凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
7編からなる短編集。
心が洗われるとは、こういうことかもしれない。
どの作品も凪いだ『海』を連想させる、
深く静かで力強い作品達。

海
新潮社
小川 洋子(著)
発売日:2006-10-28
おすすめ度:4.0


装幀が吉田篤弘さん&吉田浩美さんですね!!

2~3ページに満たない、超短編からそこそこボリュームのある作品まで、
ほんとうに色とりどり。
共通しているのは、ただ静かで深い世界であるということ。
あまりにも静か過ぎる部屋で、
キ―――――ンという音にならない音が鳴っているときのような、
緊張感も味わえる。
思う存分、文字の海に浸りたい、そんな作品です。

特に印象的だったのは、
『バタフライ和文タイプ事務所』
『ひよこトラック』
『ガイド』

でした。
なかでも『バタフライ和文タイプ事務所』がいちばん、好き。

『バタフライ和文タイプ事務所』
タイトルそのまま、ある和文タイプ事務所のできごとを綴った物語。
和文タイプは…いつだかのyom yom(新潮社)で、
三浦しをんさんが体験談を書かれていましたね。
なので余計に印象的でした。
実物を見たことがないので、母に詳しく解説してもらい、
しっかり楽しむことができました。
欠けてしまった活字(3センチほどの四角柱)の交換先で出会う、声だけの存在。
その彼にほのかな、まだ恋にはたどりついていない、淡い気持ちを抱く「わたし」。
たびたび活字を欠けさせては、彼に思いを寄せる…
ひっそりと、ただ、タイプライターの音だけが響く、セピア色の世界。
欠ける活字がどれもびっくりするような漢字でドキッとさせられる。
でもさすがは小川さん。
こちらの驚きなんておかまいなしで、ただ淡々と物語っている。

『ひよこトラック』
老人と少女の音無き交流。
この世界によけいな音はいらないのではないかと思う。
よく晴れた日向ぼっこ日和の、ちょっと埃っぽい空気の匂いを嗅いだ気がした。

『ガイド』
とあるツアーでの予期せぬトラブル。
少年と老人の、不思議な時間の共有。

何も起こらない、ただそれだけのことなのに、どうしてこんなに惹かれるのだろうか。
小川マジックもしくはトラップでしょうか。
こんなマジックやトラップなら、何度でも騙されたい。
うーん、きっと私は小川さんの創る世界が好きなんだなぁ…
何冊か積んでいるので、しっとりした雨の日にでも読んでみよう。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ
コメント
この記事へのコメント
『博士の愛した数式』と『ミーナの行進』がバカ売れしたしたので、ちょっと作風が変わるかなぁ~と思っていましたが、この作品集を読んで安心しました。 

「バタフライ・・」は巧いのひと言に尽きると思います。
2008/01/26(土) 22:11 | URL | きたあかり #-[ 編集]
意味不明の文字化け騒動で返信が遅くなりましたっ。
ごめんなさい!!
う~ん、やっぱり小川さんって感じの作品でしたね。
こういうしずかーーーな作品、ダイスキです。
『バタフライ』はほんとよかったですよね~。
何回か読み返してしまいました。
2008/01/29(火) 22:34 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/239-6872896e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。