凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
怖いものみたさで読み進めてしまう。



内容(「BOOK」データベースより)
旅行で訪れた山奥の温泉地、そこは怪しい村だった―。
女子大生しよりと愛子を次々に襲う恐怖の事件。
今すぐ脱出しなければ片目、片腕、片脚を奪われ、
“生き神”として座敷牢に一生監禁されてしまうという!?
頼りの武器はケータイのみ!
二人は生きて逃げ出すことが出来るのか。

第1回『このミス』大賞で最大の話題を呼んだ、
息つく暇さえない携帯電話ホラーサスペンスの最高傑作。



Docomoのモバイルゲームになったとかで、ちょっと関心が湧き読みました。
まぁ、なんというか、ホラーサスペンス?ですな。
『サイレン』とか『弟切草』なんかが好きな人は楽しめるのでは。

SIRENサウンドノベルエボリューション1 弟切草 蘇生編 PlayStation the Best
Amazy


感想になってない…(#゚Д゚)ゴルァ!!

地方特有の民俗学をモチーフとした展開はおもしろい。
日本の伝統文化や伝習には、恐ろしい背景が隠れていることが多いですもんね。
誰が味方で誰が敵なのか、追うか追われるか、この緊張感がずっと続くのもすごい。
通信手段はケータイのみ、(しかも電池切れそう)なのも現代チック。

私は「民俗学」というジャンルに心惹かれました。
意外と日本のこと―――お祭りの歴史・背景、について、今まで関心がなかったんですが、
こういう学問もおもしろいかも、と思いました。
基本的に怖いの好きなので(笑)
ほらほら、『大人のための残酷童話』みたいなああいうのですよ。
今度図書館で勉強してみようかしら。
……と思いました。

ただ物語・文章から受ける印象は、やや稚拙な感じを受けました。
良いように言えば『わかりやすい』のですが、
その一方で『まるで~のような』という比喩表現が頻発していて、
文章がゴックンと飲み込めないような感じを受けました。
小・中学生が読むには十分かとは思いますが、
このテを語らせるともんのすごい人、いますからねー。京極さんとか。

エンターテイメントとしては『可』ですが、文学としては『?』です。
いっそのことゲームになっちゃったので、そっちの方がおもしろかったりして。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【そのケータイはXXで】【上甲宣之
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/258-5126050a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。