凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
配達あかずきん
東京創元社
大崎 梢(著)
発売日:2006-05-20
おすすめ度:4.0


本屋さんが舞台と聞き及んでいたので、
こーれーは一書店員として捨て置けない!!と、
意気揚々と読み始めました。

内容(「BOOK」データベースより)
「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。
コミック『あさきゆめみし』を購入後、失踪した母の行方を探しに来た女性。
配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。
駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、
勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。
初の本格書店ミステリ、第一弾。



いや~!!
本屋のシゴトにこれだけロマンを持たせるのはすごいです!!
実際の仕事には、このオハナシのようなロマンティックなことは、
そうそうおこるわけではありませんが、
お客さんから探して欲しいといわれた本を見つけたときの喜びや、
ちょっと対応に困っちゃうようなお客さんの描写だとか、
日々の地味~~で雑多な業務内容とか、
そんなことがリアルにいきいきと書かれていて、
またそこで働く店長はじめ、杏子や多絵や博美や、版元の営業さん…
彼・彼女達のプロフェッショナルな仕事ぶりにホレボレしちゃいました。
実は私、接客業なんてやってるくせに、お客さんからの問い合わせが大の苦手…
だったんですが!!
この本を読んで、お客さんとのやり取りを楽しんでしまおうじゃないか、
なーんて意識改革がおこったくらいです。

話がズレましたが。
本作は「パンダは囁く」「標野にて 君が袖振る」「配達あかずきん
「六冊目のメッセージ」「ディスプレイ・リプレイ」の5編からなる連作短編集。
どの話もクスッとおかしかったり、しんみりしてしまったりと、
短編集らしくいろいろな味を楽しめました。
そしてどの話もミステリ仕立てだけれども、決して殺伐とした感がなく、
後味がとてもいいのです。ほっこりした気分に浸れる、いい読書でした。
中でもわたしのお気に入りは「標野にて 君が袖振る」「六冊目のメッセージ」
なんと言っても胸がトキメキます!!
過去の遺物と化したオトメゴコロを上手にほぐしてくれる、
そんなあたたかい作品です。

登場する本も魅力的で、ちゃんと手にとって読んでみたいなと思うのも何点か。
特に、
『宙の旅』林完次・著
『民子』浅田次郎・著
が気になるなぁ。
宙(そら)の旅 民子

『宙の旅』はベストセラー『宙の名前』の姉妹本ともいえる写真紀行。
『宙の名前』を持っているのですが、
すごく凛とした気分になれる1冊でお気に入りなのです。
…『民子』はAmazonの内容紹介ですでに涙腺が潤むのですが、
果たして大丈夫でしょうかね。なんか号泣の予感が…

本好きにはたまらない、まして書店員ならなおのこと、印象に残る1冊でした。
続編は…と思っていたら、あるのですね。
晩夏に捧ぐ<成風堂書店事件メモ・出張編>
東京創元社
大崎 梢(著)
発売日:2006-09-30
おすすめ度:4.5


こちらはなんと長野が舞台だとか。
早速図書館に予約入れてきます!!

余談ですが今日、お客さんに、
「コミックで~、『ようかいルナ』っちゅうの?孫に頼まれたんだけどさー、ある?」
と聞かれたのですが、私は見当もつかず。
そしたら!!私の脇にいた妖怪マニアのT君、
スタスタスタ~~~と店内を闊歩し、数十秒で見つけ出してきました。
…いや、アンタ書店員の鑑だよ…と思った瞬間でした。
妖怪なら彼に聞け、そういう人材は貴重です。
ちなみに『ようかいルナ』、コミックではなく
フォア文庫という児童書の中の『妖界ナビ・ルナ』というシリーズものでした。
いやはや、いろいろな本があり、求めるお客さんもいろいろです。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ

この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
本を読む女。改訂版
今日何読んだ?どうだった??
たりぃの読書三昧な日々
AOCHAN-Blog
ナナメモ
+ ChiekoaLibrary +
ひまさえあれば
ひなたでゆるり
マロンカフェ ~のんびり読書~
苗坊の読書日記
粋な提案
本のある生活
おこって、おこって、ないて、わらって。
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
じゃじゃままブックレビュー
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【配達あかずきん】【大崎梢
コメント
この記事へのコメント
Rutileさんは書店で働いてらっしゃるんですね。
それじゃこの本はヒトシオのことと思います。
接客業苦手の私も「本屋さんなら…」と思ったくらいです。
『晩夏に捧ぐ』はまたテイストの違う物語になってます。
楽しんでくださいね♪
2007/01/18(木) 09:25 | URL | ユミ #Tipl/IsA[ 編集]
「妖怪ルナ」の話にニヤリ。
やっぱりあるんですね。そういうのって。ずばりお客さんお目当ての本を言い当てられた時の達成感ってすごいでしょうね。
2007/01/18(木) 10:44 | URL | なな #lx48Me5U[ 編集]
やったぁ、私『ようかいルナ』でわかります(笑)。

