凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
くりちゃん&赤坂老人のゆるミステリ、シリーズ第2弾!!
今日もくりちゃんと赤坂老人、二匹の愛犬アンとトモが大活躍。
本作も中編が3編。とても読みやすい構成です。

ふたつめの月
文藝春秋
近藤 史恵(著)
発売日:2007-05
おすすめ度:4.0


ヒューマンドラマとミステリが、いいかんじでカクテルされた逸品。
読後はあたたかい気持ちになれる、すばらしい作品です。

くりちゃんは契約社員から正社員にグレードアップしたとたん、
突然解雇を言い渡され、それを誰にも打ち明けられずまたもや落ち込む日々。
友達以上恋人未満の弓田くんは料理人の修行にイタリアまでいってしまった。
なんだか冴えない毎日だなぁ。

先に進まなければならないことはわかっている。
でも、足がすくんで動けないのだ。



うんうん、わかるよ、その気持ち。激しく共感。
でもくりちゃんは赤坂老人はじめ、家族、友達、
そんなまわりの人たちに助けられながらも少しずつ成長しているのです。

最後にどこに行き着くか、ではなくて、ただその道を歩いていることを楽しいと思える。
そうだったらどんなにいいだろう。



ほんとそのとおりだよね。
いつかは私もそんな風に思えるようになるかなぁ、と考えてしまいました。
そんなぐるぐるしているくりちゃん(と私…笑)に赤坂老人は言います。

「もし間違っても、しくじっても、自分の選んだ方向なら、
それなりに歩くことができるものだよ。
自分で選ばずに、嫌々歩く道が、いちばんつらいはずだ」


もうこの言葉にどれほど救われたことか。

そんなくりちゃんや赤坂老人のまわりでは、今日も事件が勃発します。
ついに赤坂老人に直接悪意が向けられて!?
今日もくりちゃんはアンとトモをお供に、事件解決に乗り出します。
本作はミステリ色よりくりちゃんの成長物語が色濃い作品でした。
だから共感できる部分が多かったし、
赤坂老人の「賢者」らしい言葉は、ふかーく胸に刻み込まれるのでした。

最後はちょっとはらはらさせられたけれど、
このゆる~くあったか~い雰囲気、大好きになりました。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【近藤史恵】【ふたつめの月
コメント
この記事へのコメント
初めまして☆ 「ほんぶろ」経由でたどり着きました。私、今まで、近藤史恵さんの本を知らず、この記事で知りました。そして、今ものすごーく、読みたくてたまりません。表紙もかわいいですね。素敵な本を記事にしてくださってありがとうございました。文庫には、まだなってないですよね…。読みたいなあ…。
2007/08/29(水) 18:08 | URL | 葉桜月夜 #6ybSxPFE[ 編集]
はじめまして!!
私も近藤さんはこのシリーズ初読みです~。
いきなり大ヒット!!って感じでした。
すごく優しい雰囲気の作品でありながら、
読書を通して得るものも多いというオイシイ作品だと思います。
『賢者は~』は2005年発行なので、早ければ来年くらいには文庫化…かな!?と思います。
『ふたつめの~』は今年発売なので、
まだまだ時間がかかりそうですね。
私は図書館で借りて読みましたが、
手元にも残しておきたくなる作品でした。
2007/09/03(月) 22:10 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
はじめまして、花梨と申します。
私も近藤 史恵さんこちらで初めて知りました。
表紙がめちゃめちゃ可愛い!犬が出てくるんですね。
早速図書館で蔵書検索して、在庫があったので、明日前作と一緒に借りてきます!
2007/09/11(火) 20:29 | URL | 花梨 #ZTsH8zFo[ 編集]
そうですよね、当分、文庫化は先ですよね。
でも、近藤さんの本を読みたいという欲求を満たすため、とりあえず、文庫化されている作品を2冊購入してみました。そして一気読み。読みやすかったです。尚更、この本が読みたい~。
新しい作家さんを教えて頂けて、改めて感謝です♪
2007/09/23(日) 12:35 | URL | 葉桜月夜 #6ybSxPFE[ 編集]
こんばんわ^^
私、主人公と同い年なんです。
だからか何だか凄く共感できる所がたくさんあったんです。
くら~くなっているところも、ちょっと前向きになっているところも。
なので、とてもこの作品は好きです。
でも、続編だったんですよね~・・・。
失敗しました^^;
2007/09/27(木) 20:51 | URL | 苗坊 #bsNUxXLA[ 編集]
遅レスでごめんなさい!!
なんとなーく気になっていた作家さんで、
ひっそりと図書館の棚に置いてあったので、
思わず手に取った作品でした。
こころあたたまるいいおはなしですよねぇ。
ぜひ別の作品も読みたくなりました。

>苗坊さんへ
同い年!!それは共感しますねー。
私はフリーターという立場に共感でした。
ぜひ前作も読んでみてくださいねっ。
2007/11/15(木) 23:25 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
前作がかなり好きで、でも続編なんかでないだろうな…と思いこんでたのですごくうれしく楽しく読みました♪
わたしも主人公にやたら感情移入して読みました。だからこそ、というかくりちゃんには幸せになってもらいたいです^^
2007/11/29(木) 23:52 | URL | まみみ #-[ 編集]
くりちゃんの周りには、あったかい人(&ワンちゃん…笑)が多いですよね~。
きっときっとくりちゃんは幸せですよ!!
2007/12/03(月) 11:01 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/205-fe49e6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。