凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿


号泣。
最後の最後で、頭が痛くなるくらいにわんわん泣いてしまいました。
でもね、すごくいい読書でした。
すごくいい時間を過ごさせてもらいました。

ある日突然父さんを辞めることを宣言した父さん。
幼い頃から頭脳明晰・スポーツ万能でいながら、
大学には進学せず農業に従事する兄・直ちゃん。
ある出来事から心を病み、今は別居中の母さん。
いわゆる普通の『家族のかたち』とはちょっと違う中原家。
そんな小さなわだかまりを抱えながらも、
この家族にはむしろ思いやりや温かさで満ちていると思いました。
そんな家族の中で淡々と毎日を送りながらも、
少しずつ成長していく私・佐和子。
この本では、佐和子の視点からみた4年間を、
幸福な食卓』『バイブル』『救世主』『プレゼントの効用』と
1年ずつ順を追いながら一緒に過ごすことになります。
さらりとした淡々とした文章のなかに、
家族はなんとなくチグハグで、常に生と死が隣り合わせで…
そういったあやういほころびみたいなものが、すごーく上手に描かれています。

ラスト以外で印象に残ったのは『救世主』。
クラスで孤立しそうな佐和子を、さりげなく助ける大浦君。
単純がつくほどバカなんだけど、彼なりの巧い心配りに大浦君を見直した章でした。
読んでいてすごく辛かったのだけど、辛い想いが最後に報われてほっとした。
しかしながらさすが現役教師が書くだけあって、
クラス運営のむずかしさとか、いじめの描写とか、すっごいリアルでした。
ここで語られる佐和子の想いは、きっと瀬尾さん自信が日頃思っていることなんでしょう。
ここだけは、瀬尾さんの熱意みたいなものが感じられたのでした。

この本を読んで、月並みだけど、家族のことを想いました。
遠くに住んでいても、互いを思いやる気持ちを忘れまいと、
柄にもなくそんなことを思ってみたりして。

それにしても出てくる食がどれもこれもほんとうにおいしそう。
くいしんぼうの私は、今どうしてもどうしてもシュークリームが食べたい。

ランキング参加してます。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気blogランキングへ
ついにBest10入り果たしました!!→FC2 Blog Rankingへ
本ブログランキング

この記事は以下のブログにTBさせていただきました。
コンパス・ローズ
ついてる日記Ⅱ
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
ひなたでゆるり
苗坊の読書日記
花ごよみ
本を読んだり…
My Favorite Books
ひなたぼっこは3時まで
ありがとうございました。
スポンサーサイト
関連するタグ 【幸福な食卓】【瀬尾まいこ】【読書】【感想文
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。やぎっちょです。
コメント残してくださってありがとうございました。この本はとってもいい本ですよねぇ。映画も見に行きたいです!!
さてさてTBなのですが、たまにライブドアにうまく飛んでくれないことがあって、残念なんですが来ていないみたいなんです。
お手数おかけしますが、もういちど送ってみてもらえますか?
よろしくお願いします★
2007/01/05(金) 20:45 | URL | やぎっちょ #-[ 編集]
こんにちは!こちらにもTBさせていただきます。
この作品は本当に素敵でした。心揺さぶられるところもありましたがそれも含めて良かったのだな、と時間が経つごとに愛おしくなります。
家族の温かな愛があればきっと大丈夫。そう信じたいですね。
映画のほうも気になっています。

