凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
シェアブログ1152に投稿
安達千夏さんの『モルヒネ』。
本屋のPOPに「うずくまるほどの痛々しさ」とか大々的に宣伝してありましたが、
そこまで痛くはありませんでした。
むしろとても儚い物語で、さわると壊れてしまいそうなガラス細工を思いました。
ほうっとするほど透明で、さらさらとした美しい文章が印象的でした。

いちばん大切な人が「生きることをやめたい」と思っていたとする。
自分という存在は、その人を留める理由になり得ないのかと思うと、
それほど自分の無力さを感じることはないと思うのです。
本作では真紀のそんな思いがするすると語られるのです。
幼い頃から死というものに直面せざるを得なかった彼女は、
常に自身を死に向かわせることで己を保ってきたのだと思うのですが、
いざ元・恋人の死に向き合うとき、水面に投げかけた小石が造る波紋のような、
彼女のこころに広がるかすかな動揺…
そんな内面の機微といったものが、繊細に描かれている作品だと思いました。

この部屋に、ヒデの持ち物はひとつもなかった。すべては持ち去られた。
顔を上げ、洗面台の鏡の中にスリップ一枚の女を見つける。
こうして部屋へ置き去りにされたのだから、
やはり、私は彼のものではなかったのだろう。



ひとは死に対してあまりに無力である。
至る所に死がひそんでいるこの作品。
しかし読み終わった後は、
自分ならどう生きるかということを考えずにはいられませんでした。

内容(「BOOK」データベースより)
在宅医療の医師・藤原真紀の前に、元恋人の倉橋克秀が七年ぶりに現われた。
ピアニストとして海外留学するため姿を消した彼がなぜ?
真紀には婚約者がいたが、かつて心の傷を唯ひとり共有できた克秀の出現に、心を惑わせる。
やがて、克秀は余命三ヶ月の末期癌であることが発覚。
悪化する病状に、真紀は彼の部屋を訪れた…。
すばる文学賞作家が描く、感動の恋愛長編。



モルヒネ
祥伝社
安達 千夏(著)
発売日:2006-07
おすすめ度:2.5


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
ヘタレオオカミの文庫生活
悠々自適の古本屋店を目指す浦島くん本棚
ココカロ
最後の本たちの国で
✲☀たーとるいや~☀✲
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【安達千夏】【モルヒネ
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。ブログへの御訪問ありがとうございました。またTB&コメントも頂き、御礼申し上げます。
この本は何気なく手に取った本だったのですが、読んだ後先日の新聞にはかなり大きな広告が出ていたので驚きました。書店のPOPではかなりのプッシュなのでしょうか。
Rutileさんは書店にお勤めなのですね。本屋さんにはいつもお世話になっていますので、その大変さも想像がつきます。これからも素敵な本、紹介してください。ではまた。
2007/02/16(金) 23:46 | URL | yumemi #MOgERMMA[ 編集]
こんばんは★
ご訪問・コメント、嬉しいです。ありがとうございました!!
この本TVやラジオでも大々的に宣伝されたそうですよ~。
でもウチの書店にはあまり並んでいなかった…
これからものびのび私の読書遍歴を紹介したいと思います。
なにとぞよろしくお願いいたします~m(__)m
2007/02/17(土) 00:02 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
TBしてもらったのを今日気づきました!ありがとうございます◎
おもしろいブログですね☆たくさん本読んでいらっしゃって,すごいです!またちょこちょこきます~
2007/10/11(木) 20:53 | URL | maru #-[ 編集]
遅レスでゴメンナサイ!!
最近は身辺が忙しくて、本は読めてもなかなか感想が…
こんなブログですが、いつでもウェルカム!!です!!
またいらしてくださいませ~。
2007/11/15(木) 23:12 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/79-9f2aa669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。