凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
ななななんと!!あの若だんなが箱根まで湯治へ行くことに。
初めてお江戸を離れる今回のお話に、私までもが興奮気味でございます。
そんな若だんなの、一筋縄ではいかない旅模様と、
明日を、己を見つけたいと、迷っているお比女の成長物語とからめて、
今回も充実の読書となりました。

日本橋の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、
今日も元気に(?)寝込んでいた。
その上、病だけでは足りず頭に怪我まで負ったため、
主に大甘の二人の手代、兄・松之助と箱根へ湯治に行くことに!
初めての旅に張り切る若だんなだったが、
誘拐事件、天狗の襲撃、謎の少女の出現と、旅の雲行きはどんどん怪しくなっていき…。
大好評「しゃばけ」シリーズ第五弾。
(「BOOK」データベースより)



うそうそ
新潮社
畠中 恵(著)
発売日:2006-05-30
おすすめ度:3.5


ここ最近短編続きだったので、今回久々の長編、なかなか楽しめました。
あえてもうちょっと言うならば…
ページ数を増やしてでも、ラスト部分はもっと濃厚さが欲しかったかなぁと。
特にお比女ちゃんの『明日への一歩が踏み出せない』というその想い、
自分自身にも経験があるだけに、もっともっと覗いてみたかったな。

今回若だんなの旅を主軸に、登場人物各々の心の旅…成長…がうまく描かれています。
江戸有数の大店の若だんなでありながら、病弱な若だんな。
数奇な能力のため没落の道を歩むことになった新龍。
山神の子でありながら、己の力を御しきれないお比女。
みな自分の居場所を求め、惑いながらも日々懸命に生きている、その一途な想いに胸を打たれます。

「何とかなるって。それに全部、きちんと立派にこなさなきゃならないと力むと、
先へ踏み出せなくなるよ」


また若だんなに励まされてしまいました。
シリーズを通して、若だんなは自分の甘やかされた境遇に甘んじることなく、
どうやって独り立ちし、一人前になっていくのか。
若だんなは常日頃思い悩み、生きています。
そのひたむきな姿勢が、私たちの心に響くのですね。

今回若だんなの印籠が付喪神デビューして、絵の中から獅子が抜け出しました。
尻尾を振って走り回る様がなんとも愛らしい。
そのうちしゃべれるようになるのかな。それも楽しみ。
あとこのシリーズのよいところのひとつが、
楽しみながら江戸の文化をお勉強できること。
今回興味深かったのは、旅の道具朝顔です。
『思い切り小さい』という算盤、想像するだけでオンナゴコロをくすぐられます。
若だんなとおとっつぁんが丹精込めて育てた朝顔、さぞ美しいのでしょうねぇ。
物語の様々なところに、『江戸の粋』が散りばめられているのも、
このシリーズの大きな魅力ですね。

あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ

この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
粋な提案
コンパス・ローズ
ロンリー・スマイル
まったり読書日記
Crescent Moon
+ ChiekoaLibrary +
時代伝奇夢中道 主水血笑録
本を読んだり…
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪
駒吉の日記
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【畠中恵】【うそうそ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
コメント&トラバ、ありがとうございます。
思いやりがあって凛々しい若だんな。若だんなを慕い、頼りになる妖怪たち。
読んでいて心が和みます。
若だんなのこれからが楽しみです。

リンクへの登録、ありがとうございます。
こちらもブログリストに登録させていただきました。
また合う記事がありましたら、お気軽にどうぞ。
これからのご予定では、「風が強く吹いている」「涼宮ハルヒ」で、お待ちしていますね(笑)。
これからもよろしくお願いいたします。
2007/01/22(月) 01:57 | URL | 藍色 #-[ 編集]
こんばんは。
若だんなが江戸を離れるなんて快挙!
と思ったら大変な旅でしたね。
苦労は人を成長させる、そんな旅の顛末でした。
弱い若だんなの心が折れない強さと優しさが好きです。
応援しているつもりが、逆にこちらが励まされてしまいますね。
2007/01/22(月) 21:46 | URL | 雪芽 #6facQlv.[ 編集]
こんばんは★
リンクまでしていただいて本当にありがとうございます!!
若だんなと、若だんなを取り巻く人々…アンド妖達が、
ほんとうにあたたかくて、
読んでいてほっこり心が和みますね。
ずっと続いてほしいシリーズです。
2007/01/22(月) 22:35 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
お江戸を離れるという大層なことをやってのけるからには、
この旅ただごとでは済みますまい…
と思っていたら、あらあら本当にドえらく大変でしたね。
あんなに活発な若だんなは初めてですねぇ。
若だんなは、役者になれるというほどイケメンだという話ですが、
そのイケてるっぷりは内面からにじみ出ているものなんでしょうね。
2007/01/22(月) 22:40 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは!
TBありがとうございました♪
久々の長編、しかも若だんな初の遠出!
期待に違わず面白かったですね。
私もラストはちょっと物足りなかったですが、それだけ読み終えてしまうのが勿体なかったからかも(笑)
若だんなのこれからの成長と、次も出てきて欲しいお獅子と(もちろん、いつものメンバーも!)を期待してます♪
2007/01/22(月) 23:10 | URL | エビノート #-[ 編集]
こんばんは★
もはや安心できるシリーズものですネ。
そうか!!読み終えるのが勿体無かったからなのか!!(笑)
次作ではまた舞台はお江戸でしょうか…?
よりいっそうしみじみと、ほっこりと、そしてにぎやかに、
皆の活躍を期待したいです!!(期待しすぎ!?)
2007/01/22(月) 23:34 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは♪
今回も面白かったですね~
短編が続いていたので、久々の長編で嬉しかったです
若だんなについていきたい妖したちが可愛くて可愛くて…私だったら鞄一杯につめこんで連れて行ってしまうかもしれません(笑)
安心して読めるシリーズですよね
そろそろ再読してみようかな…と思っています^^
2007/01/23(火) 14:23 | URL | Ray #W3FWQxe2[ 編集]
こんばんは★
ここに出てくる妖たちは、みんな本当に愛らしいですよね~。
鞄に詰込むのはいい案かもしれません('-')
2007/01/23(火) 21:14 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
そう言われてみるとお比女ちゃんの話が確かにもうちょっと読みたかったような…これから先も彼女は登場してくるのでしょうか?!そのあたりも楽しみです♪
2007/02/13(火) 12:18 | URL | chiekoa #-[ 編集]
こんばんは★
キャラクターを大切になさっている畠中さんのことですから、
いつか機会があれば、彼女にまた会えるやもしれませんね!!
今後も楽しみなシリーズですっo(^o^)o ワクワク
2007/02/14(水) 21:40 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんわ。
久しぶりの長編楽しむ事が出来ました。
普通の平和な旅で終わらないところが
「らしい」ですね。
新しいキャラクター達にも癒されましたし
若だんなの頑張りがとても印象的な
作品だったと思います。
新刊を読むのが楽しみです。
2007/07/12(木) 01:36 | URL | ゆき #-[ 編集]
こんばんは★
若だんなのまわりには、常に『何か』が起こりますよね(笑)
その『何か』に励まされたりホロリとさせられたり、
実にいい作品だと思います~。

新刊楽しみですねっ。
はやく順番まわってこないかなぁ。
2007/07/13(金) 23:59 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/50-654f154c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。