凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
ロマンティックな恋愛小説。
しかもただの恋愛ではない、「超」のつく遠距離恋愛だったのだ。

エンキョリレンアイ
世界文化社
小手鞠 るい(著)
発売日:2006-03-02
おすすめ度:3.5


内容(「MARC」データベースより)
13年前の春、ふたりは京都駅近くの書店で出会い、優しく切ない恋が始まった。
東京とニューヨーク、遠く遠く離れていても、お互いを想わない日はなかった-。
海をこえてつながる純愛物語。運命のヒトって必ずいる!



わたしは、ムカッときたときやなんだよコイツと思ったとき、

「こんな人でもきっと誰かの大切な誰かなのだ」

と思うようにしています。(なるべくできるだけ…)
そうすると怒りの矛先はすっとずれるんですよね。
みんな誰かの大切な誰か…そんなことを思い起こす作品でした。

しかーし。
こういう純粋系恋愛小説は、私には向いていないかもしれない…
根性がひねくれているので、純愛、とか、純粋、とか、一途、とか、
妙にシラけてしまうのです。
海晴と花音のメールのやりとりも、うーん…私には恥ずかしすぎます…(^-^;
むしろ花音の親友佳代子のたどった恋愛(不倫→妊娠→中絶→…)のほうが興味深かったりして。
とことんひねくれているらしいです(笑)

私とはイマイチ相性が悪い作品でしたが、
ロマンティックな胸キュンを求めている方にはオススメです。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【小手鞠るい】【エンキョリレンアイ
コメント
この記事へのコメント
こんにちは☆
小手鞠るいさんの作品て「超純愛もの」というイメージが
あってまだ未読なんです。。
でも、たまに無性に胸キュンものが読みたくなるので、
そのときにぜひ読んでみようと思いました。

あ、かなり遅いですが、
新しいブログのタイトルも素敵ですね♪
2008/01/09(水) 18:20 | URL | acco #-[ 編集]
こんにちは(^o^)丿
純愛モノとは知らずに手にとったのですが、
思いっきり純愛モノでした…(^-^;
昔から少女マンガが苦手な私、
やはりちょっと無理でしたー(;つД`)
切ないラブストーリーが好きな方にはオススメですよー。
さらりとした読み口で、ドロドロしてないですし。

ブログタイトル、ありがとうございます。
かなり思いつきでつけたのですが、
今ではとっても気に入っています。
今後ともよろしくです(^-^*)ヨロシク♪
2008/01/10(木) 09:51 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/03(水) 07:34 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/230-0c38f6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。