この本を職場のみなさんにオススメしちゃいましょう!そうしましょう!普及活動~♪
2007/01/18(木) 12:09 | URL | chiekoa #-[ 編集]
なんだか元気そうで何よりですわ!!
私もだいぶ良くなりつつあるようです♪
さっそくリンクさせていただいていいでしょうか~!
2007/01/18(木) 14:13 | URL | アール #i1jUUG.6[ 編集]
Rutileさん、こんばんわ。
実際の書店でもそういうことがあるんですね~。
そう思うと余計にこの本にはニヤリとさせられますねw
2007/01/18(木) 19:45 | URL | たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]
こんばんわ~^^
この作品は、ホントに面白かったです~^^
書店の裏側も知る事が出来ましたし、内容も面白かったです。
杏子も多絵も良いコンビでしたし。
第3弾も出るんですよね。
楽しみです。
2007/01/18(木) 21:20 | URL | 苗坊 #z0uxIsEU[ 編集]
こんばんは★
接客苦手の私ですが、最近ようやく仕事のおもしろさが見えてきた気がします。
『晩夏に捧ぐ』、今度は長編だとか…楽しみです!!
2007/01/18(木) 22:58 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
まるで暗号か謎かけか!?というようなお問い合わせに答えられたときは、
1日の疲れもふっとびますね!!
お客さんの喜ぶ顔も忘れられません~。
2007/01/18(木) 23:05 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
すごいですchiekoaさん!!
絶対カリスマ書店員になれますよ~。
う~ん、妖界ルナ…気になるわぁ。
最近『妖』モノに憑かれている気がする…
2007/01/18(木) 23:09 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
ややや、お久しぶりでございます。
移転の際はろくにごあいさつもせず、
大変申し訳ありませんでした。
アールさんもお元気そうでなによりです。
リンクはもうどんどん張っちゃってください!!
また遊びに行かせていただきますね(*^-^)ニコ
2007/01/18(木) 23:14 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
『ようかいルナ』は妖マニア君のおかげで無事発見できました。
私も日々アンテナ広げて、書籍発見に一役かいたい今日この頃です。
2007/01/18(木) 23:21 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
杏子・多絵はなかなかいいコンビでしたね~。
杏子が『むちゃくちゃ読書が好き』ではないというところが、
現実味に溢れていていいなぁと思いました。
そして書店事情がほんとうにリアルです!!
まさにあんな感じですよ~。
続きも楽しみですネ。
2007/01/18(木) 23:26 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは~♪
この本を読んで、自分が知っている本ってとても偏った範囲なんだな~って思いました。(六冊目のメッセージのオススメ本は知らない本が多かったです。汗)
もっと読書の幅が広がっていけばいいなぁと思いましたね~(^^ゞ 読後感がいいのもポイント高いですよね(^^)
2007/01/18(木) 23:34 | URL | 板栗香 #no8j9Kzg[ 編集]
こんばんは★
そうなんですよ~。
自分では結構本を読むほうだと思っていましたが、
文芸書・理工系専門書・実用書・ビジネス書・児童書・コミック・雑誌…
ほんとーーーうに色んな本がありますよね!!
私も読書の幅を広げたいです~。
この本は読後感もさっぱりしていて、読みやすかったですね。
次への期待も高まります~。
2007/01/19(金) 00:05 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは!
書店員さんならではの視点で描く書店ミステリ、面白いですよね。
『晩夏に捧ぐ』の舞台は地元とのこと!
さらにさらに楽しめると思います。
Rutileさんの感想、また楽しみにしています♪
2007/01/19(金) 14:24 | URL | リサ #yl2HcnkM[ 編集]
こんばんは★
私の感想を楽しみだなんて!!
すごく嬉しいです~つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
このシリーズ、書店が舞台とあって、
ふむふむと頷くことも多く、
ミステリという枠を超えて楽しませてもらいました。
次もほんとうに楽しみです~。
2007/01/19(金) 20:16 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは。
楽しいユーモア・ミステリでした。
書店にも、ミステリ要素がこんなにもあるものなのですね。
意識改革が起こったのですか?。
それは素晴らしいです。

続編、アップしています。
読まれたら、お気軽にどうぞ。
2007/01/23(火) 13:30 | URL | 藍色 #-[ 編集]
こんばんは★
この本ほどではないですが、
書店は毎日ミステリです…(^-^;
生身の人間とのやりとりですから、
不思議も多いですよね。
続編、今からわくわくです。
2007/01/23(火) 21:06 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
本屋さんが舞台ということで、Rutileさんだったらきっと読んでいるはず!と思ってきたのですが、やっぱり読んでらっしゃいましたね♪
ここに描かれている本屋さんの仕事は、やっぱりリアルなんですね。力仕事や地味な作業、表に見えないところでたくさん仕事があるんだな・・と改めて思いました。でもミステリーやロマンもありそうでやっぱりうらやましいです。
2007/01/28(日) 22:14 | URL | june #-[ 編集]
こんばんは★
さすが元書店員さんが書いただけあって、
書店でのお仕事の様子と言うのがすごいリアルで生き生きしていますよ~。
どんな仕事でもそうですが、
見えないところでの仕事というのは、
苦労も多く大変ですよね。
だからこそ!!ここに出てくる登場人物たちのように、
プロ意識をもって仕事に取り組みたい…というのが最近の理想です。

仕事自体にミステリーは少ないですが、
ミステリーなお客さんはたくさんいらっしゃいます…(^-^;
2007/01/28(日) 22:45 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
やはり本好きには「六冊目のメッセージ」がすごい支持率ですよね。
自分なら、と想像しちゃいます。
大好きなお菓子がいっぱい詰まった箱のような一冊です。
2007/02/06(火) 22:01 | URL | じゃじゃまま #-[ 編集]
こんばんは。
本にまつわる愛とロマン(〃▽〃)キャー♪…にあふれた作品ですよね。
本という存在は、つくづく人を幸せにするなぁと思いました。
2007/02/08(木) 01:34 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/46-bc9adad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。