凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
20090128095807
昨日まみみさんとお食事してきました~
場所は以前職場の忘年会でお世話になった、
有機野菜をふんだんに使ったお店。
かぼちゃを半分使ったグラタンが名物。
コレ皮までおいしく頂けるんですよ~

まみみさんとはかなりお久しぶりだったのですが、
お互いの仕事や今後に一喜一憂…十憂くらい…したものの、
イチバンの盛り上がりは、やはり、本
最近の読書やオススメについてわーわー語り、
図書館のお笑い話でげらげら笑ってました。

笑うっていいね。

お料理がすんごいボリュームで、翌日どーなることかと思いましたが、
野菜メインのためか、全然もたれることなく、
むしろ今おなかすいてます…(〃▽〃;)
スポンサーサイト
関連するタグ
20090112025431
今日は、いとこのお家へ遊びに行きました~・・
昨日久々に会ったら、
いとこの娘ちゃん(小3)が、私の作った雑貨をいたく気に入ったらしく、
今日一緒に作ることにしたのでした。

…とはいうものの、私が好んで使うような、
輸入素材や高価なスタンプではなく、
どこでも手に入る、包装紙や、おしゃれなカフェのパンフを再利用・です。
使わなくなったノートの表紙を自分好みにコラージュして、
オリジナルノートを作りました・

しかしまぁ…
子どもに教えるって難しい
ゴールまで手取り足取りではなく、
困ってそうなとき、ちょっとだけヒントをだしてあげる、
このバランスが難しい~・
でも、
あーでもないこーでもない、とぐるぐる考えて、
頭も手もフル回転、まさに試行錯誤を実践してほしーなぁと思うのでした。

思うに、最近は世の中の流れが早すぎて、
失敗してる時間は無駄みたいな風潮だけど、
たーくさんの失敗と悔しい思いは、
必ず次へのエネルギー・になるのよね。

堅いはなしはさておき、
散々あーでもないこーでもないと頭をひねって、
最後に「今日だけの特別」ということで、
お子様にはちょっと値・の張るスタンプを、好きなところに押して完成
これからも、あーでもないこーでもない、をたくさん経験してね(*^m^*)・
関連するタグ
地元民なのに、その存在すら知らなかったのですが、
昨日から3日間にわたってお祭りだそーです。

職場の目の前で!!

いーなー。
昼からビールにつまみ…

まさか仕事中に行けるはずないので、
お昼休みにマイミクでもあり、仕事仲間のピースケさんとぶらり散歩しました。
初詣もついでにすませましたよん。
ってついででいーのかなあ!?

おみくじは…

凶…………!!!!!!!!!!

orz..orz..orz..
がーんがーんがーんがーん。

どうりで初日から転倒するわけだ(笑)
気を取り直しつつもビミョーにうなだれながら祭りをちょい堪能しました。
2枚目の写真は終業後に撮った職場からの風景
外が暗かったので、書架が窓ガラスに映りこみ、
なんとも不思議系な写真に…
偶然の賜物に浮かれていたのに、
ピースケさんには「シュールだ…」と言われました。
猛反論したけど今みると確かに心霊写真っぽく見えなくもない…かも?

やはり今年は凶なのか…orz
関連するタグ
にわかには信じがたい話ですが、



これは実話をもとにした完全ノンフィクションです(笑)
要するに実話です。


2009年初出勤の今朝(チャリ通です)………
[コケ初め]の続きを読む 関連するタグ
今日から仕事でっすビックリ
年末年始のお休み中に、雑貨をひとつ作りました絵文字名を入力してください



手のひらサイズのバインダーハートですっ。
今日から新しく担当することになった仕事があるので、それにあわせてちょっと作りました~はさみぎざぎざ
ふるーい図書館なら置いてあるとこもアリですが、目録カード入れのひきだしサイズに合わせて作りました。
コレにある名簿を挟んで、月末ごとに管理するのです~。


インデックスをつけて、五十音順でも並べやすいように…アップロードファイル


材料は、下地右いらないボール紙とコレクション(笑)のキレイな紙です。



こちら絵文字名を入力してくださいの本を参考に作りました。
みているだけで楽しいですよ~ハート

気持ちを伝える手づくり文房具―ありがとうのかわりにひと手間かけるモダン千代紙でつくる紙小物
Amazy
関連するタグ 【手づくり】【雑貨
シェアブログ1152に投稿
翻訳家岸本佐知子さんのエッセイ、第2弾。
本作もぶっちぎりにおもしろかったです。

