凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
大人気!!成風堂書店シリーズ第3弾!!
成風堂には今日も忙しい業務の中、色々な怪事件・珍事件が待ち受ける…

サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ
東京創元社
大崎 梢(著)
発売日:2007-04
おすすめ度:4.5


今日中にこの本を図書館に返さねばならないので、
大急ぎで感想文書いてます…( >o<)~ノ☆

本屋勤めしていた頃を懐かしく思いながら(って言ってもほんの2ヶ月前のコトだけど)
読みすすめていきました。
朝の激戦時間帯のシーンや(意外と朝が一番忙しい)、
付録の付け外しの煩わしさ(付録をヒモやゴムで取り付けるのは書店員のシゴト)
取り寄せに関するトラブル(本が来ない、注文と違う、受け取りに来ない)ナド…
さすがにこのあたりとってもリアルで、
「これから書店に勤めたいなー…」
と思ってる方のガイドブックにもなるんじゃないかというくらいの、
書店業についての細かい描写が、リアリティを感じさせられます。

今回はまた短編に戻りましたね。収録作は以下の通り。
・取り寄せトラップ
・君と語る永遠
・バイト金森君の告白
サイン会はいかが?
・ヤギさんの忘れ物

単行本にしては珍しく、解説があります。解説は北上次郎さん。

個人的には表題作のサイン会はいかが?「ヤギさんの忘れ物」が好みでした。
というか…正直に申しますと…
最初の3編はどうも物語の世界にハマりきれませんでした…
ミステリというには謎解きが多少強引な気がしますし、
謎の答えが多絵ちゃんにしかわかっていないってのが、
読んでいるこちらまでイライラしてしまうのです~(私が短気なのか!?)
私としてはどちらかというと『読者にしかわからない』部分の描写の緻密さを、
ミステリーというものに求めてしまうんですよね。
読者である私は犯人が分かってるんだけど、
登場人物たちは物語の中で「ああでもない、こうでもない」とやりあっている…
そんな登場人物を見て、「実はね●●が××なんだよねー」とほくそ笑むのが、
私なりのミステリーの楽しみ方で、そんなミステリーが私の理想です。
まぁ、これは個人の好みの問題だと思いますが。
書店が舞台で、裏話的なエピソードも満載なので『書店好き』な方々にはウケるかもですが、
ミステリーとしてはあまり期待しない方がよかったかもしれません。
むしろ『ミステリー』なんて仰々しく掲げなくてもいいんじゃない?
と思いますが、どうでしょう。

そんな中でも「サイン会はいかが?」と「ヤギさんの忘れ物」はキラリと光っていました。
「サイン会~」は最後までハラハラドキドキさせられましたし、
「ヤギさんの~」はほんわか心温まるエピソードでした。

辛口意見も書きましたが、全編を通してみれば、
こういう短編集だとメリハリがきいていて、読みやすいですね。
個人的にはシリーズ大1作『配達あかずきん配達あかずきん配達あかずきんあまなつAdhover 配達あかずきん』の方が、
インパクトも強く好みなんですが、
本作でも本屋にまつわる色んなエピソードも満載ですし。
書店員の方、書店員になりたい方、ぜひご一読を!!

好きでないと勤まらない、よくそう言われるが、
好きであることさえ忘れるようなめまぐるしい毎日だ。



ほんとそのとおりだと思います。給料も決していいとは言えないし。
でも本を通して、人と人とが触れ合える、ステキな場所…それが書店。
私も、これからずっと本を書店を愛し生きていくのだろうなと思いました。

関連書籍
配達あかずきん晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>
Amazy


過去シリーズの感想はコチラ
配達あかずきん』『晩夏に捧ぐ

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
しんちゃんの買い物帳
<花>の本と映画の感想
苗坊の読書日記

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【大崎梢】【サイン会はいかが?
コメント
この記事へのコメント
同じく多恵ちゃんにイライラしまくりました。
ですが、脇役の書店員にスポットがあたったのは良かった。
もう少しミステリの質が上がればもっといいのにね!
2007/08/10(金) 14:28 | URL | しんちゃん #Zk/lHUeI[ 編集]
おひさです、じっちゃんです。

やっぱり多絵のキャラには皆さん違和感を感じられてるんですね。
私も『配達あかずきん』の時はそれほどでもなかったんですが、
『晩夏に捧ぐ』ではとても違和感を感じました。
ブログに載せた『晩夏に捧ぐ』の感想にこう書いてます。
「前作でも感じたことですが、登場人物のキャラや行動や
心の動きが納得性に欠けます。その中で一番不自然さが
感じられるのは探偵役の多絵です。頭もよく勘もいいのに、
ああ手先が不器用というのはちょっと異様です。
しかも序盤から謎解きに対して自信たっぷりなのが
信じられません」

う~ん、多絵のキャラがそのままだとすると『サイン会はいかが?』
にも手が伸びにくいなあ。
2007/08/11(土) 07:16 | URL | じっちゃん #4o1CV0zs[ 編集]
本屋さんでお勤めされていたんですね。
それでは、なつかしく読まれたのではないでしょうか。
本屋さんの仕事は、本に囲まれて幸せかと思っていたのに。結構たいへんそうですね。
2007/08/11(土) 21:53 | URL | 花 #fEG9TVkw[ 編集]
こんにちは♪
やはり!!いらいらしますよねー!!
無理して『ミステリ』にこだわらなくてもいいんじゃないと思う今日この頃です…
2007/08/12(日) 13:03 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは♪
私も『配達あかずきん』の時は、さほど違和感感じなかったんですが…
実は本作、何回途中で投げ出しそうになったことか…(苦笑)

>序盤から謎解きに対して自信たっぷり

激しく同感ですっ!!
本作でも多絵は相変わらずなので、覚悟して臨んで下さいっ!!
2007/08/12(日) 13:06 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは♪
実は元・書店員だったのですよ~。
本屋は私の想像を遥かに超える重労働でした…
結構力仕事がおおいんですよ~。
紙を扱うので手も荒れるし…
それでもなんだかんだ言って、
好きな本に囲まれて仕事できたのは、
なんとも言いがたいスバラシイ体験でしたよ~。
2007/08/12(日) 13:08 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんわ。
書店員さんだったのですね~
いいなぁ。私はブックオフどまりだったので^^;
杏子と多絵のコンビは相変わらずですね~。
どの作品も良かったです。
次回作も是非!ですね^^
2007/08/13(月) 22:35 | URL | 苗坊 #YZq5j1dk[ 編集]
こんばんは★
そうなんです。元・書店員ですが…(笑)
でも本屋…というか接客業って、
ほんとネタに困らない毎日ですよね。
色んな方がいますよね~。
多絵ちゃんには少々イライラさせられますが、
きっと次回作も読んでしまうのだろうなぁと思います(笑)
もうミステリじゃなくていいから、
もっと本屋の実情を!!とか思ってます。
2007/08/14(火) 22:33 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/196-29142a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。