凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
作家であり屈指の読書家でも知られる、桜庭一樹さんの読書読書以外日記、第2弾!!

書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記
内容(「BOOK」データベースより)
きょうも早くおうちに帰って本を読もう―
作家・桜庭一樹は稀代の読書魔である。
春には穴居人生活をしつつ、冬にはコタツで亀になりながら、
今日も今日とて本を読むのだ。
『赤朽葉家の伝説』日本推理作家協会賞受賞から
『私の男』直木賞受賞までの耽溺の日々。




編集者K島さん言うところの<初期の代表作>『赤朽葉家の伝説』から、
『私の男』上梓から直木賞候補→受賞→未知なる怒涛の生活…
までが、膨大な本とともに紹介されている日記です。
第1弾の『桜庭一樹読書日記』よりも、数段マニアックになった感じが…
私のようなヘタレ読書家(家、とつけるにもおこがましい…)には、
あーまーりーにーもー、内容が濃いです。

はっきり言って、
作中の文壇話にほっとんどついていけませんっ(泣)

いちおうタイトルを知っている、と言う本は数冊ありましたが、
読んだことのある本って、果たして…
前作に引き続き、どれもこれも桜庭さんの血となり肉となったであろう本が、
たーっくさん紹介されています。
紹介が至極あっさりしているのも魅力的で、
よくわからないからこそ読んでみたい、って気になるのもまたいいです。

そしてあんな膨大な本を読んでいるにもかかわらず、
どれも深い読み方で、それがどんなに昔読んだ本であろうが、
細部にわたって再現して解釈して見せ、議論を交わすあたりがもう、プロ。
最新作『ファミリーポートレイト』にも登場する文壇バー、
ほんとうにあんな感じなのかしら…

夜を徹するのも、
誰かと語るときに喧嘩になるのも厭わないくらいの情熱を持てる何か、
ってステキですね。

まったく話は変わりますが。
今お仕事で、

除架リスト本抜き作業

というのをやっているんですが。
どういうものかといいますと、
図書館と言っても棚のスペースは有限で、
未来ある新刊様のために、古参には引退いただく、ということです。
…つまり、あまり読まれていない本や、ふるーい本を、
リストに沿って本棚から強制連行するという、
ヒトラーも真っ青(嘘)、もない現代版図書館内ホロコーストです(言いすぎ)。
※すぐに抹殺されるわけではないです(念のため)

で、こないだ海外文学の文庫を殺ってやっていたのですが、
ふと桜庭さんや周りの編集者さんたちの顔が思い浮かび、
「Σ(゚Д゚;エーッ! それを抜いちゃうの!?」
「Σ(゚Д゚;エーッ! それ絶版本…」
「Σ(゚Д゚;エーッ! それ作者唯一の短編…」
「Σ(゚Д゚;エーッ! それ幻の初版…」
とかいろいろいろいろわめきたて、
文学に疎い私がこんなホロコーストに手を染めてよいのだろうか云々…
と考えるわけでした(笑)
あ、でも何冊かは、個人的な趣味と独断と偏見で、棚に残したものもあります。


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は所持本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【桜庭一樹
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/355-1924b35c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。