凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
どのレビューを読んでも、たいてい「泣ける」とあったので、
泣くのダイスキ(?)な私は即買い求めたのでした。

結果は…
泣きました。号泣ですよ。

でもこれは決して悲しみの涙ではなく、
純真という真心に触れられた、喜びの涙に近いかも。

前半はミミズクの境遇のあまりの辛さに、
ページをめくる手が何度も止まってしまいました。
『愛』を知らない少女が、『愛』を知り、『愛』に生きる。
そのあまりにも一途で純真なこころに、胸を貫かれた思いです。
そして『愛』を知らなかった少年がもうひとり、クローディアス。
彼がミミズクと出会うことでどんどん変わっていくのがほほえましかったですね。
成長、とはこういうことをいうのだろうか。
孤独で一人ぼっちだったミミズクとクローディアスは、
たくさんの『愛』を知り、人となりました。

彼女達を取り囲む登場人物たちも、すてきな描かれ方でした。
皆、何かを失いそれを埋める何かを得ようと生きている。
失ったものがあるからこそ、優しくなれるのかもしれない。
登場人物全てが個性的であっただけに、彼らの物語ももっと読みたかったかも。
でもこのページ数でここまで読ませるのは、やはりすごいです。

まるで絵本を読み聞かせられているような…
詩のような文体が印象的でした。
この歌うような語り口が、よりいっそう切なさをかもし出しているのです。

人によって『愛』の捧げ方は異なるけれど、
誰かを大切に想うその気持ちが『愛』になるのですね。

なんだか照れくさいこと書いてしまったなぁ…(ノ´∀`*)

ミミズクと夜の王ミミズクと夜の王
紅玉 いづき

メディアワークス 2007-02
売り上げランキング : 2573
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
しんちゃんの買い物帳
寝ていられるのになぜ起きる?
☆長門有希ファンの図書館☆
ひなたでゆるり
+ ChiekoaLibrary +
ナナメモ
宙の本棚
今日何読んだ?どうだった??
ヘタレオオカミの文庫生活
マロンカフェ ~のんびり読書~
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【紅玉いづき】【ミミズクと夜の王
コメント
この記事へのコメント
Rutileさんこんばんわー

あぁっ、やっぱり!
入荷したときからスゴイ気になっていたんですよー。

お給料入ったら早速買わねば!
2007/05/27(日) 23:59 | URL | ヘタレオオカミ #wjeVlEzs[ 編集]
こんにちは。
優しさと愛が溢れてましたね。
同じく泣きました(笑)。
2007/05/28(月) 10:30 | URL | しんちゃん #Zk/lHUeI[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/05/28(月) 14:38 | | #[ 編集]
こんばんはー★
文庫担当の権限で(笑)独断で平台にしました。
懐かしい思い出です。
さくっと読めるので、しかも文庫でお安いので、お気軽にどうぞー。

読まれる際にはティッシュかハンカチのご用意を忘れずに(笑)
2007/05/28(月) 23:52 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
わかっていたのに泣いてしまいました。
よどんだ心がすこしキレイになった気がします(笑)
2007/05/28(月) 23:54 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
Rutileさん、こんばんは。

登場人物みんな優しくてポカポカしました。
「愛」があふれていましたね。
2007/05/29(火) 00:07 | URL | なな #lx48Me5U[ 編集]
こんばんはー★
愛を知ると、人間だけでなく、生きるものすべてがやさしくなれるのですねぇ。
流した涙の分だけ、こころがキレイになった気がしました。
2007/05/29(火) 00:30 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
Rutileさん、こんばんは♪
お伺いするのが遅くなってごめんなさい。
素敵なお話しでしたよね~。
愛の深さについつい号泣してしまいました。
もっともっと人を愛さなければ!
そして私も愛して欲しい、と改めてしみじみ感じました。
2007/06/02(土) 22:24 | URL | リサ #yl2HcnkM[ 編集]
こんばんはー★
すてきなお話でしたよね~。
前半は辛かったけれど、
愛を知ったミミズクが、大切なものを愛おしいと思うその心に胸を打たれました。
私ももっと、自分の日常を愛さねば!
2007/06/02(土) 23:48 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは。
すっごく読めてよかったなぁとおもいました。
何度も読み返しては人に優しく使用と思える作品です。
2007/06/08(金) 14:09 | URL | sonatine #-[ 編集]
こんばんは★
単純といってしまえばそれまでだけど、
単純が故の一途なおもいにやられました。
何度読んでも泣いてしまいそうです。
自分にも人にもやさしくなれる作品でしたね。
2007/06/08(金) 22:08 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは。
こういう作品との出会いがあるから、ライトノベルを読むのがやめられないよなぁ…と思いました。
実は体調があまりよくない時に読んで、ちゃんと内容が理解できてないところがあると思うので再読する予定です。次は泣けたらいいなと思います!
2007/06/09(土) 09:41 | URL | まみみ #-[ 編集]
こんばんは★
ラノベはとっくに卒業したと思っていたのですが、
おもしろそうなのも多いですよねー。
純粋なファンタジーが少なくなってきているのがちょっと残念なのですが。

私は逆に、ちょっとつらい時期に読んだのが功を奏したのか、うわーんと泣いてしまいました。
ミミズクの辛さは私とはとうていかけ離れているのですが、
彼女が「明日」を楽しみにするくだりで、ぐっときてしまいました。
私にも「明日なんかこなければいい」という時期がありましたので。

再読すると意外なところで感動したりして、独特の楽しみがありますね。
また感想お待ちしています。
2007/06/09(土) 23:46 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは~♪
私もラノベは卒業したと思っていたんですが・・・だから読む前はこの本を楽しめるのかな?とちょっと不安でした。でも、だーーーーっと泣いちゃいましたよ~(^^ゞ ちょっとほっとしました。(笑)
読んだ後は涙で心が洗われたのか心が綺麗になったような気がしました。(^^ゞ
2007/07/10(火) 21:59 | URL | 板栗香 #no8j9Kzg[ 編集]
こんばんはー。
こんなに純粋なファンタジーを描いたラノベは最近珍しいので、
そのあたりも新鮮でした!!
最初は辛い涙でしたが、最後は生きていることに感謝の念すら芽生えるような、清々しい涙でした。
2007/07/11(水) 22:21 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんわ。TBさせていただきました。
私も泣きました。
小説を読んでボロボロ泣いたのは初めてでした。
うるっとくらいならあったのですが^^;
ミミズクの純粋で真っ直ぐな心に惹かれました。
出てくる人たちが本当にみんな優しくてあったかくて。
だから読み終えた後にあったかい気持ちになれたのかなと思います^^
2008/09/09(火) 23:06 | URL | 苗坊 #-[ 編集]
ご無沙汰してます!!
(主に私が一方的に…ホントすいません)
これはどわーーーーーっと泣きますよね。
うるうるしんみりなんてもんじゃないっ!!
まさに愛のチカラ?
ふたり(?)のその後も気になりますよね。
2008/09/10(水) 22:54 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/142-bc4e4d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。