凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
7編からなるちょっと不思議で、うっすらと背筋が寒くなる、
そんな短編集。
山白朝子短篇集 死者のための音楽 (幽BOOKS)
メディアファクトリー
山白朝子(著)
発売日:2007-11-14
おすすめ度:5.0


内容紹介
これは愛の短篇集だ。
怪談専門誌『幽』の連載で話題沸騰の大型新人、待望の初単行本化。
怪談専門誌『幽』2号から7号までに連載された6篇の怪談短編に、
書き下ろし作品を加えた愛と哀しみの短編集。
幻想的な異界への境界と、親と子を描いた叙情的な物語は、
怪談ファンのみならず幅広い読者の支持を得る。待望の初単行本。



どのお話も静かで…
黒・白・グレイの無彩色な風景の中に、
ぽつんと極彩色がポタリと落ちたような…
異色なようでいて、しかし親近感も覚える、
とても心惹かれる物語たちでした。

以下、特に印象に残った作品です。

『黄金工場』
とある工場から排出される廃水の秘密を知ってしまった親子の物語。
淡々と語られていますが、情景を想像するとかなりオソロシイです。
なんと言っても母が恐ろしすぎます…

『鬼物語』
個人的にはいちばん好みでした。
が、血なまぐさい話が苦手な方は要注意です。
山に棲むという鬼の伝説。
鬼の怒りをかった村人達と、ある家族の物語。
いや、いちばんドキドキしました。スリル満点です。

『鳥とファフロッキーズ現象』
忠実に主人に尽くす一羽の鳥の物語。
これも怖かったです…
でもとても切ない。切なすぎです。

死者のための音楽
母→娘→母→…と一人称が入替わりながらすすむ物語。
おどろおどろしい恐ろしさはないが、静謐で背筋がすぅっと寒くなる、
とても静かで美しい作品でした。

全体を通して、情景がありありと目に浮かぶ作品でした。
とても静かに語られ、まさに無音の世界、死者のための音楽であると感じました。
全部日本が舞台の物語(だと思う)ですが、
やはり日本のホラーは怖いですね!!
吸血鬼やミイラ男も怖いには怖いですが、
それよりも日本の神社の鳥居などに恐怖を感じる私です。
神社って怖くないですか?私はお寺より神社が怖いのです。
そんな神々しいものに畏怖の念を抱くような恐ろしさが、
この作品にぎゅっと詰まっています。

余談。
これから読む方は栞必見です。
この作品にマッチした装丁がすばらしいです…
(ちょっと不気味だけれど…)

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
ひなたでゆるり
ナナメモ

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【山白朝子】【死者のための音楽
コメント
この記事へのコメント
Rutileさん~こんにちは!
ご無沙汰しておりました。
遅れましたが今年もどうぞよろしくお願いいたします♪

私も読みました!そして同じく心惹かれる作品でした。
怪談なのに温かなものが流れているんですよね。
山白さん、早く次作を読みたいな、って気が早いですけど楽しみにしている私です(*^-^*)
TBさせていただきました。
2008/01/15(火) 16:59 | URL | リサ #yl2HcnkM[ 編集]
ご無沙汰してます~(^o^)丿
TB&コメントありがとうございます!!
コチラこそ今年もよろしくお願いしますネ。

なんだかすごく魅力的な作品でしたね。
怖いんだけど、妙に温かいというか…
これが「愛」なんですかねー。
こういうお話、ダイスキです。
要チェックの作家さんですよね。
2008/01/18(金) 18:35 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは。
TBありがとうございました。
どの物語も印象的で、ひとつ選ぶなんてとても出来ないですよね。
金色だったり赤だったり暗闇だったり、それぞれ印象的な色がありました。
次作出るといいですね。
2008/03/05(水) 21:22 | URL | なな #-[ 編集]
こんにちは♪
ほんと、美しい作品集でしたね~。
怖いと美しいのぎりぎりラインが絶妙でした。
次回作も期待しちゃいますねo(^-^)o ワクワクッ
2008/03/13(木) 14:39 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/229-8041ea5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。