凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿


水の中に月が映るとしたら1つだから、
何故水の中にふたつの月??なんて思いながら読みました。
でもそうじゃないかな~、多分そうなんだろうな~と、
恐々ページをめくるわけです。
そうしたら、あぁ!!やっぱり!!

亜理子・恵美・梨紗の3人は小学生時代何をするのも一緒だった親友同士。
そんな彼女たちが、10数年ぶりに再会する。
3人の現在と、過去の出来事が交互に描かれていて、
どちらの出来事も徐々にその真相が分かっていく。
過去の話題では彼女達のひとりが『少女』として扱われ、
彼女はいったい誰なんだ?と、特に始めの方ではそれが誰なのか明示されないことも多く、
何回かページを戻ったり…と伏線の確認みたいなことをやってしまいました。
こうすることの効果のほどは定かではないですが、
真相が知りたいという欲求を十分にくすぐられる書き方だと思いました。

この物語に出てくる3人の主人公はそれぞれ怖いのですが、
その怖さというのが、こう…うっすらと怖いのです。
鳥肌が立ちました。

月や川、そして人の心といった『冷たいもの』を
うまーく表現なさってるなぁと思いました。
書いてある内容は結構エグイのに、
紡ぎ出される言葉はするりと透明で、むしろきれいな部類だと思うのです。
そこがまた怖いんだな。

感心したのは小学生高学年女子の心理が実に巧く描かれているということ。
女って生き物は怖いですねぇ。

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
のほ本♪
ありがとうございました。
スポンサーサイト
関連するタグ 【乃南アサ】【水の中のふたつの月
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/20-5d608169
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。