これからいろいろと参考にさせていただきますね。
2007/01/06(土) 16:01 | URL | リサ #yl2HcnkM[ 編集]
こんばんは♪
TBの件了解です!!今度はうまくいくといいなぁ…!?
映画もいい感じっぽいですよね(なんつー日本語だ…)。
今月号のダ・ヴィンチで特集してたのですが、
なかなかいい配役で、イメージに近いなぁと。
でも観たら映画館で号泣間違いなしデス…ははは
2007/01/07(日) 00:35 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは。
この作品には2度頭を殴られるような衝撃を受けました。
でもこの家族なら大丈夫。
時間はかかるかもしれないけれど、きっと前を向いて歩き出せるさ…
そんなふうに思えるくらいいい家族でしたよね。
家族のカタチはいろいろかもしれないけれど、
お互いを助け合い、思いやる、そんな家族でいたいですネ。
2007/01/07(日) 00:41 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは、Rutileさん。
次の日に仕事があることも忘れ夜中に号泣した本でした。
驚くことに次の日もちょっと思い出し泣きでウルウル。
思いの他気持ちが揺す振られた作品です。
悲しい気持ちも確かにあるけど、いい時間を一緒に過ごすことが出来た読書って幸せですね。
読み終わって家族や身近な人のことを思った本でもあしました。

Rutileさんはファンタジーがお好きなんですね。
『ゲド戦記』やエンデの作品も好きで読みました。
日本では荻原さんの勾玉シリーズがいまのところ一番のお気に入りです。
といってもファンタジーは未読がほとんどで、それはこれからの楽しみだと思っています。

どうぞこれからも宜しくお願いします。
また寄らせて頂きますね!
2007/01/08(月) 20:13 | URL | 雪芽 #6facQlv.[ 編集]
Rutileさん☆コメント&トラバありがとうございました。
食卓を囲む幸せ、家族がいるという幸せ、それが無くなってから気が付くのでは悲しすぎますよね。
普通の毎日を送れる幸せを考え直させてくれる一冊だったと思います。
2007/01/09(火) 01:00 | URL | Roko #mnT270eI[ 編集]
こんにちは♪

号泣…してしまいますよね。ホントやられてしまいました。
確かに悲しかったのですが、
読んだ後は「いい時間をありがとう」と言いたくなる作品でした。

勾玉シリーズは中学生の時にシリーズ第1作を読んだきりなので、
ぜひぜひ続きが読みたいです!!
これからの楽しみがどんどん増えていて、嬉しい悲鳴をあげています。

こちらこそこれからもヨロシクです(^o^)丿
2007/01/09(火) 11:08 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは♪
当たり前に思っていることが、実はすごく尊いものであるということ、
気付かずに、もしくはわざと考えないように日常を送っていること、あると思うんです。
「汝の日常を愛せよ」とはよく言ったものですが、
今ここにある幸せを、大切にしたいと思う、そんな作品でしたね。
2007/01/09(火) 11:12 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
感動的でしたよね!
私もとても好きな作品です。
家族って、いるのが当たり前だと思っているんですよね。
でも、かけがえのない、大切な存在なんですよね。
っていうことを、考えさせられました。
でも、佐和子と勉学の別れは切なくて。
うるうるしました~。
2007/01/21(日) 20:45 | URL | 苗坊 #SVMzy.S.[ 編集]
こんばんは★
今思い出しても、あぁ涙が…
当たり前のものが当たり前でなくなるというのは、
想像できないくらい怖いことですね。
そして当たり前でなくなる時というのは、
ある日突然やってきたりして…
今ある日常という幸福を噛みしめずにはいられない作品です。
2007/01/21(日) 21:18 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
いやぁ~、最後はやられました。
むなしさが残り、
腹立たしさが残り、
でも、いい話でした。
いつ何時同じようなことがあるか分からない。
だから今ちゃんと生きてかないと、
そう思いました。
2007/06/15(金) 21:56 | URL | す~さん #-[ 編集]
こんばんは★
今思うと、あの唐突さがショックの大きさを倍増させていますよね。
『天使の卵』(村山由佳)でもそうだったんですが、
今ここにある幸せを大切にしないといけないなぁと思いました。
2007/06/17(日) 22:32 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
最後のほうは母親目線で佐和子を応援していました。
小林ヨシコには驚きましたが・・・。
2007/06/19(火) 15:41 | URL | とむぼん #-[ 編集]
こんばんは★
なるほど、母親目線ですか。
読書って読む人の立場によって感想も様々ですよね。
ヨシコはいいとこ持っていきましたよね~。
グッジョブv-218です。
2007/06/19(火) 20:15 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/33-bf5e8adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。