凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
なんと恩田さん初読みでございます。
とりあえず代表作を…と思い手にした『夜のピクニック』。

すっっっっっっごい、よかったーーーーーー(・∀・)キュンキュン

北高名物の学校行事「歩行祭」。
全生徒が夜を徹して80kmの道のりを一泊二日で歩き通す伝統行事。
本作ではそのスタートからゴールまでを、ただひたすらに描いてあるのです。
こんな作品紹介では「え、それだけ?」と思わなくもないですが、
「それだけ」に終わらないところがこの作品のすごいところです。
登場人物みんなが―――これがまた多彩なのだ―――
それぞれが抱える思いを胸に秘めてこの歩行祭に臨むのですが、
その心理描写はお見事!!のひとことに尽きます。
特にこの作品で描かれる『友情』が、この上なくすばらしいと感じました。
友情だけでなく、人物同士の秘密や葛藤のこまやかな描写が印象的でした。

私にとって学生時代というのは、ほんとうに特別な時間で、何事にも代えがたいものです。
そしてそういうことは、学生じゃなくなってから気づくのです。
なんでもない日常や、友達との他愛ないおしゃべり、
決して楽しいことばかりではなかったし、その時なりの悩みも抱えていたけれど、
あのキラキラした時間―――そう言えることはとても幸せなことですが―――
はもう二度と戻らないのだなぁと思うと、心にぽっかりしたものを感じます。
この作品は自分にとっての「あの頃」を思い出させてくれる作品です。
誰もが持っている大切なあの時間を、この作品は彩りを添えて呼び戻してくれました。

何かの終わりは、いつだって何かの始まりなのだ。



ああ、なんて清々しい言葉なんでしょう。
読後は心地よい疲労感と、爽快感、そしてほんのすこし寂しい…
そんな色々な感情にこころ揺さぶられること間違いなしです。

夜のピクニック
新潮社
恩田 陸(著)
発売日:2006-09
おすすめ度:4.0


内容(「BOOK」データベースより)
高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。
それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。
甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて歩行祭にのぞんだ。
三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために―。
学校生活の思い出や卒業後の夢などを語らいつつ、親友たちと歩きながらも、
貴子だけは、小さな賭けに胸を焦がしていた。
本屋大賞を受賞した永遠の青春小説。



あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
まろ茶らいふる
風と雲の郷(読書と時折の旅と・・)
苗坊の読書日記
ひなたぼっこは3時まで
本のある生活
+ ChiekoaLibrary +
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【恩田陸】【夜のピクニック
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ~^^
いいですよね~。私もとても好きです。
杏奈のいうとおり、ただ歩いているだけなんですけどね。
でも、とっても清々しくて素敵です。
映画は見なかったのですが、どうだったのでしょう。
見るか悩んでるんですよね~
2007/04/14(土) 19:58 | URL | 苗坊 #OJ5zyajk[ 編集]
恩田さんの学園ものは懐かしさに溢れていて好きです♪
学生時代って人生のうちのほんのわずかなのに
心にはしっかり残っているんですよね。
2007/04/15(日) 20:26 | URL | とむぼん #-[ 編集]
こんばんは★
いいですよねーいいですよねー。
一泊二日の物語が、どうしてここまでふくよかに語られるのだろうかと、感心しきりです。
映画はどうなんですかね~。
新作値段じゃなくなったらみるかもです。
あぁ、でもイメージが確立されてしまうのがなんだかもったいないですよねぇ。
2007/04/17(火) 22:07 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
実は恩田さん初読みで、他の作品を知らないのですが、(積んではある…汗)
ぜひぜひ色んな作品を読んでみたくなりました~。
学生時代、甘美な響きですよね~。
あー、また高校生とか大学生をやりたいなあ!!
2007/04/17(火) 22:10 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんわー!
これは読んでからだいぶ経った今でも、思い出すと胸がきゅんとします。私も遠いあの頃を懐かしく思い出しました。いいですよね~。
2007/04/17(火) 23:20 | URL | june #-[ 編集]
こんばんは★
ホント懐かしいですよね~。
あの頃のあーんなことこーんなこと、
色々思い出して、あぁもう戻れないんだとちょっと淋しくもなりました。
ここまで心揺さぶる恩田さんって、やはりスゴイ。
2007/04/17(火) 23:26 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメント&TBありがとうございました。

>学生じゃなくなってから気づくのです。

 本当にそうですよね。
 学生の時に気づいてたら何か
 変わったのかなぁ。。w
 この本は高校時代に戻りたいと
 思わせてくれた1冊でした。
2007/04/21(土) 18:41 | URL | ゆき #-[ 編集]
こんばんは★
もし今、高校生に戻れるなら!!
…とか、考えてしまいますよね~。
自分が選ばなかったもうひとつの人生を歩んでみたくなるのが人間ってもんです。
高校生モノ、ハマっちゃいそうです~。
2007/04/23(月) 23:13 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/113-538ae57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。