角田さんを思い出すのですが、
豊島さんの描く若者は、もっとポップでキュートでスウィートですネ。

今まさに「最近の若者」である人にも、かつてそうだったオトナにも、
ぜひオススメしたい作品です。

印象的だったのは『花束になんかなりたくない』でした。
ご自身の実体験でしょうか。
これは結構内容が重く、ズーンときました。
豊島さんの想いが、ぎっしり込められた力作です。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
まったり読書日記
粋な提案
ナナメモ
本のある生活
しんちゃんの買い物帳
こじつけ☆読書ろく
読者大賞blog

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【神田川デイズ】【豊島ミホ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。