凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
こういう『切ない系』は最後に何かあると踏んでいましたが…
うう…(言葉にならない)
あまりの衝撃でこの涙腺の弱い私が、一滴の涙も流せませんでした。
それくらい、切ない。

しかしそんな切なさの中にも愛があふれていて、
人を愛するということは、素敵なことなんだなぁと思いました。
そして愛するということには、痛みも伴うものなのですね。
歩太と夏姫・春妃、歩太の父と母、そして母と渋沢さん…
お互いを思いやれば思うほど、近くに寄れば寄るほど、
時には相手を傷つけてしまう…
そんな繊細な感情までも、淡々と描かれていて、それがむしろ印象的なのです。
ベタベタの恋愛小説なのに、ベタベタ感が少しもなく、
それがとても爽やかです。爽やかすぎて、すこし寒々しいくらいです。

なにやらこの話には続編『天使の梯子』があるらしいじゃないですか。
こないだブックオフで見つけたのですが、
引越しも控えてるしな…奥付見たらもうすぐ文庫化?とも思いましたので、
めーずらしく買いませんでしたが!!気になりすぎます。

天使の卵―エンジェルス・エッグ天使の卵―エンジェルス・エッグ
村山 由佳

集英社 1996-06
売り上げランキング : 57038
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容(「BOOK」データベースより)
そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。
19歳の予備校生の“僕”は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。
高校時代のガールフレンド夏姫に後ろめたい気持はあったが、
“僕”の心はもう誰にも止められない―。
第6回「小説すばる」新人賞受賞作品。
みずみずしい感性で描かれた純愛小説として選考委員も絶賛した大型新人のデビュー作。



↓関連商品
天使の梯子
村山 由佳
4087813193


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
苗坊の読書日記
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
コンパス・ローズ
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【村山由佳】【天使の卵
コメント
この記事へのコメント
この本を読んで、大人向けの村山さんに拒否反応が出ました。
こんなラストは苦手だなー。
だから「おいコー」しか読まないようになりました。
2007/05/18(金) 09:32 | URL | しんちゃん #Zk/lHUeI[ 編集]
こんばんは~★
ラストにはずがーんっとショックを受けました…
予想はしていたのですが…うぅ。
「おいコー」は未読です。
たくさんあるのでなかなか手が出せずじまいなんですよね~(^-^;
2007/05/18(金) 22:30 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんわ^^
この作品は、村山さん初読作品でした。
切ないですよね~
2人には幸せになってほしかったな~。
映画は不安もありましたが、結構あっていましたね。
ラストはびっくりですよね。
最初に読んだ時は、え~!!って思いましたよ。
2007/05/18(金) 22:53 | URL | 苗坊 #b8lS05/Q[ 編集]
こんばんは~★
個人的に小西真奈美さん大★ファンなので、
ぜひ映画観たいです~。
ラスト辛そうだけど…
今『天使の梯子』がモーレツに気になります。
やっぱ買えばよかったかなぁ…
2007/05/18(金) 22:59 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは!
ラストは衝撃でしたね。
『天使の梯子』が文庫化?
それはよいことを教えて頂きました。
図書館本なので文庫になったら買いたいと思います。
2007/05/20(日) 17:53 | URL | 雪芽 #6facQlv.[ 編集]
こんばんは~。
文庫化情報は確かなものではないのですが、
単行本発売から3年近くたっているようなので、
そろそろかなぁ…ということです。
もし誤解を与えてしまったらごめんなさい!!

『天使の卵』のラストは衝撃的だったけれど、
10年後を描いたという『天使の梯子』、
残された彼らがどういう人生を歩んでいるのか非常に楽しみです!!
2007/05/20(日) 22:15 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
Rutileさん、こんばんは。
着々と神戸に向けて進まれているようですね。
でも無理なさらずにね。

さて、この本は・・・。
もう大号泣でしたよ。
というか、泣きすぎて引きつけおこしそうに
なったぐらいぐじゃぐじゃでした。

確かにつらい。
確かにせつない。
でも、この本を読んでから、絶対に
ケンカを次の日に持ち越すのはやめようと思いました。
今日一緒にいられる幸せが無条件で明日には
続かないってことの恐怖感と、今ある幸せの
ありがたさに気づかせてくれた気がします。

そんなわけで、これはすごく好きで大切な本です。
今まで2回読みましたが、もう一度トライするには
かなりの気力と思い切りが必要そうです。
だって読んだあとやっぱりものすごいへこむもんなぁ(^^;。
2007/05/22(火) 19:22 | URL | しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集]
>今日一緒にいられる幸せが無条件で
>明日には続かないってことの恐怖感と、
>今ある幸せのありがたさに
>気づかせてくれた気がします。

いいこと言いますねぇ!!
今という時間は、本当に今しかない。
今という瞬間を大切に積み重ねていきたいですよね。

…私も再読にはじかんがかかりそうです…うぅ
2007/05/22(火) 19:39 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/135-f7ba2707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。