凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
「クラシックはちょっと~」…という方はそもそもこのテの本は手にとらないかしら?
でも一度読んでみて~♪おもしろいから!!
もともとクラシック好きな方も、へぇへぇへぇ~、と思えるのでゼヒ。


出版社/著者からの内容紹介/内容(「BOOK」データベースより)
コンサートで正しく拍手していますか?
クラシックの敷居は高い?
ほかのお客さんは音楽がすごく解っているようだが?
知りたかった疑問にお答えします。
「のだめカンタービレ」クラシック音楽監修の〈もぎぎ先生〉が案内する、
もっと音楽を楽しむための鑑賞の手引き。
正しい拍手のしかた、指揮者によって何が違う?楽譜が読めないと音楽は解らないのか?など…。
知りたかった疑問にお答えまします。



タイトルにもなっている『拍手のルール』は第3章でくわしく書かれているのですが、
正直、この章はイマイチでした。
なんだか拍手に無理やり理屈をこじつけた感がありありで。
この章の読みどころは、どっちかっつーと、
付録の『フライング拍手要注意曲目リスト』です!!
ここまで書かれると、聴きたくなりますもん。聴いてみよっと。

全体を通して、いろんな曲(交響曲多め?)の聴き所などが解説されていて、
この本を読んでいると、あれも聴きたい、これも聴きたいってなります♪
例えばはじめて聴く作曲家のとっかかり、
つまり、この人の何から聴こうか、的なガイド本にもなりうるかと。
私は今まで教会音楽とは無縁だったのですが、
ってか何から聴けばいいかわかんないし、
でも、もぎぎさんの解説・力説を読んで、
とりあえずベートーヴェンの『荘厳ミサ曲』は外せないだろう、って思いました。

そういえばね。
私はドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』が、大っっっ好きなんです。

ベタだなー、と思うなかれ。

あれやこれや集めたCD/DVDは10枚を超えるんじゃないか、って頃に、
指揮者や演奏者が違うと、こうも曲想って変わるものなんだ!!と思った気がします。
でもって、やっぱり地元の演奏家たち(特に指揮者)による『新世界より』はひとしおだと思うの。

BGMにも、本格音楽鑑賞にもなるクラシック。
まだまだ知らないことがいっぱいで、
一生の趣味にできたことがほんとうに光栄!!
もぎぎさんガイド片手に、楽しみながらクラシック鑑賞・お勉強、したいと思います。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


※この本は借りた本です。

感想役に立ったよ!!参考になったよ!!これから読むぞ!!って方は、ゼヒ拍手を。
とても励みになります。いつもありがとうございます(*^_^*)
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/386-f7d3055c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。