凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
いわゆる「民間委託」なるものの一環で、
7月からお世話になった図書館も、この3月いっぱいで退職します…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

秋口くらいから調子がガタ落ちで、
あわわあわわしているうちに年を越して、
あれよあれよと結婚してしまったので、
ほんとうはもっともっと、図書館の仕事のこととか、図書館の人たちのこととか、
もちろん本のこととか…色々書きたかったのに、
結局、あたふたあたふたと退職日を迎えそうです。

図書館でであったたくさんのおもろーな人たちの話題や、
かけがえのない友人たちのひきこもごもは、
また落ち着いた頃に、ぼちぼち書き綴ろうかと思います。

本日紹介する本は、
図書館でであったかけがえのない友人、Kさんが予約かけていた本…
勝手に中を見させてもらって(爆)、その場でケータイから注文したという…
要はヒトメボレな猫写真集です。

85枚の猫
新潮社
発売日:1996-11


全編モノクロの、一見レトロ感溢れる猫写真集。
なのに、被写体の猫たちは、みーんないきいきと、
今にも画面からひょいっと飛び出してきそうなイキオイです。
静止画なのに、しかも色相を極限に排したモノクロ写真であるというのに、
瞳はきらきらと、ひげはしゅんっと、毛皮はふわふわと、
とってもとっても愛らしい、のひとことに尽きます。

特に!!後半の『空飛ぶ猫』たちが、ツボ!!ツボツボ!!
にくきゅう!!にくきゅうがぁ…

手に取りやすい場所においてあって、
にへらにへらと眺め、愛でながら、うっとりと過ごすのです。

そもそもイーラさんを知ったのは、コチラの本を図書館に受け入れしたとき。

「いやーーーん、超かわいいーーーー」
と即予約をかけたのが出会いでした。
その後じわじわと予約がのびつつあるようで、
なんだか嬉しい限りでございます。
(絵本は大人向けの文芸書とは違い、新刊だからといって予約殺到というわけではない)
こちらは絵本で、イーラさんの写真に、
これまたとびきりかわいい物語がついています。
最近アヒルの冒険絵本もでたようです。

スポンサーサイト
関連するタグ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/374-cf07c1e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。