凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
淡々と語られる、ある猫の一生と、彼に関わる人々の三部からなる物語。

猫鳴り
双葉社
沼田 まほかる(著)
発売日:2007-08
おすすめ度:5.0


出版社/著者からの内容紹介
宿した命を喪った夫婦。
思春期の闇にとらわれた少年。
愛猫の最期を見守る老人。
それぞれのままならぬ人生の途に「奇跡」は訪れた。
濃密な文体で、人間の心の襞に分け入ってゆく傑作長編。
一匹の猫の存在が物語を貫く。


いや、ハラハラさせられました…
猫好きの人はむしろ読まないほうがいいかもしんない。

第一部、第二部はあっけない幕切れなのに、
第三部だけはいやに濃厚で現実的で具体的。
そのギャップにちょっとついていけないかなーと。
どうせなら第一部、第二部のようなあっけなさを第三部でも展開した方が…

でもやはり生き物と一緒に暮らすというのは、
こういうことなんだよ、と思わせる作品。
何が彼らにとっていちばん幸せなのかなー?と考えてしまう。
死が迫ってきたとき、懸命に延命治療する?それとも自然の成り行きに任せる?
しかし一秒でも長く留めておきたい大切な命。
生き物にとってどうするのがいちばん幸せなんでしょうか。

たとえばあなたのたいせつな誰かが意識不明の重体に陥ったとする。
本人にとっては苦しい延命治療を施すか、
そのまま楽に、自然のまま見守るのか…
延命治療の先にある命は、ほんとうに「生きている」と言えるのだろうか…

など、難しい考えがぐるぐるよぎりました。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
ありがとうございます。
読者大賞blog

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/231-f9153b21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。