凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿


小児病棟を舞台に繰り広げられる、
歌姫看護師と彼女を取り巻く人々の、切ない医療ドラマ…
と言った感じでしょうか。

前作『チーム・バチスタの栄光』がじわりじわりと、
理屈を重ねて真相に迫っていくのに対し、
本作は、真相は早い段階で予想がつきました。
それでも最後まで、「そうだったのか!!」と思わせる伏線が張ってあるので、
なかなか楽しめたと思います。

そういう意味でミステリ色は色褪せた感がありますが、
網膜芽腫や白血病といった重病を抱える子どもたちが、
物語の横軸を成しているので、
前作よりもドラマチックな展開が楽しめました。
(でも途中、某有名ベストセラー恋愛小説のようなシーンが…!?)

それにしても…重病を抱えるということは
なんと痛々しく、残酷なんだろうか、と思いました。
それが小さい子であればあるほど、胸のつまる思いです。
本作で子どもたちが直面する運命を垣間見た時は、
やはり涙してしまいました。

物語の方は、相変わらず登場人物たちが個性豊かに描かれています。
ただ、あまりにも脇役達が立派過ぎて、
主人公(一応田口センセ…ですよね!?)の影が
ますます薄くなってしまったような…(涙)
また今回、白鳥の好敵手・加納の出現で、
あの白鳥も少しばかり弱ってしまったような!?
しかしながら、白鳥&加納のさりげなく互いをけなしあう(笑)会話は
実にテンポよく描かれていて、読んでいて小気味よかったです。
あーでも本来この役は田口センセの…

今回タイトルのナイチンゲールにもあるとおり、
『歌』がキーポイントになっているのですが、
歌に限らず音楽が人に与える影響というものは
計り知れないものがありますよね。
本作に登場する2人の歌姫、小夜と冴子の歌声を聴いてみたいものです。
欲を言えば彼女達が歌うシーンをもっと情緒豊かに表現してほしかったかなぁ。

最後に印象的なセリフをひとつ。
―――子供と医療を軽視する社会に、未来なんてないわ。

さりげないところに医者としての海堂さんの本音が
散りばめられているなぁと思いました。
きっと海堂さん、書きたいことがたくさんあるんだろうなぁ、と。
今回も本当にイロイロなエピソードが語られているのですが、
ひとつひとつもっと深く読みたいなぁと思いました。
今後の作品にも期待したいです。
最新作は『螺鈿迷宮』、う~ん気になるなぁ。


※この本は借りた本です。

※この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ナナメモ
猛読醉書
おいしい本箱Diary
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
たりぃの読書三昧な日々
本を読む女。改訂版
ひまさえあれば
本のある生活
ひなたぼっこは3時まで
のほ本♪
Book A GoGo!!! ~本の読書感想ブログ~
ありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト
関連するタグ 【ナイチンゲールの沈黙】【海堂尊
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
TBありがとうございました。

>きっと海堂さん、書きたいことがたくさんあるんだろうなぁ
私もそう思いました。
いろんな話がギュギュっと詰まっていて
ちょっともったいない感じがしました。
次回作も楽しみですね。
2006/12/18(月) 08:17 | URL | なな #lx48Me5U[ 編集]
ビビが真相がつく?
2006/12/18(月) 10:13 | URL | BlogPetのビビ #-[ 編集]
>ななさんへ
はじめまして、ご訪問&コメントありがとうございます(*^_^*)
海堂さんからは何かエネルギーみたいなものを感じるんですよね。
これからも現代が抱える医療問題などを、
バッサリ斬っちゃうような作品を期待したいですネ。

またのお越し、おまちしております!!
2006/12/18(月) 20:38 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは!
「子供と医療を軽視する社会に、未来なんてないわ。」この言葉には、私も共感しましたよ・・。最近特にこう思います。
子どもあっての未来なのに。海道さんには、これからも鋭い作品をどんどこ書いていってほしいですね!!
2006/12/18(月) 23:40 | URL | ERI #EigpeUzg[ 編集]
>ERIさんへ
はじめまして、こんばんは★
ご訪問・カキコ、ありがとうございますm(__)m
件のコトバにはほんとうにドキッとさせられました。
海堂さんの叫びが凝縮されているようで。
こういうお医者さんに、これからの医療を担っていってもらいたいものですよね。

またのお越し、お待ちしております~♪
2006/12/19(火) 00:15 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
「子供と医療を軽視する社会に、未来なんてないわ。 」のせりふについ、奈良県の大淀病院の事件を思い出してしまいました。。。
2006/12/19(火) 21:57 | URL | にゃんこ #vp8meGQs[ 編集]
>にゃんこさんへ
奈良県の事件に限らず、最近はこういう痛ましい事件があとを絶たないですね。残念です。
私たちにできることは少ないかもしれないけれど、
つねに問題意識をもっておくことが大切かと思いました。
無関心というのが一番怖いですよね。
2006/12/20(水) 00:46 | URL | Rutile #PZ4sMGLU[ 編集]
盛りだくさんでアホな私の頭の中はいっぱいになりました(笑)。
次は登場人物をもう少し減らしてもらって田口Dr.に活躍してもらいたいなぁと思います。
2007/01/26(金) 08:29 | URL | ユミ #Tipl/IsA[ 編集]
こんばんは★
私も田口センセの活躍を望む!!です。
あぁ、でも白鳥にも『チーム・バチスタ~』の頃の輝きを取り戻して欲しいですねぇ。
螺鈿迷宮、随分予約待ちしてるんですが、未だまわってこず…です。
う~ん、いつになることやら…
2007/01/26(金) 21:12 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
Rutileさん、こんばんわ。
田口センセの影薄かったですね。白鳥もバチスタの時はもっと強烈な変人だったような気がするんですが・・。
それでもやっぱり次回作「螺鈿迷宮」は楽しみです。もうすぐまわってくると思うんですが、早く読みたいです!
2007/02/06(火) 00:24 | URL | june #-[ 編集]
こんばんは~★
白鳥がイマイチ本領発揮できなかったのが、ちょっと残念でしたね。
『螺鈿迷宮』随分待ちましたが、ようやくまわってきました!!
juneさんのレビューも楽しみにしてますね('-'*)エヘ
2007/02/06(火) 01:01 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/14-f4363211
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ナイチンゲールの沈黙クチコミを見る # 出版社: 宝島社 (2006/10/6) # ISBN-10: 4796654755 評価:71点 チーム・バチスタの続編として、田口・白鳥コンビの活躍に期待して読んだのだが今ひとつ。 原因は明らかで風呂敷を広げすぎてきちんと畳めなくなってしま
2009/09/30(水) 23:49:49 | デコ親父はいつも減量中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。