凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
被害者はほんとうに被害者なのか。
加害者はほんとうに加害者なのか。
今ここに見える現実は、果たして、真実なのか。
それとも…

治療島
柏書房
発売日:2007-06-21


内容紹介
目撃者も、手がかりも、そして死体もない。
ベルリン市内に開業する有名な精神科医ヴィクトル・ラーレンツ博士の12歳の愛娘ヨゼフィーネ(愛称ヨーズィ)が、
目の前から忽然と姿を消した。
診療所すらも畳み、死に物狂いで捜索する父ヴィクトル、
それでもなお、娘の行方は一つの手がかりすらつかめなかった。
失踪から4年後、失意の底に沈むヴィクトルは、気持ちの整理のため、
北海にある小さな島、パルクム島の古い別荘に引きこもっていた。
そんな彼のもとへ、アンナと名乗る美しい女性が訪ねてくる。
自らを統合失調症だと言い、ヴィクトルの治療を求めて自分が悩まされている妄想について語り始めるアンナ。
それは、ヨーズィによく似た少女が、家族の目の前から突然姿を消す物語だった。
物語の誘惑に抗しきれず、二人だけの治療を開始するヴィクトル。
しかしそれは、吹き荒れる嵐の中ではじまる、不気味な≪治療≫への入口なのだった。



ひさびさにミステリです。
しかも海外モノ~♪
ですが、作者も若いというだけあって、とても読みやすかったです。
そしてなんといっても、おもしろかった!!
書評に『ジェットコースターのよう』と多く描かれていたのですが、
きっとそれはスピードのことを言っているのではなく、
これでもかっ、としつこいまでの回転や急カーブのことではないかと。
読んでいて何がほんとうなのか、誰が嘘をついているのか、
そして…

ほんとうの被害者・加害者は誰なのか…

物語の展開にどきどきしっぱなしでした。
どうやら映画化されるようです!!
しかーし!!
私はゼヒ、コミカライズしてもらいたいっ!!
なぜなら、この作風が浦沢直樹さんにぴったりだから!!
(舞台がドイツだから?)
PLUTO 6―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (6) (ビッグコミックス)MONSTER 全18巻MASTERキートン (1) (ビッグコミックスワイド)
Amazy


登場人物みんなが、浦沢さんの描くキャラにかぶりまくってしまいました。



どんな感想を書いてもネタバレになってしまうので、
続きはこちらから…↓

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
いやー。やられました。
単純な私はすっかり作者の手中にはまりっぱなし。
結局誰も死なないミステリって、なかなかすごいですよねぇ。
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【治療島】【セバスチャン・フィツェック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/316-def6cd4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。