ねにもつタイプ

内容(「BOOK」データベースより)
観察と妄想と思索が渾然一体となったエッセイ・ワールド。
ショートショートのような、とびっきり不思議な文章を読み進むうちに、
ふつふつと笑いがこみあげてくる。





物事に対する感性やそれを言葉にするセンスが抜群なんだろうなー。
とってもとってもシュールなのがたまらない。

エッセイといっても決して日記・雑感を書きとめておいたようなものではなく、
まさに『エッセイ』という作品、なんですね。

『気になる部分』もそうでしたが、
内容のどこまで本当なのかそうじゃないのか、よくわからない。
そして少し前の海外の作品は、(自分の読解能力が乏しいとしても)よくわからない。
冷静にみつめると、この人(たち)、相当ヤバイ(笑)絶対に違う世界に生きている。
でもそんなことはどーでもよくて、
ただただ、そこに書かれている文章と文章が刻むリズムに乗っていくだけなのです。
それはまるで、初めて聴く音楽に揺られるような、そんな感じです。
だから、変な解釈や、講釈、意味づけ、テーマづけは、まったくのナンセンス。

「この作品で作者がいいたかったことは…」

なんて問いは、昨今の入試問題だけに関わらず、
すべての読書において愚の骨頂たる質問です。

作者が言いたかったことなんてどうでもいい。
そのとき彼女がどう感じたかなんて、それこそどうでもいい。
一番大切なのは、
本を読んだ私が、何を得、何を感じたかということなのです。

読書には大きく2つの楽しみ方があって、
ひとつは、
・物語そのもの、虚構の世界に構築されたお話を楽しむ読み方
ふたつは
・文字そのもの、文体、レトリックを楽しむ読み方
が挙げられるのではないかと。

最近ようやく、後者のような楽しみ方をできるようになったかなーと思うのです。
そんな楽しみを発見できたのも、ひとえに、
エンターテイメントとしての娯楽小説だけでなく、
昔から愛されてきた、今日の文学の礎であり名作としての『文学』たるものに、
すこしずつ出会ってきたからなのかな~と思うのです。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【岸本佐知子
ずーーーーーっと放置していた読書メーターにこんな便利な機能が!!
これなら記事にしなかったけど読んだ本まできっちり暴露できますね!?
(去年のような企画はできなくなってしまうけど)
ありがたーく使わせていただきますっっ(ほんっきで嬉しい)

12月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:2651ページ

ファミリーポートレイトファミリーポートレイト
ほとばしる狂おしいまでの愛、鮮血のように真っ赤な愛。唯一絶対の存在としての母。存在するために発する痛々しい叫び。なにもかもが真骨頂。
読了日:12月10日 著者:桜庭 一樹
精神科ER 緊急救命室 (集英社文庫)精神科ER 緊急救命室 (集英社文庫)
読了日:12月12日 著者:備瀬 哲弘
書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記
浴びるように飢えた獣のように活字を貪ってみたいと思いました。本当にできるのかどうかは別…(;´Д`)
読了日:12月15日 著者:桜庭 一樹
この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ) (よりみちパン!セ)
読了日:12月18日 著者:西原理恵子
推定少女 (角川文庫)推定少女 (角川文庫)
読了日:12月22日 著者:桜庭 一樹
親子という病 (講談社現代新書)親子という病 (講談社現代新書)
親子、特に母娘は、それ自体が既に病、という趣旨に安心させられた。
読了日:12月24日 著者:香山 リカ
言葉のチカラ―コミュニケーションレッスン言葉のチカラ―コミュニケーションレッスン
平易でなじみやすいのでとても読みやすかった。ちょっとの心がけで随分違ってくるものです。
読了日:12月24日 著者:香山 リカ
残念な彼たち残念な彼たち
読了日:12月25日 著者:マーチン
怒りのソウル―日本以上の「格差社会」を生きる韓国怒りのソウル―日本以上の「格差社会」を生きる韓国
雨宮処凛という人は個人的には結構好きなのだが、本書ではだいぶ『偏ってる』なぁ…という感がぬぐえないかなぁ…
読了日:12月28日 著者:雨宮 処凛
ねにもつタイプねにもつタイプ
エッセイという文学にふさわしい!!と思えるエッセイ。書いてある事実がもちろんおかしすぎるのだが、書き方がそれはもうすんごく巧い。
読了日:12月30日 著者:岸本 佐知子
みえない未来相談室。―すきなコトを仕事にする方法 (14歳の世渡り術) (14歳の世渡り術)みえない未来相談室。―すきなコトを仕事にする方法 (14歳の世渡り術) (14歳の世渡り術)
読了日:12月30日 著者:なかがわ みどり,ムラマツ エリコ,k.m.p.
関連するタグ 【読書】【感想文
シェアブログ1152に投稿
作家であり屈指の読書家でも知られる、桜庭一樹さんの読書読書以外日記、第2弾!!

