凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
今を時めく(めいてるよね…!?)桜庭一樹さんの痛快エッセイ。

桜庭一樹日記 BLACK AND WHITE
富士見書房
桜庭 一樹(著)
発売日:2006-03-11
おすすめ度:5.0


内容(「BOOK」データベースより)
そこにあるのは、偽りなき作家・桜庭一樹の日常の100%。
ライトノベル作家として活躍しながら、その後着実に作品を発表し、
さまざまなフィールドへと活躍を広げていった一小説家のWeb日記ともいえる。
が。が、しかし。
空手を愛し、サンボマスターを愛し、
映画と小説と―もういろいろなものがおもちゃ箱のようにいっぱいつまった爆笑日記ともいえる、し。
でも、本当は世界の涯(新宿二丁目)であがきながら、疾走し、物語を紡ぎ続けた、
ある作家の日々の営みの記録である。



桜庭一樹サイト『SCHERAZADE』に掲載された、
2004年9月から2005年12月までの日記に、
コラムやらいろいろついて一冊にまとめられた作品。

あはっ。おもしろかったです。
作家さんの日常って…みんなこんなにおもしろいのかなぁ?
毎晩のように飲み歩き、マニアックな話に花咲かせ…
って書くととても羨ましく感じるのですが、
やっぱり〆切に追われたり、アイデアが浮かばなかったりと、
大変なことのほうが多いだろうなぁ、
と想像しつつも、桜庭さんの体当たり的な日常に思わず笑いが…(笑)
GOSICK創作秘話から空手道場のことまで、ネタにあふれた日常を、
これまたおもしろく描かれています。
まだご自身のことを『ライトノベル』作家と仰っていて、(私は分ける必要はないと思う)
TVなどでお見かけするより断然テンション高い、というか、若者向け…
って感じがします。
桜庭一樹読書日記』(感想はコチラ…余談ですがこの本のせいでおかげで財布がオホーツク海…)
よりも全っっ然、若いです。

いちばんのツボはコレでした(笑)

そういや昨日の夜中、ちょっと弱ってたせいか、ふと自分の名前に、

さくらばかずき
   ↑↑
ばか、って文字が入っていることに気づいて愕然。
キレてました。ばかじゃない!!!



いやいやいや、そこはつっこむところなの、ねぇ!?
こんなお方が、『砂糖菓子の~』とか、ううう。となる小説をを描いているのか…
うーむ、軽く悩んでしまいます。
もし私が小説家だったりしたら、
きっとこのブログ同様アホなことばっかり、というか、
アホ全開の裏表なし、な話書いてそうなのですが。
いやーー、作家さんってスゴイ…(・∀・)チゴイネ!

また巻末の『50の質問』もおもしろかったです。
あと同じく巻末の『桜庭一樹の創作空間』もまじまじと見つめました。
シュミ悪いのかな、わたしって…
先日の情熱大陸で、仕事場風景が映し出されていたのですが、
ほほう、なるほどなるほどと興味シンシン。
やっぱシュミ悪いですか、わたし。

今なら直木賞に乗っかって、桜庭さんフェアやってる書店が多いので、
比較的手に入れられやすいはず…
直木賞以前はみかけもしなかったのに、今では平積みです…
すげぇな、直木賞…
俄然次回作が気になるところではあり、
桜庭さんの魅力をきゃぁきゃぁと喚きたいところですが、
余計なプレッシャーになると困るので、
そっと陰から桜庭さんを応援したいと思います…そっと、そっとね。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【桜庭一樹】【桜庭一樹日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/275-16236089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。