凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
タイトルとはじめの方のトリビアに心惹かれて買っちゃいました(安いし)。
が……

黒のトリビア (新潮文庫)
新潮社
発売日:2003-11
おすすめ度:3.5


内容(「BOOK」データベースより)
「日本には二百人以上を、殺害した女がいる」
「死体は出産する」
「服役囚の半数は出獄後、再び犯罪に手を染める」―。
思わずのけぞる「ゲッ!」の連続。事件の裏、奥の奥までよくわかる、戦慄の豆知識111本。
殺人、強姦、放火から警察、鑑識、そして死刑まで、事件の「ヘソ」を実例をあげて解説。
あの“殺し”、その“ホトケ”がもっと身近に。
現役事件記者たちが明かす、本格的ウラ雑学。文庫書き下ろし。



う~ん。
確かにトリビアそのものはおもしろくて、
まさに、へぇへぇへぇ~、な感じだったのですが、
肝心の詳細解説のほうが、
いまいちつっこみきれないというか、物足りないっていうか。

たとえばTVの『トリビア~』は、その後の解説や調査がおもしろかったですけど、
この本は、奇数ページにトリビア、めくった先の偶数ページに解説、
って構成を徹底していて、
だからどうしても解説が短め。
サンプルとなる事件についても、詳細には至らず、淡々と事実を記述しているのみ。
なので、くろ~~い本スキの私としてはやや物足りなかったのでした。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は所持本です。

…あ、でも大掃除でどっかいっちゃうかも…(爆)

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【黒のトリビア
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/350-43012316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2013/07/15(月) 08:10:34 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。