凛子の毎日記録。本読み、げぇむ、手作り雑貨、本屋・雑貨屋巡り、おいしいもの食べ飲(呑)み歩きの記録、になっているはず。目指すはエッセイ的な文章か。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ
http://calroz1.info/t4k4/シェアブログ1152に投稿
ネット上で知り合うこととなった伸行とひとみ。
彼らがゆっくりと仲を深めていく様子がなんとも切ないです。
思いやりがかえって相手を傷つけてしまい、互いの想いはすれ違う…
そんなシーンが読んでいて痛々しく、胸がつまりました。
そんな中、伸行が抱える辛い過去を知り、
皆それぞれ、他人には理解できない辛さを抱えているということに
ひとみが気付くシーンが印象的でした。
他人への思いやり、というものを私も教えられたような気がします。

身体のハンデを抱えるといっても色々な種類があり、
それぞれに異なる文化を持っていて、けっしてひとくくりにはできないということ。
私自身上記のように無知であり誤解していました。
物語にからめてそういう事を認識できたのはよいことだと思いました。

重いテーマを扱ってはいますが、
そこはさすが有川さん、重苦しさを感じさせません。
あくまでライトにコンパクトに描いてあるので、気負うことなくさくっと読めました。
登場人物は少なめでしたが、ミサコはいいスパイスでした。なかなか好印象です。

コレはやっぱり『図書館内乱』の前に読めばよかったな~、くそぅ!!
それでも十分楽しめましたけどね~。

内容(「MARC」データベースより)
きっかけは「忘れられない本」。
そこから始まったメールの交換。
しかし、かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった…。
メディアワークス刊「図書館内乱」の中に登場する書籍「レインツリーの国」が実物となった。



レインツリーの国
新潮社
有川 浩(著)
発売日:2006-09-28
おすすめ度:4.0


あなたの読書の参考になれば幸いです。
お帰りの際にぽちっとよろしくお願いいたします(^o^)丿
人気ブログランキング FC2ブログランキング にほんブログ村 本ブログへ ブログランキング


この記事はこちらのブログにTBさせていただきました。
ありがとうございました。
苗坊の読書日記
怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】
マロンカフェ ~のんびり読書~
本を読む女。改訂版
粋な提案
たりぃの読書三昧な日々
<花>の本と映画の感想
脳内TraP
本のある生活
AOCHAN-Blog
デコ親父はいつも減量中
スポンサーサイト
関連するタグ 【読書】【感想文】【有川浩】【レインツリーの国
コメント
この記事へのコメント
TBさせていただきました。
いいですよね、とってもいいですよね。
2人の感情が直で伝わってくるので、頑張って!って応援したくなりました。
私も伸のような人と付き合いたいなぁと思ってるのですが、こんな人なかなかいないだろうなと思う、今日この頃です^^;
2007/02/22(木) 23:49 | URL | 苗坊 #DahxUGv6[ 編集]
こんにちは!
ミサコがなかなかいいキャラでしたよね~(って二塁打ナナコって名前で覚えてたり・・・笑)
障害やつらい過去など重たい事が取り上げられ書かれているのにも関わらずいい意味で軽く読みやすかったです。そして、勉強にもなりました。(^^ゞ
2007/02/23(金) 14:12 | URL | 板栗香 #no8j9Kzg[ 編集]
こんばんは★
なんだか心あったまる、ウォーミング・ストーリィでしたね。
伸のような男気あふれるオトコはなかなかいないですよね~。
このちょっぴり強引な感じが、またいいんですな。
2007/02/25(日) 22:12 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんばんは★
二塁打ナナコ、このネーミングセンスが素晴らしいと思いました!!
すごくビジュアル化しやすいんですよね~、有川さんの作品って。
この本はホントお勉強になりました。
そしてなにより、前向きに生きていこうって思えるんですよね。
いい作品でした~。
2007/02/25(日) 22:15 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
Rutileさんこんばんわー

有川さんの著書の中で唯一ミリタリー色のない作品でしたね。

自分の場合、障害を理由に突っぱねられたら1週間はへこんじゃいますよ。
2007/02/25(日) 23:42 | URL | ヘタレオオカミ #wjeVlEzs[ 編集]
こんばんは★
有川さんはコレと図書館シリーズしか読んだことないのですが、
他作品も気になります~。
他はミリタリーなのですね?
いや~、血が騒ぎます(笑)
この本に出てくる伸は障害を理由に突っぱねたりしない、
男気あふれるオトコでしたね~。
2007/02/26(月) 00:15 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
こんにちは。
先月、今月と仕事が忙しくって、うかがうのが遅くなりました(汗)。
ひとみと向き合い、困難を突き破ろうとする伸行の言動。
寄り添う気持ちが、心に沁みる純愛物語でしたね。
有川さんの新刊「クジラの彼」もいいですよ~。おすすめです(笑)。
『赤朽葉家』の記事もありますが時間がないので、日を改めますね。
来ていただけたらうれしいです。

TBさせていただきました。
2007/03/04(日) 15:03 | URL | 藍色 #-[ 編集]
こんばんは★
お忙しいところお越しいただきありがとうです~~。
うんうん、純愛、いいですよねぇ。
頬がでれっと緩んでしまいます。
彼らがこれからぶつかる壁は、決してやわなものではないけれど、
二人ならきっと乗り越えられる、と思うと、勇気がわきますよね。

今度は『クジラの彼』借りてこなきゃ!!
2007/03/05(月) 01:53 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
私も『図書館内乱』を先に読んでしまったので、ひとみの障害のことがわかっていて、最初の対面の場面では、ネタバレしていました。
でも、こういう純愛もの、とても好きです。
2007/03/16(金) 22:15 | URL | 花 #fEG9TVkw[ 編集]
こんばんは★
ネタバレだからこそ、エレベーターのシーンは辛かったです~!!
「違うの違うのわかってあげてよ」みたいな(苦笑)
有川さんの作品は軽いだけじゃなく、
何かしら読者への問いかけがあるのがいいなぁと思います。
2007/03/17(土) 00:34 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
私も「図書館内乱」を先に読んでました。やっぱりこちらを先に読んでいたかったなぁ・・。くそぅ(笑)。

ミサコはなかなかいいスパイスでしたよね。結構男前で、彼女は彼女でかっこいい~って思いました。
2007/03/19(月) 22:47 | URL | june #-[ 編集]
こんばんは★
『内乱』を読んで、ひとみの事情を知ってしまっていたので、
違うのよ~違うのよ~という気持ちで前半読んでいました(苦笑)
ミサコはオンナでありながら全然いや~な感じがしなくて、
ほんとにスカッとした印象でしたね。
いいキャラでした。
2007/03/21(水) 00:18 | URL | Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rutile555.blog85.fc2.com/tb.php/84-780707dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。