書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記
内容(「BOOK」データベースより)
きょうも早くおうちに帰って本を読もう―
作家・桜庭一樹は稀代の読書魔である。
春には穴居人生活をしつつ、冬にはコタツで亀になりながら、
今日も今日とて本を読むのだ。
『赤朽葉家の伝説』日本推理作家協会賞受賞から
『私の男』直木賞受賞までの耽溺の日々。




編集者K島さん言うところの<初期の代表作>『赤朽葉家の伝説』から、
『私の男』上梓から直木賞候補→受賞→未知なる怒涛の生活…
までが、膨大な本とともに紹介されている日記です。
第1弾の『桜庭一樹読書日記』よりも、数段マニアックになった感じが…
私のようなヘタレ読書家(家、とつけるにもおこがましい…)には、
あーまーりーにーもー、内容が濃いです。

はっきり言って、
作中の文壇話にほっとんどついていけませんっ(泣)

いちおうタイトルを知っている、と言う本は数冊ありましたが、
読んだことのある本って、果たして…
前作に引き続き、どれもこれも桜庭さんの血となり肉となったであろう本が、
たーっくさん紹介されています。
紹介が至極あっさりしているのも魅力的で、
よくわからないからこそ読んでみたい、って気になるのもまたいいです。

そしてあんな膨大な本を読んでいるにもかかわらず、
どれも深い読み方で、それがどんなに昔読んだ本であろうが、
細部にわたって再現して解釈して見せ、議論を交わすあたりがもう、プロ。
最新作『ファミリーポートレイト』にも登場する文壇バー、
ほんとうにあんな感じなのかしら…

夜を徹するのも、
誰かと語るときに喧嘩になるのも厭わないくらいの情熱を持てる何か、
ってステキですね。

まったく話は変わりますが。
今お仕事で、

除架リスト本抜き作業

というのをやっているんですが。
どういうものかといいますと、
図書館と言っても棚のスペースは有限で、
未来ある新刊様のために、古参には引退いただく、ということです。
…つまり、あまり読まれていない本や、ふるーい本を、
リストに沿って本棚から強制連行するという、
ヒトラーも真っ青(嘘)、もない現代版図書館内ホロコーストです(言いすぎ)。
※すぐに抹殺されるわけではないです(念のため)

で、こないだ海外文学の文庫を殺ってやっていたのですが、
ふと桜庭さんや周りの編集者さんたちの顔が思い浮かび、
「Σ(゚Д゚;エーッ! それを抜いちゃうの!?」
「Σ(゚Д゚;エーッ! それ絶版本…」
「Σ(゚Д゚;エーッ! それ作者唯一の短編…」
「Σ(゚Д゚;エーッ! それ幻の初版…」
とかいろいろいろいろわめきたて、
文学に疎い私がこんなホロコーストに手を染めてよいのだろうか云々…
と考えるわけでした(笑)
あ、でも何冊かは、個人的な趣味と独断と偏見で、棚に残したものもあります。


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は所持本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
関連するタグ 【読書】【感想文】【桜庭一樹
明けましておめでとうございます
関西は穏やかなお天気です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか~。

Rutileは正月から猫と一緒に布団に潜り、
弟の北海道みやげである、
生チョコ生キャラメルチーズケーキを貪り喰いながら、
もくもくと本を読んでます

2009年も先行き不透明な幕開けですが、
ささやかに幸せな日々を願う次第です。

今年もよろしくお願いします
関連するタグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。